FC2ブログ



α9や7RⅢで拡張フレキシブルスポットの設定が良いはずだけど全然使えないのは個体差かな?
その分ワイドとゾーンが最強なので必要ないのですが(9のみ)7RⅢのワイドとゾーンいまいちです。
飾りのようなロックオンAFがもしかしたら6400見る限り使えそうです。これは楽しみです。

但し、今年のファームアップでα9の測距 コントラストが25-425点に大幅に増えます。一見素晴らしいようですが、現状のAFアルゴリズムがR3や6500・6300と使っていて全く違うと感じていたことと、 このコントラストAFの測距が増えることで今の7RⅢなどのように暴れてしまうのではないか? 精度が上がればよいが・・(現状で言うことないのですが)  7R3や6500他が精度が非常に悪いので少しく心配です。。

それとよく言われているオオボケからの復帰に、例えば100-400でMFリング操作できない云々あります。専門誌も結構致命傷のように書かれてます。 野鳥に限定で飛びものでこのようなオオボケでAFが捕まらないのは、ほとんど本体が近距離で被写体がそこそこの中・遠距離の時だと思います。 確かにこの状態だとオオボケで被写体が全くつかめないはずです。しかしこの状態でMFでリングを回してそこそこ合わせてAFする こんなことをする時間があればレンズを一瞬無限遠に合わせてから被写体をつかむ方がよっぽど短い時間で掴めるはずです。中・遠距離の被写体は距離が多少前後しても必ずぼけてでもファインダーで見つかりますので、一瞬で被写体をつかんでくれます。 実際のひっ迫した撮影の現場状況で全く違和感なく捕まります。 428では機能がありますが、オオボケからの復帰でAF-MFなど全く不必要です。

もう一つα9バッファが足りない?? 256GBですぐに満杯? どんなシーンでどんだけ連写するのだろう? 専門誌でプロが紹介してるのですが、9のバッファは素晴らしいです。10数年の現場でのシーンで 数打てば当たる的な連写をしない限り、バッファが足りなくなることはありません。素晴らしいカメラです。しかも連写で100%といいませんが、かなりの確率でてピンが合います。安心してレフ機から移行できます。

OLYMPUS OM-D E-M1X パナを待つまでもなく 完全パスです。 デカすぎる 画質がやはり魅力を感じません。
動物の瞳AFとリアルタイムトラッキング このファームアップ これでパナも興味なくなりました。

シッチャカメッチャカでいろいろ書いてしまいました。軽くスルーしてください。



P1000の方は必見です。是非次のテストしてみてください。
さてP1000の設定です。P1000を使っている人でないと捨てたくなるほどひどいです。

P1000はフリーズがここぞというときに来ます。 たまにでなく時々でなく常にきます。連写の後です。大体連写したいときはここぞというシーンです。 バッテリーの出し入れで復帰しますが、ほとんど良いシーンは終わってしまってます。
それからバッファ待ちが一度7/秒してしまうと数秒待ってこれまた機会損失します。  AFがファインダーでしっかりと掴んで追ってるのに合掌マークの緑にならずにシャッターが切れません、大体撮りたいシーンが終わるとシャッターが切れるようになります。
要するにスチルで飛びものは難しいでなく普通では撮れないカメラなのです。4k動画は非常に素晴らしいです。
何度挑戦しても満足したものが撮れません。飛び出しは飛びものではないので省略です。
それでも何とか満足したものを撮りたいので毎日毎日挑戦です。 9や7RⅢで簡単に撮れてもつまらないのです。
日々設定をいろいろ変更して撮りまくる。しかし無理です。そんな中 何とかこれはという設定を見つけました。

