スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1DXmarkⅡ VS E-M1markⅡ
寒さが少し和らぎましたので、数日ぶりにいろいろテストに行ってきました。
まず本日は



① 1DXmarkⅡに600/4 テレコン2.0Ⅲ装着で 1200㎜でのコミミ描写とAF捕まり具合

手持ち撮影されてる方はわかると思いますが、1.4Ⅲから2.0Ⅲにテレコン変わるだけでほんの少しだけなのですが
長くなり、バランスのせいか手持ちがきつくなります。  しかし1200㎜は魅力です。 あとボケ具合!!

② E-M1markⅡ 300/4 1.4装着   一番楽な全点でも背景抜けにくいのでコミミを捕まえることができるのではないか?



●●まず①の近距離撮影  テクニックや機材性能関係なく近距離だと前ピン・後ピンがはっきりします

1DX_0462-1-2.jpg
1DX_0467-1.jpg
1DX_0470-1.jpg

●● 次に②の近距離
  
目が出てる出てないは順光・逆光なので比較対象外

EM120134-1-2.jpg
EM120138-1-2.jpg
EM120199-1.jpg
EM120109-1-2.jpg

●● ①の絶対的に不利な撮影 飛び出しシーン
まず手持ちで水平にもって待ち続けることがきつい  大体は重く疲れていったん仕切り直した時に飛ばれてしまうことが多い

②だとプリキャプチャーがあるので絶対に逃すことはない  とはいえ手持ちだとイライラしてストレス溜まるのでほとんど使わない。 三脚だと絶対に使わない手はない。

1DX_0516-1.jpg
1DX_0517-1.jpg
1DX_0518-1.jpg
1DX_0519-1.jpg
1DX_0520-1.jpg
1DX_0521-1.jpg
1DX_0522-1.jpg

●●全く同じ条件(同時刻・同距離)での撮影 1枚目①  2枚目②  画角の違い ボケ具合 強烈です。

1DX_0538-1.jpg
EM120407-1.jpg


●● 中距離(対岸)の簡単そうな飛び出しシーンでも ①は難しいです。 三脚使用なら多少被写体ずれがすくないかもしれません。 1点AFで何とか捕まります。 しかし700ミリぐらいの焦点距離と違い豆粒にはなりませんので、この距離でもトリミングでそこそこ見れます。


1DX_0455-1.jpg
1DX_0456-1.jpg
1DX_0438-1.jpg
1DX_0426-1.jpg
1DX_0428-1.jpg
1DX_0443-1.jpg


●● ②での連写  全点AF 多少甘いですが、どうしてこの背景の汚い中で捕まり、追い続けるのかわかりません。 
性能良すぎです。


全点 (2)
全点 (3)
全点 (4)
全点 (5)
全点 (6)
全点 (7)
全点 (8)




本日で完全に 7DmarkⅡとAPS-C関連レンズは使わなくなるので処分決定です。来週処分します。

病の時の発売なので使用回数が少ないですが、もう使わないでしょう。

1DXmarkⅡはGH5まで もう少し様子見です。













【2017/01/18 20:53】 | コミミズク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<積雪前の高感度とAF性能 | ホーム | コミミとカメラマンのいる風景>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1688-18945123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。