スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
OM-D EM1 Mark II   レビュー その三  チョウゲンボウ編

DSC05479.jpg

上のAFスキャン 1.2.3とありますが、前回書いた致命的な弱点に関係ありますので、1から3まで設定して
皆さんの撮影スタイルでどう変化するか確認してみてください。






今回のチョウゲンについては22日到着後初めての撮影です。
とにかく強烈な風が吹きこの軽いシステムでもレンズが振られて定まらない状況でしたので、テストとしては逆に良かったかと思います。

いつものように説明書読まずに E-M1と同じように連写Hの設定でしたので一枚目以降微妙にピンが外れてびっくりした撮影でした。 レンズはいつもの300/4と1.4です。
チョウゲンがどうしてもお尻ばかりです。 風の向きで飛翔するのでどうにもなりません。

微妙にピンが外れてると思います。  ほぼノートりです。 強風レンズが風に持っていかれてでファインダーに捉えるのが精いっぱい。

AE・AE 固定の設定間違いの画像ですので 参考程度にご覧ください。





EM121624.jpg
EM121397.jpg
EM121391.jpg
EM121387.jpg
EM121859.jpg



●●●順光や逆光 ダイナミックレンジの確認。  ボケ具合は?




EM121675.jpg

EM121548.jpg
EM121516.jpg
EM121741.jpg
EM121762.jpg
EM121842.jpg
EM121824.jpg
EM121767.jpg
EM121846.jpg



●●● 7DⅡにロクヨンと1.4  たまたま昨日撮ったものです。  もっと良い画像もあるでしょうが、古い画像より新しい画像で比較

こうしてみるといままでそんなに気にしていなかった手持ちによる手振れ  よくわかるようになりました。








9B2A9782-1.jpg
9B2A9783-1.jpg
9B2A9785-1.jpg
9B2A9788-1.jpg


●● ダイナミックレンジ と背景有りの飛翔  どちらも全然気にせずOKです。





EM121884.jpg

EM120267.jpg
EM120341.jpg


●●● 小鳥も 群れでなく1羽で急に飛び立っても CANON.. NIKON のように簡単に捕獲できます。




EM120377.jpg









テストでしたが、強風で鳩といえどかなりのスピードでしたので 青葉と撮影の参考にしてください。

全点でも 1っ点でも 5点9点  あまり関係なく捕まります。

たまに全点でお菓子な画像が見られますので、本来空抜けは全点が良いはずですが、9点ぐらいがお勧めです。

何故?というピンボケが出ます。






EM120279.jpg


EM120930.jpg
EM120871.jpg
EM120767.jpg
EM120872.jpg
EM121960.jpg
EM120792.jpg


●●● 群の撮影もフォーカスの芯がしっかりしています。  気持ちよいですね。




EM120750.jpg
EM120763.jpg
EM120685.jpg


●●  これはmarkⅡでなくE-M1です 面白い心だったので…




OMD10141-1.jpg






【2017/01/05 12:18】 | OM-D E-M1 Mark II | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<OM-D EM1 Mark II   レビュー その四  ハイチュウ 失敗編 | ホーム | OM-D EM1 Mark II   レビュー その弐 オオタカの狩り編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1681-00be415f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。