最初いいかなと思ていた鳥モードですが、いまいち問題ありで全く論外でしたが、よくわからないのですが、連写多くなる なんとなくバッファが短く助かる  測距はスポット1点限定です。それはそれで最初から飛びものなど想定してないのでOKなのでしょう。、AFでピン合わずシャッター切れないとか バッファ待ちでシーンが終わってしまうなどない マニュアルです。但し、動画のMFは最高ですが、スチルのMFはだめです。最初だけMFでピンを合わせられますが、シャッターを切った後はバッファ待ちでリングがMFできません。意味がないのです。しかし、拡大を2にして一度下にして右でAFするととても早く合掌します。 さらに4連写位を小まめにすることでバッファ待ちせずにかなりの枚数を切れます。普通に飛行機に撮りモードで合わせると結構迷うと思いますが、MFからAFのこの方法だとしっしゅんでAFOKです。 この方法だと一点でないようです。  ISO基本200までノイズはなしがないので一番弱い設定にする。さらに注意は露出を-1.5から-2にすること。
この設定で撮ったスチル画像の動画です。 P1000以外の人から見るとなんだと必ず思うはずですが、P1000使っている人ならわかるはずです。まずこの短いシーンでこれだけピンがあって無くてもシャッターが切れてること。これは脅威なはずです。ミサゴが前回の復讐でオオタカにものすごいアタックをかけてます。 通常よりもかなり速い動きです。 軽い428でもミサゴを追うのに早すぎてレンズを振りきれませんでした。 

これだけの動きですと三脚ではもちろん追えません。 照準器など全く無意味です。

今までのカメラで一番どうにも酷いP1000ですが、全く文句が出ません。 そればかりか購入してこれだけ出番が多くシャッターを切ってるのはこのカメラが初めてです。  





次はこれまた厳しいシーンです。 P1000は2000ミリ位からAFでもウォブリングして被写体が掴まりませんが、当然このような暗いシーンではAFは効きません。 よってMFなのですが、 MFでもウォブリングしますのでピントはどうにもなりません。
スチルは全てRX100M6で撮ったものです。 換算400㎜も結構使えます。



顔が特定できないように修正してますのでわからないと思いますが、まずい場合はすぐに消しますので連絡ください。




ab*******さん

α7RIIIで撮影されたミサゴ画像の更新必ずしますのでお待ちください。
メールのアドレス載せてもらうと返信できるので、もしよろしければ次回載せてください。

① α7RIII→α9

全然別物です。操作性を含めて能力的には飛びものだと40:100位  さらに今年のファームアップ後だと 20:100位に差がつくのでは? 

② α7RIII+FE100400→D500+500mmF5.6  

556は実際に使ったことないので適当なこと書けませんが、D500は数回使う機会がありましたが、全然7RⅢよりは上です。
100-400は今も使ってますが、離せない良いズームレンズです。556は単焦点なので比較は用途の方がウエイト高いのでは?
個人的にはレフ機は全く頭から消え去っているのでどうかなという感じです。

ソニーAとEマウントの過去数年の流れを見れば結論出るはず。キャノンとニコンも同じような歴史になると思います。旧ユーザーを大切にしながら・・でもきっぱりミラーレスに移行です。

スポンサーサイト



 2019_01_30


 ミサゴの木の枝からの飛び込みは、長玉で野鳥を1年も撮っていればおおよそ着地も予測でき、ほとんどの方が安易に被写体に追従できると思います。 特にα9だと飛び出しから着水の一連の動きを照準器など使わずにどなたもいとも簡単に追従撮影できるでしょう。
今回の画像は私の技術が伴わない連写画像です。つくづく情けなく思います。

428に2.0テレコン 動画を撮った後クロップを戻し忘れて換算1200㎜のままでした。 ホバの段階からファインダーいっぱいで近いとは思いましたが、はみ出すのでおかしいとは思ってましたが、案の定ミサゴがホバから切り返したとたんファインダーから見失いました。800㎜のつもりで油断してました。 普段スチルは800ミリ前後で撮っていることが多いのですが、近距離の1200㎜は一瞬見失うと次の動作までコンマ何秒でも着水済みになってしまいます。すぐに捕らえても画像のようにここまでシーン間が空いてしまいます。最初から頭の中でクロップしていて1200㎜とインプットされてればもしかしたらと思いますが、何年撮っていても対応できずに本当に情けなさと虚しさを感じます。α9の2400万画素がクロップで約1000万画素です。
 ほとんどノートりで確認できますので
 2回クリックして大きな画像で覗いてみてください。

