スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
OM-D EM1 Mark II   レビュー その5  ハイチュウ 塒入り編

前回はOlympusファンには申し訳ない画像でしたが、慌てて設定の誤りで性能には関係ありません。
しかも駄目だと思った塒入りでのAF動作確認できて収穫もありました。

今回は早めに待機ししっかりとレビューできるように撮ってきました。
結局1DX ロクヨンは一枚も撮影無し。 いままでだと本番ではどんな機材をもっていっても必ず1DXでしたが
こんなことは初めてです。  というのもこの日も1DXmarkⅡでコミミをスポット1点でテストしてみたものの
E-M1Ⅱには及びません。 嘘のようですが、E-M1Ⅱを使わずに1DXで撮るのが逆にもったいないと思うようになってしまいました。

とにかく歩留まりが良い。 下手をするとほとんどピンが来てる!!  整理するのが一苦労です。
では画像いっぱいですが、最後までお付き合いください。







●●E-M1Ⅱで覗いた方ように塒入り??  多少説明します。
この逆光の場所に帰ってきます。  通常日没ですが、日没前の多々あります。
一般的にはNIKONのD一桁系 CANONの1D系でないと暗くなった時は太刀打ちできない場所・シーンです。

DSC05506-1.jpg


●●今年は葦が高いため、こんな部品を取り付けて高くしてますが、すでに転倒事故が2件あったようです。

DSC05492-1.jpg
DSC05504-1.jpg
DSC05502-1.jpg

●●私は三脚がいままでよりも面倒になり、こんな感じで昨年までの三脚で撮りますが、できれば三脚立てた方が
支えになり安全です。

ど派手な機材です。 1DとE-M1

DSC05497-1.jpg
DSC05513-1.jpg

●●この画像のみ1.4装着分 早くに帰りましたが、すぐに遠くに降りたのでいい画像がなし!!  比較用です。

EM120281-1.jpg


●●ここから300/4のみです。 ISO500 絞りは常に開放 足の筋肉が落ちぶるぶるが手に伝わります。
さらに軽すぎる機材なので左右より上下にレンズがかなりがくがくしますが、手振れ補正すごい!!

ロクヨンだと重量があり手振れもしにくく安定するのですが…  軽い分きついです。
日没前の画像です。 RAWだと目が出ているのですが、JPEGだとつぶれてしまうので、できる限り画像が大きいです。ご容赦ください。

撮った順番の画像です。 だんだん暗くなります。

EM120445-1.jpg
EM120677-1.jpg
EM120680-1.jpg
EM120690-1.jpg
EM120491-1.jpg
EM120709-1.jpg
EM120708-1.jpg
EM120710-1.jpg

●● この下一枚元画像 遠いです。それ以降の画像 かなりトリミングしてます。
まあ この距離だと 1D系でもロクヨンでもなかなか目が出ないのでこんなもんですね。
テクニック的にも機材の性能的にもこれがほぼ限界だと思います。


EM120716-1-3.jpg
EM120719-1.jpg
EM120720-1-2.jpg
EM120721-1.jpg
EM120717-1-2.jpg
EM120727-1.jpg

●●夕陽に近く危険な領域


EM120785-1.jpg
EM120722-1.jpg
EM120729-1.jpg
EM120795-1.jpg
EM120796-1.jpg
EM120806-1-2.jpg
EM120794-1.jpg
EM120813-1.jpg
EM120807-1.jpg
EM120829-1.jpg
EM120847-1.jpg
EM120852-1.jpg
EM120870-1.jpg
EM120876-1.jpg
EM120880-1.jpg
EM120942-1-2.jpg
EM120944-1.jpg
EM120994-1.jpg
EM121017-1.jpg
EM121205-1-2.jpg
EM121125-1-2.jpg
EM121127-1.jpg
EM121128-1.jpg


●● ここから日没後  ISO1600  SSは1/400でまだOK

EM121277-1.jpg
EM121311-1.jpg
EM121340-1.jpg
EM121341-1-2.jpg
EM121359-1.jpg
EM121394-1.jpg



EM121395-1.jpg
EM121397-1.jpg


●● ♂2個体に 前方 ♀1個体  3ショット

EM121445-1.jpg
EM121446-1.jpg
EM121497-1.jpg
EM121510-1.jpg
EM121533-1.jpg
EM121535-1.jpg
EM121536-1.jpg
EM121574-1-2.jpg
EM121577-1-2.jpg





此処での撮影は例えば高感度  専門誌などのテストナでの評価は当てはまりません。
止まりものですと ISO3200から場合によってはISO6400まで許容できるかもしれません。(テストと同じ)
しかしおそらく今回のISO1600 か?  ISO3200まででSS1/100がもしかしたら可能かもしれません。
次回試してみます。
この日は用意していた 1DX一枚も撮りませんでした。  本番の機材が逆転です。

本当にお勧めの機材です。
見た目ですとバカにされそうですが、 一度使ってみてください!!





【2017/01/10 23:25】 | OM-D E-M1 Mark II | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハイオス 塒入り 1200㎜にて | ホーム | OM-D EM1 Mark II   レビュー その四  ハイチュウ 失敗編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1683-1ff41f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。