スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
LUMIX DMC-FZ200 隼の狩り
各社 カムコーダー関係の動きが楽しみになってきましたね^^
今の時期 下手に手を出さずに様子見が良いかもしれません。
来年後半頃には30万前後で画期的な新製品が出るかも?
すごいことになりました。 100万切ってきたと思ったらあっという間に・・・

ところでだいぶ待ちくたびれている「GH3」ですが、ようやく詳細なスペックでてきましたね。
静止画はどうでも良いのですが、動画はかなり良さそうです。
いくらでも即買いです。

「GH3」までの繋ぎで購入した今回の「FZ200」ですが、興味ない方に少し説明しますと
HS動画(ハイスピード動画)の時はAFが効きません。
しかしコンデジですので撮像素子が小さいのでそこそこ被写界深度は稼げます。

まず飛び物の場合、被写体を追いかけて捕まると合掌します。
そこですかさずボタンを押しこみ動画ONにします。
ここからはAFもMFもできません。 通常の動画はAFが効きますが・・・。

CASIOの場合 撮りたい距離に合掌させといてから動画ONですが
この時下手をすると再度AFが効いて迷いますので、ONにできずチャンスを逃してしまいます。

ところが FZ200の場合は普通に追いかけて迷いも少なくそのままONできますので
例えば今回の動画のように突然鳩が上空を通り過ぎる時も一瞬で静止画を撮る要領で
動画が撮れますので、非常にチャンスが広がります。

後半の隼のピントが全く合わないのはこの最初のピントの合せを省略して
とにかく間に合わせて証拠として捉えたいために、一気に動画ONにしたためです。

通常隼のツッコミは1度もしくは2度迄は時々遭遇しますが、今回のように何度もツッコミするのであれば
慌てる必要もなく、一旦OFFにして再度撮り直せばバッチリ撮れたのですが・・後の祭りです。

とはいえ全く期待していなかった「FZ200」ですが 結構使えます。ミサゴが楽しみです。
ツギハギでなくダイブの一連をかなり迫力ある動画で撮れると思いますので
是非期待してください。

それでは隼のツッコミ 全くピントはあってません。
ファインダーにも入りきれてません。
ストレスを感じやすい人は見ないほうが良いと思います。イライラします


あとPANAの動画ファイルは特殊なようで手持ちのソフトで読み込みできません。
従って体験版でレンダリングしたり、ファイル変換したりしてますので
少しく画質が荒れてしまっています。




【2012/09/05 02:22】 | LUMIX DMC-FZ200 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<稲光を FZ200の ハイスピード動画で撮ってみた | ホーム | LUMIX DMC-FZ200 HS動画 露出テスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1164-f049bc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。