スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
超至近距離の飛び出し ピンのずれ
本日 小雨の中 飛び出し連写です。
背景のボケ具合でわかるように目の前です。
手持ちのずれ分少し調整してますがほぼノートリ画像

■7Dに428 軽いとはいえ、ずっと動かないと左手に効きますが、10秒ぐらいで飛び出してくれました。

IMG_1007.jpg

■完全にピンが間に合いませんでしたね。 まだ後の方にあります。
通常このケースは後ろか左の飛び出し まさかさらに目の前の飛び出しは 予想確率 0% 

 f2.8開放で至近距離だとピンボケがはっきりわかります。
 とはいえ、立体的に撮りたいので絞りたくはないですね。

IMG_1009間に合わず

■これはまだ少し後ピンで甘いですが、まあまあでしょう
 この先はさすがに近すぎて一呼吸おいて・・・・次へ

IMG_1010_20120206164024.jpg

■これはまずまずOK
 
IMG_1012.jpg

■ここではっきりとピンが後ピンに・・  こういう画像は全然気になりません。
 合ってないということでなくしっかり掴んでいるのですが
 いわゆる、予測駆動AF「アルゴリズム」の限界でしょう。

 フォーカスポイントが目にきていても駄目だったり、とんでもない所にAFポイントが行っていても
 目にピンが来たりしますので、気にしません。

 120%仮に目にAFポイント追い続けることができたとしても必ず起きることですので…

IMG_1013後ピンに

■雨がひどくなってきました。
 7D 400/2.8 ノートリ

IMG_1020雨強く

■1DM4 800/5.6 比較画像 ノートリ

AF3B1294.jpg
【2012/02/06 16:58】 | コミミズク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<靄の中を一直線に・・・ | ホーム | ひどい画像ですが・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://a1000s.blog60.fc2.com/tb.php/1039-bcca99ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。