スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
本日 来ましたね!!
●E0S 7D MarkII


ペリクルミラー式一眼レフファインダーとEVFの両方を世界初搭載した
APS-Cサイズ24メガセンサー搭載、秒20コマ連写一眼レフ「E0S 7D MarkII」発表
-世界ではじめて一眼レフファインダーとEVFの両方を備えた中堅機「E0S 7D MarkII」。
-本来はソチオリンピック向けに開発されていたが、開発が大幅に遅れ、今秋発売へ。
-センサーサイズはAPS-Cサイズ。画素数は2,400万画素CMOSセンサーに。
-映像エンジンは「DIGC 6」を2基搭載。連写速度は秒20コマ。最高感度ISO25,600を実現。
-ファインダーは、ペリクルミラー採用の一眼レフとEVFタイプの両方を装備。切り替え可能。
-ペリクルミラーの採用により、連写はAF追従で最高21コマまで対応。
-オープンプライス。市場想定価格は約35万円前後。今秋発売へ。

● E0S 3

35mmフルサイズローパスなし4,826万画素センサーとDIGC6+搭載
4K動画対応のEVF対応ハイエンドデジタル一眼レフ「E0S 3D」、今秋発表へ
-昨年来、開発が大幅に遅れている、デジタルになり欠番となっていた「E0S 3」系列がいよいよ超高画素機として復活。
-本来は昨年秋発売予定だったが諸般の事情により、今秋発売に。
-一眼レフファインダーと取り外し可能な超高精細なEVFを切り替え可能。
-センサーサイズは35mmフルサイズ。画素数は4,826万画素を実現。
-映像エンジンは「DIGC 6+」を搭載。連写速度は秒8コマ。最高感度ISO25,600を実現。
-動画撮影は4Kに対応。30fps/24fps対応。
-モアレや擬色を軽減する「モアレ除去モード」搭載。小絞りによりレンズ解像を制限し、カメラ内に小絞りぼけ補正機能を搭載することで実現。
-新レンズについては、「24-70mmF28 L IS」「12-35mmF28 L IS」「70-300mmF28 L IS」「100-500mmF45-56 L IS」を順次発売。
-オープンプライス。市場想定価格は約65万円前後。今秋発売予定。











毎年の DigitlCamera.jp 【4月1日 エープリルフール特集】より抜粋・・・・・
【2014/04/01 18:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CANON EF 200〜600ミリメートルF / 4 LWの開発を発表 | ホーム | 愛犬 危篤・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1507-52ddcd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。