スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ハイチュウ塒入り 高感度画質比較 保存版 その壱
日中や日没前の塒入りは、設定他間違えずにそれなりに捉えればハイチュウも解像してくれます。
しかし少しでも状況が悪くなるとNIKONのD一桁機 CANONの1D系機をもってしても限度があります。

かく言う自分もここでの撮影の為といっても過言でないですが、1DXMⅡを使ってます。
先週 65歳の肺炎球菌のワクチン注射をして左腕が少ししびれて腫れ また塒入りもろくな画像を撮ってないので
久しぶりに三脚を立てて自分に言い訳できない体制で2日間撮影してきました。

感想は脚立の上で三脚にもたれられるのでとても下半身が安定できること。

嘘のようにAFが捕まること!!  小さい被写体を不安定な三脚の上で手持ちはいかに小さい被写体に対してしっかりとレンズが振れてないか痛感。



◇◇ちょっと設定の話◇◇
①塒撮影限定ですが、AFの追従は一番の粘りの-2にする。 他の2項目はどれでもあまり影響なし。
②AIサーボで一般的にはレリーズ優先ですが、ピント優先にします。
最初の1枚だけはニュートラル  一瞬でとらえシャッターを切り始めるにはピント優先だと1秒以上かかってしまいます。
2枚目以降は完全にピント優先 一番右端です。  手持ちでこの設定はかなりシャッターが切れなくなり何故?と思うかもしれませんが、それだけ被写体からAFポイントがずれてることになります。 これが三脚だとこの設定でも問題なくシャッターが切れます。

なおかつピンの甘いのがかなり少なくなります。 ただし急角度で降りるときの撮影は集中して被写体を外さないようにしないとシャッターがおりませんので要注意!!



そんなわけで貪欲に集中して臨んだ2日間  全ての帰還ハイチュウを降りるまで完璧に撮影できました。
で・・ 自宅に帰ってPCで楽しみに開くと、目が出ていない !!  解像していない!

そんなはずでは? かなりの感触をもってシャッターを切っていたのでがっかりです。
しかしよく考えてみると何年もここでの撮影 NIKONはD3sまで以降CANONの1D系で撮ってましたが、目が出ないのは当たり前のことでした。   というのも2日間 日没後かなり経ってからしか帰ってきません。  ISOがどんどん上がりSSもどんどん限界まで低速になります。  きっぱり!  今の機材ではまだ無理です。  個人的にはISO2000   SSが1/250 これ以上だと解像しません。

どんなに自信をもって撮ったとしても中にはたまたま目が出ているのもありますが・・・・。

あともう一つ  レンズは悩ましいところです。  ロクヨン基本ですが、2.0テレコンで大きく撮るか   1.4テレコンで中庸か
はたまたロクヨン素か   というのもトリミングすると日中の画像と違い限界ぎりぎりで撮っているので、すぐにノイズがわんさと乗ります。  ロクヨンでノートりはよほど近くないと豆粒です。  2日間でそこそこ撮りましたのでその辺を比較して画像載せてみます。

このポイント  塒撮影の主は別として ベテランから初心者までいろいろなCマンが来ます。
なかなか撮影のリズム・タイミングを逃して一瞬の降りる所でシャッター音が消えて、空抜けになると連写連写 少し葦に絡むとまたシャッター音が少なくなり消えます。 静かで響くのでわかりやすいです。 また連写が始まったと思うと後姿だったり 特に今期は葦が高くピンが取られるので
低い脚立だと例年以上に難しいですね。 そんな難しいポイントですが、逆光でも日があるうちは一気に難易度が下がります。
ここでしか撮れない画像が撮れます。 やはり最高です。
大げさに言うと、ハイチュウと自分自身と機材との戦い❕!    それがまたコミミ撮影をやめても来たくなる所以です。



ネットを見ても明るい時間の低ISOの綺麗な画像ばかりで、高ISOのノイズだらけの汚いハイチュウ画像が見られず
以前のように比較できるブログの画像が無いので、独断で決めつけた説明と画像になります。


●● 久しぶりに三脚設置  気合い入れて臨みますが、日没後も一向に帰ってきません。

PENF0049-1.jpg
PENF0053-1.jpg

●●結局 5人ほどいたCマンも暗くなり帰宅です。
これが一人になり最後の撮影画像  17:35分過ぎ  裸眼では♂ ♀分からず  もちろんAFは作動せず シャッターも
ISO12800で SS1/50まで上げてましたが、 ガ--ッチャ--ン シャッターも下りなくなります。
昔はこの後撮影不可でも一人で眺めてると数個体帰ってきましたが、今回は全く帰還は なしでした。
撮ったままの画像と露出上げた画像  ♀タイプかな?



1DX_1351.jpg
1DX_1351-1.jpg

●● 正面のいつもバックに写る照明   ISO12800で照明を測距でSSは1/50出ます。 照明でないと SSは1秒以上かかります。

1DX_1362-1.jpg


●●上の照明のバックの時の飛翔画像  もちろんすべて17時過ぎです。
まずロクヨンのみ  ISO3200  SS1/250

1DX_1869-1.jpg


●● 次が  ロクヨンのみ  ISO5000 SS1/200

この画像を比較して言いたいことが気付いたと思いますが、時間が遅くなりISOが3200から5000に上がったにも拘わらず
ISO5000のほうがノイズが少ないような? 解像しているような?

そうです 画像で分かるように同じポイントでもボケが全く違ってます。 バックは一緒ですが、ハイオスが飛翔したのが
ISO3200より5000のほうがかなり近距離なのがわかります。  少しでも低ISOで 少しでも近距離での撮影

これがすべてです。



1DX_2138-1.jpg


●● 次が E-M1Ⅱ の動画からの切り出し画像  ノートりです。 換算840㎜

ISO6400  SSは1/20位  完全に照明が流れてます。


SnapShot(1)-1_20170206220012d98.jpg
SnapShot(3)-1.jpg


●● 他の場所

1DX_1378-1.jpg
1DX_1367-1.jpg
PENF0067-1.jpg


●● 撮影終わって 一人で片づけ前

PENF0071-1.jpg
PENF0063-1.jpg
PENF0059-1.jpg
PENF0060-1.jpg


●● 真っ暗です。  この日は北エントランスから出る


PENF0076-1.jpg
PENF0081-1.jpg
PENF0080-1.jpg





其の二 から ISO1000からISO6400  ロクヨンのみと1.4テレコン装着 2.0テレコン装着の画像
載せていきます。  ノイズがあり解像もしてないのを確認する画像ですので、必要のない方は見てもつまらないです。







【2017/02/06 21:27】 | ハイチュウ♂ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<塒入り ノイズ多し汚い画像 ISO別比較 保存版 その弐 | ホーム | ちょっと設定の話 OM-D E-M1markⅡ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1695-988ea87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。