スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
AF-BORG TC-16A 新しい改造法での再改造成功  保存版 「追加」
[AF-BORG TC-16A 新しい改造法での再改造成功  保存版]の投稿につき、貴重な質問を頂きましたので
参考になるかと思いますので、その質問に対する当方の回答を此方に載せてみました。


WS000001.jpg


●・・・ 質問内容
□・・・ 回答内容


●TC-16Aを全て分解してみて、オートフォーカスの機構は単にカメラ本体内のモーターによって駆動され、動作検出等の処理機能は一切ありません。
TC-16Aの中に使われているμPD7554は4ビットCPUで、その役目はオートフォーカスレンズであり、モーターがレンズに内臓されていないものであるというレンズ情報をカメラ本体に伝えるためのものだと想像できます。



□・・・・・・・・・・・・・・その通りと、思います。

     しかも、かなりの正確に精度良く、信号処理されているはずと思っています。これは、全くの感ですが、カメラ内のセンサーが合焦した際の回路系の抵抗値、これと比較する為の固有抵抗の値との比率(一定)に対して、焦点がずれた際に変化する抵抗の値での比率が検出出来る回路と、更には、もう一対の固有抵抗値の比率(固有比率)の回路との比率が求めれる精密な電子回路系(ブリッジ回路)が構成されているのでは、と推測していました。(即ち、数ミリボルトの変化をも検出できる回路がTC-16Aとカメラ内センサー間で構成されている)。  即ち、この回路構成に於いて、少しの抵抗変化(コネクター接続などに)があれば、当然、ピントズレを引き起こすものと推定しています。



●その渡すピンが最近のカメラで異なるのでピンの入替えを行って半田付けに苦労されています。
もう1つ問題は半田付けです。フイルムの上に半田をするとフイルムが歪んでしまい、その隣のピン(金メッキ)接触部分に影響を与えたり、半田のやに、フラックス等が付着して接触不良が起りやすい構造を理解して作業しなければなりません。
金メッキバネに半田する時もバネの一巻き位のところに薄い金属板を入れて半田すると半田がバネに付きすぎてバネの機能が損傷するような事も防ぎながら半田すれば、0.3mm位のリード線で半田しても3-4Ωというような状況にはならないと思います。



□その通りと、思います。

即ち、0.3mm位のリード線を用い半田つけが、支障無くされていれば、A-B間の抵抗は0Ωを示すはずです(但し、測定したB点が半田付けされた場所であれば)。しかし、現実に、ここで測定したB点は半田付けした場所ではありませんで、リードフレーム内の抵抗に近い部分であって、そのA-B間の抵抗を測定したところ、2-3Ωという、このような値が認められました。この原因として、半田付けされた場所の電子的接合状態に問題があると判断しました。

一般に、金は半田付けにより、容易に金半田合金を形成します。その合金形成の際、表面張力により、半田が玉状に成長しようとします。そうすると、半田付けされた半田の周囲は、部分的にオホーツクの氷のごとく、遊離した金合金粒がリード端子部分において出来、甚だしい、半田付けを行うと、部分的な電気的切断状態どころか、完全切断状態となることが予想されます。



●この改造で重要な部分は両端のピンが電源供給なのでここがしっかりバネが接触していないと接触不良で動作が不安定になります。
その間にあるピンは信号線ですので、回路によってはダンピング抵抗(数十Ω)を入れて信号のスパイクを取る様な処置をすることもあります。
長々と書きましたが、バネへの半田がうまく処理され、その後ろが他の接触部分に触れないように処置し、リード線をフイルム部分に半田を盛らずに短時間で処理でき、その後他の接触部分をアルコール等で洗浄して収めてやればそれほど問題は無いと思います



□その通りです、半田付けを旨く処理できていれば、全く問題は、有りません。

半田付け、たかが、半田付けなのですが、これを旨く処理するには、かなりの熟練が必要です(用いる半田の種類、その半田に用いられているフラックス材料も種々異なり、又、半田する部分のサイズにより、使用する半田こての大きさ、熱容量の選定にも経験と勘が必要です)。即ち、改造した人の技量により、理想的に出来ていたり、そうでないものが出来たりすると、思っています。カメラ側での調整程度の差に違いが有るのは、このせいと思っています。両端のピンが電源供給についてですが、殆ど、金電極端子と金スプリングとの機械的圧接がなされていて、接合スプリングの位置さえ正確にfitしていれば、時間的経過あろうとも、特に電源供給に影響は与えないと思います。

**********


本改造方法は、誰にでも容易に、本来のTC-16Aの所有する特性を引き出す事ができるものと思っています。

新改造法は今晩まとめて載せます。
これからTC-16Aを改造される方、さらに新改造法にて再改造される方
ご覧になって疑問等質問ございましたら、どんなことでも頂くと参考になりますのでありがたいです。

なお、最初に書きましたが、この新改造法は私が考えたものではなく、私の先輩が
考えたものであり、回答にはすこし時間を頂きます。
検証は私がしましたので、使い勝手等はすぐに回答いたします。
【2010/04/03 18:16】 | AF-BORG(NIKON TC-16A改) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NIKON TC-16A 無半田改造法 保存版 | ホーム | BORG77EDで土砂降りの中燕です。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/622-d8fd3f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。