スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
白樺峠 鷹の渡り その壱
白樺峠に行ってきました。
一番心配の天候もまずまずで、初日は目的のハチクマが今秋最高の出となり
翌日はこれまた一番の渡り数となり、次から次に湧いてくる鷹に、鷹柱、アオバト
・初見のハリオアマツバメと最高でした。

猛禽の師匠と先輩、仕事が忙しく来られなかった鳥友・あと遠くて来られない鳥友
・ブログ友用に少し詳しく書いてみました。


それにしても何時行っても長野は気持ちよいですね。
息子の嫁さんが長野というわけでもないのですが、今回もとても楽しく気持ちよい遠征になりました。
長野県人 万歳!!です。



スキーで有名な野麦峠途中の野麦街道トンネルを通ります。

DSCF4028.jpg

私は方向音痴なので、NAVIを2台見ながら行きますが、それでも迷います。

DSCF4032.jpg

スーパー林道入り口です。数年前に松本市に合併されて、有料から今は無料になりました。
人件費のが高いそうです。 そのまま素道りします。

DSCF4114.jpg


かなり狭い林道を登ります。ハマーで心配でしたが、上からおりてくる車両はなかったので
良かったです。 大好きな 吉田拓郎 をがんがん聞きながらワクワクです。
到着すると車がいっぱいでした。ここの横から上りますが、直ぐ下に広いPがありますので
安心です。

DSCF4115.jpg


峠の頂上まで普通15分ほど上りますが、持病もちの私には地獄です。
10M歩いては休みます。30分以上かかりました。

DSCF4091.jpg

DSCF4089.jpg

到着です。見事に整備されてます。松本市か長野県?  感謝感謝です。


DSCF4073.jpg


DSCF4080.jpg

店小屋もあります。

DSCF4076.jpg

広場後ろです。 小屋が3棟あり、とっさの雨もOK
午後から太陽は後ろに来ますので、順光になり、最高です。 

DSCF4082.jpg

上り口にもトイレはありますが、ここにも設置されてます。
至れり尽くせりです。

DSCF4078.jpg

有料ですが、ここを整備していただいてることを思うと、当然です。
管理している方は大変かと思います。

DSCF4079.jpg

みなさん、しっかり長袖と防寒着を着てますが、持病持ちの私は汗びっしょりで半そでです。
ずいぶん頭が薄くなりました。

DSCF4067.jpg

広場の上の近辺です。

DSCF4063.jpg

中間地点 段々になってます。
腰掛も用意されてますので、椅子を持ち込まなくてもOKです。

DSCF4065.jpg

おくに松本市が見えます。 壮快です。 左側から現れます。

DSCF4057.jpg

マナー違反になってしまいますが、ロースカツ弁当とレバにら炒めにむすび2個
さらにチュウハイのロング缶 酒飲みですみません。

DSCF4034.jpg

ここらで一枚だけ整理したハチクマです。


風切の横斑が目立つがずれており、翼先はつぶれてなく綺麗に横斑、さらに虹彩が黄色ですので 中間型成鳥 ♀ ですね。 ハチクマは♂・♀・幼鳥の区別はできるが、色彩がバラエティに富
いろいろな個体が撮れました。 整理ついたら載せます。 とりあえず一枚です。

D70_2413-0.jpg

いつものように独りになりました。
3:30には全員帰りました。 2人の管理人さんがいろいろ明日のために整備されてます。
4時ごろ ミサゴ が直ぐ上を通りました。
いささか寒くなり上着を着ましたが、それでも寒く、5時で帰りました。

DSCF4085.jpg

ネットでできるだけ近い宿泊場所を探して、本日はここに止まりました。
貸切でした。 温泉にしっかりつかって、いっぱい飲んで早めに寝ます。


DSCF4100.jpg

翌朝起きたら、青空と思ってたのにこんな感じです。
ガスってるんですね。ここも標高1600Mとのことで、直ぐに抜けて快晴でした。
貸切でゆっくりと朝食のあと、コーヒータイムです。

DSCF4101.jpg

乗鞍が見えます。

DSCF4108.jpg

眼下のPにも私の一台だけです。

DSCF4111.jpg

2日目 広場付近  女性は私の連れではありません。一人旅です。

DSCF4116.jpg

もういっぱいです。速報の管理人さんから聞いたら、5:30頃から皆さん来るが
一羽二羽は飛ぶが、9時ごろからが殆どなので、早く来る意味がないとの事です。

DSCF4123.jpg

今日は日が強いので、びしっと決めました。

DSCF4124.jpg

素敵な女性が声をかけてきてくれて、頂きました。
怖そうだったが目が優しかったので・・・と。
このあともう一人の素敵な女性からも声をかけられ、握手されました。
テンション上がる。

DSCF4135.jpg

DSCF4132.jpg

帰り下りて来る間に3箇所のダムがありました。
走っている車の中からなので、みずらいです。
DSCF4168.jpg

DSCF4176.jpg

DSCF4180.jpg

DSCF4184.jpg
【2009/09/19 10:38】 | 白樺峠 鷹の渡り | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<白樺峠 鷹の渡り その弐 ハチクマ編 | ホーム | ただいま 白樺峠 から下山して ホテルにて>>
コメント
>
> 白樺峠は行ったことがありませんが、あきGGさんの記事のおかげでフィールドの雰囲気がよくわかりました。ありがとうございました^^

良かったです。何とか雰囲気わかるようにと、取り捲りました。


> ハチクマも近いところを飛んでくれたみたいですね、続編が楽しみです^^

なんと、ガタンと大きな音がしたかと思ったら、64が壊れてしまいました。
イヌワシのドアップに負けないようにと思ったのですが、レンズがずれてしまってるのか
なんともいまいちの画像でがっかりです。
それでもかなりのハチクマが撮れて最高でした。
856検討中です。 とりあえず7D良さそうですので楽しみです。
【2009/09/21 10:56】 URL | あきGG #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/20 22:36】 | #[ 編集] | page top↑
あきGG さん こんばんは^^

白樺峠は行ったことがありませんが、あきGGさんの記事のおかげでフィールドの雰囲気がよくわかりました。ありがとうございました^^

ハチクマも近いところを飛んでくれたみたいですね、続編が楽しみです^^
【2009/09/20 19:16】 URL | ハリスホーク #yovt0wio[ 編集] | page top↑
エリクソンさんへ

ずっと整理中です。アップしたら見てくださいね。
女性にはびっくりでしたよ。
素敵な方でした。
【2009/09/20 03:00】 URL | あきGG #-[ 編集] | page top↑
 すごいなあー、うらやましい、行きたかった!・・と思いました。天気・タイミングともに最高でしたね。私の鳥友(先輩格)の一人も、同じ頃白樺峠へ行き、鷹の渡りの感動をブログに載せています。本ブログの写真のカメラ人の中にいたのかもしれません。
 その2以降が楽しみです。
【2009/09/19 14:07】 URL | エリクソン #H7MDT546[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/454-8982a208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。