スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワイプ撮りビデオ  HC-W850M ハイチュウ塒入り
●●松下(PANA)のビデオは 1985年発売のマックロードムービー「NV-M1]以来です。
その後CANON・SONYと使い 最後はほとんどSONYでした。

2_20140301234429700.jpg
1_20140301234427896.jpg

●●大きさは昔のHDR-HC3比でも大して変わらないが、異様に軽い

P1060490.jpg

●●レンズは1.5倍

P1060489.jpg



PANAのGH4発売までにこの子画面が結構遊べると思い購入
動画でのAFは最近使った機材比では
①PANAの FZ200 この機種のシリーズはAFがかなり優れものです。 猛禽飛びもの AF-Cでの性能 30%捕まる

②PANAの GH3  10%  まず使いものにならないレベル

③OM-D EM5   10%   上記同

④CANON 70D  40%  これが意外によかった  

⑤今回のW850M  流石に動画は強く 80%位と簡単。 しかしパンフォーカスっぽく一眼動画には程遠い!!

画質もFHDでない HDR-HC3 のが解像していたように思います。DVテープはまとめて買い置きしていたので
在庫がいっぱいありますが、流石に取り込みが面倒で使わないでしょう。




音声が入ってます。 音量注意。 画質1080Pに変更してご覧ください。


●● まず 換算29.5㎜から一気に20倍ズーム 換算約600㎜ そこからⅰA50倍ズームで換算1500㎜です。
  こんな解像度? まだ説明書読んでないので何とも言えませんが…
  ただ 手持ちの1500㎜でも大して揺れておらず、5軸ハイブリッド補正の威力は強力です。





●● 日中到着して説明書を読んでいた時に帰ってきたチュウヒを車の中から撮りました。
  メニュー画面がわからなくそのまま撮ったら60Pでなく29.97でした。

  200-300㎜ぐらいでAFがよく効くのでここから一気に1500㎜までズームして撮りますが
  ファインダーがない為液晶モニターで追いましたがモニターに入れるだけで精一杯でした。
  ワイプは正面方向で 大 少しうるさい



●● ハイチュウの塒に移動し 17:30過ぎ ハイメス 29.5㎜から1500㎜までの一瞬の動画
  ワイプは小に設定 方向は反対で自分が写ります。 液晶モニターに一時的に輪ゴムで
  ルーペを付けました。 ファインダーもそうですが常に両目を開けて追うので
  不気味ですが開いた目が写ってます。



●● 17:37から17:53分までの動画です。 捕まっているとするとかなり解像感は落ちます。
  ノイズもどんな設定なのか? かなり出てます。 SSは思ったより出ているようです。
  ワイプ(子画面)は前・横・正面と変えてます。ワイプのみの露出他変更できるようですので
  次回は弄ってみます。






                                 
【2014/03/02 00:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つまらない画像 | ホーム | ワイプ撮りビデオ  HC-W850M 入荷 即ハイチュウでテスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1495-84b97e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。