AF-S NIKKOR 600mm F4G ED VR  入院とテスト画像等々

Category: 機材  

昨日はおかしな文章書きました。要するにオーディオでも10万のアンプに100万のスピーカー使っても、10万分の音しかスピーカーはならない。100万分の音を出すには、アンプもつなぐケーブルもそれだけの能力を引き出すものを使用しないといけない。あとアンプにもスピーカーにも大理石を引いたり鉛を上に載せたりして徹底的に振動をなくす。カメラも同じでそれなりの三脚が必要なんだな?ということです。ただカメラはそこにオーディオとは違って、道具としての要素、腕が必要で、今の私の腕では64は使いきれないということを切実に感じ、言いたかったのです。


本日入れて4日間 風が強かったですが、快晴の元64のテストいたしました。
レンズの性能を試す為一切MF使わずAFでトビ物以外はAF-S、トビ物はAF-C

全然どうってことない画像でつまらないですが、2日間画像なかったので載せました。  しばしお付き合いください。

一日目 D300と64を一脚と手持ちで純正1.4テレコンと純正1.7テレコン使用。
結果 ぶれぶれ?の ぼけぼけ? ひどいショックを受ける。皆さんに原点に帰る様いわれ色々考える。そういえば1年前BORGを購入して最初は3000ミリとか5000ミリとかアイピースを使い挑戦してブレに打ちのめされた過去があり、三脚のプレートを色々市販ではないので自作して(2段に動かなければならないので)2ヶ月ぐらい四苦八苦して、やっと克服した時はとんでもなく面倒な装置になってしまい、しかも飛び物は無理、結局今の全てはずして手持ちONRYになった経緯がある。
そのときに簡単なことだが自分なりに、鳥撮りは焦点距離でなくいかに近いものをいかに近くで写せるかを学んだ。やってもせいぜい2000ミリまで??。

ということで翌日はブレに徹底して注意して再戦。

二日目 D700にてBORGの手持ちの感覚にて(言葉にできないが、ゴルフをやる方は練習でバケツに水を張りこぼさない用にスイング練習したことあると思うがこの感覚)挑戦。 これが意外と結果よく、逆に初日のはブレだったのか! 腕だったのかと思い知る。

三日目 少し自信がつきD300にて再度1.4と1.7の挑戦。
ところが途中AFが合掌するのだがどうもピントがずれている感じがする。MFに切り替えると肉眼でピントがクル。 そこでAF微調整をプラスマイナス5の範囲でやってみると、なんとマイナス5の付近でピントが来る。以前ペンタのK10Dで悩まされた経緯があるので家に帰りピントのチェックシートでテストすると、やはり後ピン。早速購入店とNIKONにTEL  安物でないから最初から調整はいやだな?

四日目 昨日専門の方と話したいと申し入れていたNIKONの技術の方から朝一番でTELあり。
色々話をしていてわかったこと。

①シグマの150-500でも購入して全くピントが合わずマイナス2でAF調整した。D700はそのままでOK。その後は殆どMFで使っており、BORGもMFの為あまり考えなかったが、D300のボディに問題あり?  メーカーの方との話の内容で可能性があるのが、サブミラーのゆがみ。
D300も今月でちょうど1年、ほぼ長玉ばかりでマウントが悲鳴を上げており、サブミラーがゆがみ、合掌するもピントがずれている。
という可能性を含めて、D300と64が入院になりました。

三脚と雲台揃えなければならないので、しばし色々なテストは持越しです。


本日 送る前にカワセミを撮りたいと思い、神社にいってきました。
落葉して少しは明るいかな?と思いましたが、周りの大木は落葉樹でない為、相変わらず暗く
SS20からISO3200まで色々です。5時間ほど一脚と手持ちで過ごしましたが、いささか
腰がまたおかしくなってきました。
カワセミも池の反対しか来ませんでしたので、20~30メートルぐらいで小さいですが・・・・。
また等倍の画像はピント少し甘いですが、そのまま無加工で下記に50枚ほど載せました。
サイズの関係で1/4に画質を落としておりますが、時間がありましたら覗いてみてください。
VRのノーマルモード、三脚モード。VR OFFでのテスト画像とかあります。
あまりVR必要ないかも?? おそらく三脚だとOFFが良いでしょう。


↓をクリックしてください。パスワードは1234です。
EXIF情報はいってます。

元画像">


64-6.jpg

64-5.jpg

64-2.jpg

64-1.jpg

対岸 100メートル以上だと思います。

一脚7

一脚3

一脚2

一脚

下2枚手持ちテスト
ピントずれてます。
手持ち09

ピント来てます。
手持ち08

ここから下は暗くなって帰り際に鷺が集まって異様な雰囲気でしたので、助手席から持ち出し手持ちで撮りました。SS200 ISO800

てもち05

てもち03

てもち02

ISO3200
ガラにもなく撮ってみました。
てもち01

これもガラにもなく 二つの太陽が沈みます。
SS30
てもち00

 2008_11_22

Comments

>bunny2 さんへ 

おはようございます。

そうなんですか?64期待してただけに、パニック状態でした。レンズよりこんなに腕が悪いのか?と落ち込みました。

数日間使った感想だと、BORGのジャスピンの時の映りはもしかして負けないかもしれません。

両レンズともしっかりと三脚で正確な比較して見ます。

ただいま私が一番気に入ってるレンズは、45EDⅡ何です。
これにレデューサをつけた時の写りが一番気に入ってます。

E520の裏技がいいです。
あきGG  URL   2008-11-23 09:15  

No title 

20日の文面からD300が匂いました。
早く退院すると良いですね。

それまで D700 + BORG の画像も好きなので、
たくさん見せてください。(身体と相談しながら)

それにしてもうらやましい。
鳥たちの種類の豊富さに驚きます。
(オシドリまで)
bunny2  URL   2008-11-23 01:48  

>昼間は 

たてちんさん こんばんは

今日は有難うございました。
2度目?でわからずすみませんでした。

猛禽類 トビ 以外撮れたので載せました。
今日話した場面です。

今度はもっと近くでいいのを撮ります。
あきGG  URL   2008-11-23 01:07  

>シグマに 

gb4 さん  こんばんは

大きな鉄鳥はじめて撮りましたよ。
結構迫力ありました。

河原の上に来たのでびっくりデス。

シグマは依然何本も出しましたが、ボディと一緒に送って調整済みとの事で帰ってきたら前ピンが今度は後ピンになってました。とても面倒見よくやってくれましたけど・・・・。
結局全てオークションで処分しました。(PENTAXのとき)
あきGG  URL   2008-11-23 01:05  

昼間は 

ありがとうございました。
早く直るといいですね!

あの重さに慣れるのも大変でしょうが、頑張ってください。
写真、期待しています。
とりあえず、腰の調子が良くなってからで・・・
たてちん  URL   2008-11-22 17:37  

No title 

D300とロクヨン、入院ですか、、、
最初あきGGさんが入院かと思ってびっくりしました。(^_^;
とにかく、調整後の結果が楽しみですね。

なんか私のもおかしくなっていたのかな。。。
といっても、シグマにボディとだしても無駄でしたし、、、
gb4  URL   2008-11-22 09:46  

 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:ベンツ・ハマー・ジムニー他  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:NIKON D3S
・D7000 CANON 1Dm4・EOS7D・K-5・G2・E520他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 どんな内容でもコメントいただけると非常にうれしいです。

chigohaya.gifohtaka1.gif

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:


B
A
C
K

T
O

T
O
P