スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM テスト其の弐
年内最後の病院通い  待ち時間の間、思川で少しレンズのテスト
川の前で対岸から飛んでくる小鳥や対岸近くをたまに飛ぶシギぐらいしかおりませんでしたが
とりあえず楽しいレンズです。

後気が付いたことは 手振れ補正は確かに強力ですが、レンズが軽い分 注意して撮らないとぶれやすいです。
大砲類の手持ちはそれなりに重量あるのでぶれにくいですが、少しコツが必要です。




●●まずエクステなしの画像です。  全てテレ端解放です。
とっさに意図しないところからの飛翔も、被写体の小さい小鳥も、これでもかというくらいの背景のうるさいシーンも
良くつかんでくれます。 ファインダーのAFポイント外さなければほぼ100%快適につかんでくれる感じです。
小鳥もかなり早いので追うには手振れ補正は「2」が最適です。ケースは「3」ゾーンも1点でも全然OKです。

400 (1)

400 (0)
400 (2)
400 (11)
400 (12)
400 (13)
400 (14)
400 (16)
400 (17)
400 (18)
400 (6)
400 (8)
400 (9)
400 (10)
400(9-0).jpg
400 (21)
400 (20)

●● 雀ばっかですが うるさい場所 ノートリとトリミング

400 (4)
400 (5)


●●次にエクステ1.4装着の画像 テレ端解放でも 換算約900㎜ F8と暗いですが何のその!!
ただお世辞にも 小鳥は遠くも近くもファインダーにいれてAFポイントに入って追っていても
一瞬ピンが合うかどうか? シャッターを切るところまでは到底捕まりません。
撮れてもしっかりつかんでないせいか解像度は今一です。
小鳥以外はほとんどストレスなしで行けます。 3月ごろ飛来するツバメがどうか? 楽しみです。

560 (22)
560 (23)
560 (24)
560 (25)
560 (26)
560 (27)
560 (28)
560 (29)
560 (30)

560 (31)

●● 一番簡単なアオサギですが、連写分のすべての画像で 捕まり具合を・・・  連写といっても秒2-3枚位の連写で追ってます。

560 (1)
560 (2)
560 (3)
560 (4)
560 (5)
560 (6)
560 (7)
560 (8)
560 (9)
560 (10)
560 (11)
560 (12)
560 (13)
560 (14)
560 (15)
560 (16)
560 (17)
560 (18)
560 (19)
560 (20)
560 (21)


あと来年の1D系か5Dの後継機を購入すれば EF70-200mm F2.8L IS II USM と EF400mm F2.8L IS II USMはいらなくなりました。


【2014/12/27 20:05】 | EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フレア・ゴースト画像 | ホーム | EOS 7D Mark II   EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 試写>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1556-9b7d12b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。