スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
CANON機 ゾーンAFについて  保存版
昨日1/31の強風時
◇Canon EOS 7D  EF600 F4L IS II USM EXTENDER EF1.4×III◇ 換算1300㎜強
にてテスト

前回の1DXの61点に続きゾーンAFでのテストです。
基本はできる限り空抜けでなく背景があるシーン 尚且つ近距離での撮影にAFが追いつくか?
いつもの隼はこの日は現れない為、鳶の被写体にするが、風に流され近距離・1300㎜超の焦点距離と
難易度はそこそこ高い
それなりのシーンのテストができたと思います。

いつにもまして三脚で追いかけるのは不可能で、レンズも風に煽られるため「手振れ」がでている
画像もありますが、趣旨と違うので無視です。




ゾーンAFの位置は中央の9点に設定です。
ISO250 SS1/2000 ME・AF 絞り解放
被写体追従特性「2」 ニュートラル ・ シャープ3
AIサーボのテストでないので、連写は基本2枚まで、多くても3枚までです。

画像はもちろんすべてノートリ画像です。 わかりやすいように今回もDPPの「デジタルレンズオプティマイザ」
を100%設定し、本画像横に載せてあります。


●●撮影情報でゾーンAF他確認できます。

ゾーンAF確認

●●同じ画像ですが 撮影距離のスライダーがかなり左です。
AFポイント(矢印)も選択できてません。 距離の参考程度に・・

撮影距離

●● 真ん中の下2点が点灯して追いかけてるのがわかります。

同じ画像が2枚ずつですが、一枚目が「DPP」現像 2枚目が「Photoshop Lightroom」現像画像です。

真ん中下2点
7D__3257-7.jpg

●●2枚連写の次の画像 変形に3点点灯 鳶は下に突っ込むところですので下2点点灯はOKですが
もう1点は右です。

変形3点
7D__3256-7.jpg

●●ど真ん中1点点灯ですが 被写体の動きが速いのでタイムラグかと思います。
 ほぼ完ぺきにAFが掴んだときど真ん中1点が多い。

真ん中1点

●●最初の画像は「1から2」前ピン気味です、次の連写の画像のがピンが来ている感じ
 この位の誤差はAIサーボ 想定内です。微調整の必要はありません。

7D__3252-7.jpg
7D__3253-7.jpg

●●斜めに変形2点点灯 動きと理に適っている点灯 ただピンはほんのわずか後ピンだが
 1.4エクステ装着で早い動きの中なので、まったくの想定内の誤差範囲

変形2点ななめ合
7D__3267-7.jpg
7D__3268-7.jpg

●● 真ん中上 1点のみ 2点点灯しても良い動きだが? 完全に手振れがわかる。

この動きも2枚目画像のがピンがしっかり!

真ん中上1点 ブレ顕著
7D__3258-7.jpg
7D__3259-7.jpg

●● 次は完全に外れているようだが、ど真ん中1点 点灯 画像もピンが来ている
 シャッタータイムラグの影響のみ OK

完全はずれ
7D__3194-7.jpg
7D__3195-7.jpg

●● この画像に対しては9点のうち右下いっぱいで追ってるのがわかります。
  おそらく右下1点で捕まったが、タイムラグ分重なってないだけでしょう。

追ってる右下1点

●● 少し気分を変えて ノスリで空抜け ど真ん中1点 点灯 完璧

まんなかのみ
7D__3061-7.jpg
7D__3057-7.jpg


●● さらに気分を変えて、先日の大鷲 等倍以上にトリミング 少し厳しいかも??

AT2T1379-7_20140202005938cdd.jpg



こうしてみると、ゾーンAFやそれ以上の多点測距エリアAFは野鳥の撮影ではどうしても
危険で、本番では1点か5点を選択してしまいます。
しかしかなりの確率で捕まりますので、シーンに応じて選択しても良いかもしれません。

意外と多点は空抜けによさそうですが、下手に空抜けも多点にすると捕まりません。
おそらくゾーンまでが限度かと思います。 たまたま捕まることもあるかもしれませんが
確率です。

スポーツのシーンでは逆に1点や5点よりゾーンのが確率は高いのではないかと思います。





「ゾーンAFでのテスト」 次回は少し空抜けと、もう少しうるさい背景
さらにファインダーからかなりはずれているケースでの点灯状態と画像での検証を載せてみます。

それにしても 今回の7D 発売後かなり経ってきたが、描写も 1DXより個人的には好きです。
どうも1DXは線が太い 1DM4もそうだった!!

70Dは購入後すぐに売却してしまったが、ライブビュー以外は完全に7Dのが性能は上ですね。
(個人の独断と偏見の感想です。でも言い切れる!!)











【2014/02/01 23:44】 | 機材 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<葦原を駆けるコミミ | ホーム | 風邪と煙草>>
コメント
こんにちは。以前、何度かコメントさせて戴いた者です。その時にあきさんから手持ちで頑張るようにとお言葉を戴き、以来、三脚をほとんど使っていません。
私も7Dを使っており興味深く拝読しました。購入時に色々試した結果、中央1点で4年過ぎました。コントラストにもよりますが特にトリミング前提の場合ではゾーンは厳しいと思っています。次の記事を楽しみにしています。
PS 松本氏の「飛翔」参考になりました。ご紹介有難うございました。
【2014/02/02 08:19】 URL | 北海 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1476-68708e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://garciniacambogiagirl.com/
Black Label byあきGG CANON機 ゾーンAFについて  保存版 http://garciniacambogiagirl.com/【2014/09/09 14:56】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。