 当然428のみ 428に1.4テレコン さらにクロップ 2.0テレコン さらにクロップという順番で解像度は間違いなく落ちます。 かなりテスト撮影しましたが、1.4テレコンつけクロップまで(840㎜)は全く申し分ない素晴らしい解像力です。 2.0テレコン装着からは完璧にとらえたつもりでもあれ?? という画像が見つかります。 解像しないわけではありません。完璧に解像しているものも中にはありますが、AFが暴れるせいか?ピントはあってるのですが、甘い画像が混ざってきます。 何枚撮っても同じです。
当初手振れのせいかなと思い、三脚でしっかりととらえても同じで手振れ補正の影響ではないと思います。

以上はあくまでも絞り開放での撮影の場合です。通常絞ることはまずありませんが、2.0テレコン装着の場合 開放・6.3・7.1・8.0と実際のミサゴ撮影でテストしてみました。結論開放5.6は本番では使えません。6.3から7.1迄で、さすがに8.0は深度の深いマイクロフォーサーズのような画像になってしまいますのでNGです。 あと・・AFはわずかに遅くなるのでしょうが、体感的にはわからず これから画像をいろいろ載せますが、ほとんどの激しいシーンでも普通に追従できますので問題ないでしょう。機材のAF能力より、自身の動体視力の方が負けてます。

昨年このレンズは難しいと書きましたが、かなり使い込んでみて、設定もいろいろ変更してみましたが、結論 100-400よりは少しく難しいですが、いままでのCANONの428などと同じく簡単な設定でOKです。 1DX2と428や64の使い勝手と同じだとα9の必要性がなくなってしまいますのでほっとしました。

連写画像はせっかくですので多少間引きはしますが、連写画像できる限り載せます。失敗画像や甘い画像もそのまま載せますので確認してください。  尚 今までRAW画像を現像というスタイルでしたが、どうもSONYのRAW画像が自分の思ったように現像できません。 JPEGの方が自分のイメージした画像です。ということでJPEGでRAW撮影してませんので一発勝負で白飛びだけは醜いと思います。


三脚はどうしても下手ですので使わなくなりましたので、恥ずかしいですが全て手持ち撮影になります。






A9_02435-2-7.jpg
A9_02438_1.jpg
A9_02439-7.jpg
A9_02443_1_2.jpg
A9_02444_1.jpg
A9_02445_1.jpg
A9_02446_1.jpg
A9_02447-2-7.jpg
A9_02448_1.jpg
A9_02449_1.jpg
A9_02450-7.jpg
A9_02451-7_2019011023205712f.jpg
A9_02452-2-7.jpg
A9_02453-2-7.jpg
A9_02454-2-7.jpg
A9_02455-2-7.jpg
A9_02456-2-7.jpg
A9_02460-2-7.jpg
A9_02471-2-7.jpg
A9_02472-2-7.jpg
A9_02473-2-7.jpg
A9_02474-2-7.jpg
A9_02475-2-7.jpg
A9_02476-2-7.jpg
A9_02477-2-7.jpg
A9_02478-2-7.jpg
A9_02479-2-7.jpg
A9_02480-2-7.jpg
A9_02481-7_2019011023223667f.jpg
A9_02482-2-7.jpg
A9_02483-2-7.jpg
A9_02484-2-7.jpg
A9_02485-7.jpg
A9_02486-7.jpg
A9_02487-2-7.jpg
A9_02488-2-7.jpg
A9_02491-2-7.jpg
A9_02492-2-7.jpg
A9_02497-2-7.jpg
A9_02498-2-7.jpg
A9_02499-2-7.jpg
A9_02500-2-7.jpg
A9_02501-2-7.jpg

いろいろな機材の組み合わせで撮ってますので興味ありましたら随時載せますので覗いてください。
普通に切りかえしから着水まで連写で撮ってありますので今回のようなことはありません。
さらに7RⅢでの428画像もあります…・ さすがに高解像??高画素ですね。 どちらにしてもすごいレンズです。





 2019_01_10

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アルバム

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:マツダ・トヨタ・ベンツ  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA 死去
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:1DXMⅡ・OM-D EM1Ⅱ・GH5・α9・α7RⅢ・α6500・PEN F・RX100Ⅵ 他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

掲示

当ブログ内のアニメ画像はけんぞうファクトリー様より許可を頂いて利用させていただいております。

kenzouファクトリー 有難うございます。


B
A
C
K

T
O

T
O
P