スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
LUMIX DMC-FZ200 テスト画像・動画
引越準備中で撮影どころではないがなんとか毎日2時間ほど時間を作って何かしら撮っている。

機材も IDM4と7D 428に856は先月からメーカーに調整に出しているので
現状車の中は K-5とBORG・D7000と34・OM-Dの3機種がスタンバイしている。

そんな中、PANAのGH3が待ちきれずに またまた直ぐに防湿庫入りしてしまいそうな FZ200を買ってみた!
静止画は全く期待していないが、一応仕様では明るいレンズがついている。
それよりも今までCASIOのコンデジの改造で遊んでいたハイスピード動画がなんと720Pではあるが
HDで(120fps)で撮れるようになった。

これだけで個人的には5万出すだけの価値がある。


静止画については、デジタルズームはもちろんだが、超解像ONでのiAズーム・EX光学ズームでも
かなり画質は荒れて、個人的には使えない。
おそらく中級以上の一眼を使われてる方は満足できないでしょう!!

OFFで落ち着きます。

ブログの縮小画像だと一見綺麗で錯覚してしまうので基本50%拡大してます。

撮るものないので被写体はつまらないものです。
暑いのでエアコンの効いた車の中からです。 画質のみ参考に・・

DSC06640.jpg

●テレコン装着

DSC06650.jpg




●一応空ヌケはどの機種もそこそこAF性能は発揮するはずですので、背景あるもの限定で。

●基本テレ端 600ミリ 70%トリ  捕まってはいるが解像はかなり厳しい!!!

70トリミング

● こちらがノートリ コンデジの画質です。

P1030044no-tori.jpg

●逆光 ノートリ ダイナミックレンジは そこそこOK

逆光Dレンジno-tori

●次デジタルズーム 鳥がいなかったので・・・ まず換算330ミリ

330ミリ50%

● 600ミリ

600ミリ50%

● ここからデジタルズーム1200ミリ

1200ミリデジタル

● 2400ミリ

2400ミリデジタル

●別の日 シギがいたので
まず 600ミリ すべて50%拡大  近距離・中距離・遠距離
この日の画像はすべてIAズームONの設定   シャープがめちゃ強くかかりすぎ
一見綺麗に見えますが、ほとんど潰れかかってます。
600-50.jpg
600-50-1.jpg
600-50-2.jpg
600-50-3.jpg
600-50-4.jpg
600-50-5.jpg
600-50-7.jpg
600-50-9.jpg

●次2枚は 600ミリだが ノートリで載せてみました

600ノートリ
600のーとり-0




ここから IAズームの1200ミリの画像です。同じく50%トリです。

1200-50-1.jpg
1200-50-2.jpg
1200-50-3.jpg
1200-50.jpg

● 1200ミリ どうでしょう 
厳しいでしょう? 再度1200ミリのノートリの画像1枚とわかりやすく60%トリした画像2枚です。

1200のーとり-0

1200わかりやすく
1200わかりやすく-1


もともと静止画は期待してなかったので悪口はこの辺にして、素晴らしい点です。

OM-Dなどで飛び物など非常にAFは辛いものがあり、どうしてもMFになってしまいますが
このFZ200のAFはちょっと違います。 これから背景のうるさいところでのつかまり具合の画像です。

すべて600ミリです。 素晴らしいです!!

■■ひとつ弁解です。この日が初日ですがマニュアルでF2.8で撮ろうとしたのですがSSが1/2000までしか動きません。F8まで動かすとようやく1/4000が出てきます。説明書を全く読んでないので操作がわからず(現在も分からず誰か教えてください)仕方なくF4で1/2000で撮ってますが、少し飛んでます。■■




うるさい背景-0
うるさい背景-1
うるさい背景-2
うるさい背景-3
うるさい背景-4
うるさい背景-5
うるさい背景-6
うるさい背景-7

●かなり遠めでも・・・トリミング

遠くでも抜けない


●前後にも抜けない・・・優秀 この一枚でなく連写分もしっかりケリを捕まえてます。

前後の背景抜け

●トンボも追いかけて捕まる 600ミリ 一眼並み

600-50-6.jpg

●かなり距離がある被写体も掴んでいる  ノートリと 等倍画像
荒れているのは 超解像の設定のせいです。OFFにすれば見られると思います。

600-50-10.jpg
等倍潰れ-掴んでる

● つまらない空ぬけ 参考程度に

そらぬけ-0
そらぬけ-1
そらぬけ-2
そらぬけ-3
そらぬけ-4
そらぬけ-5




次に本命のハイスピード動画です。 結論マニュアル露出とMFが出来ると思って購入したのですが
通常の動画は少しなんがありますがMF操作ができますが、HS動画はできませんでした。
しかし、露出は少し弄れましたのでなんとか今までのCASIOよりは使えそうです。

下の動画は距離約300Mぐらい テレコン装着して換算1500ミリぐらい 焼き付けるような順光から
逆光 さらに暗い林の中までの一連のアオサギの飛翔です。
ある程度露出が変化する一連の流れが撮れないと、これからハイチュウ・ミサゴの飛び込みなどは撮れません。
通常デェフォルトだとほぼ白飛びして真っ白になってしまいますが、これだけアオサギが撮れればOKです。

あとコウモリ・燕 この辺は神の目を持ってない限り、動画をつなぐしかないので、逆にそんなに難しくないと思ってます。







●ひとつ大事なことが漏れてました。

今までのCASIOのファインダーは当たり前ですが、使い物にならずに背面の液晶に
面倒な装置をつけて使っていました。
このFZ200 期待していたほど良くはありませんが、なんとか使えるファインダーでした。
これでようやく照準器などの面倒なものをつける必要がなくなりました。
この点が一番かもしれません。








【2012/09/01 02:56】 | LUMIX DMC-FZ200 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<LUMIX DMC-FZ200 HS動画 露出テスト | ホーム | もらってください 其の八>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1162-27bc3251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。