FC2ブログ



SONY機でもまた大砲スタイルかと思うと少しく気が重いのです。予約したものの納期が6か月以上とネットで騒いでいるので先日心配でTELしてみました。回答は正直いつになるかわからないようです。とはいえ受注生産なので順番だと思うので、すぐ予約したので当初の9月初旬は可能か? と聞くも、やはり全く現状見当つかないようです。  本当にそんなに受注があるんですかね? 


100-400に2.0テレコンの画像はSONY専属のプロの方も止まりものでは見かけるのですが、飛びものはほとんど見かけません。
どこまで実践レベルで使えるのか?
このところは 856 を想定して100-400に 2.0テレコンつけっぱなしで様子見です。  「9」は1.4まではAFも描写もほぼ満足のいくレベルです。 「7RⅢ」と「6500」はAFは速いのですが、描写は満足のいくレベルではありません。(止まりものはOKですが飛びものはAF精度の問題か?) Super 35mmで600㎜まではOKです。 さらに「9」に2.0テレコンでは 同じくAFは早いですが、一瞬で予期せぬ飛びものを掴むときは少しコツがいります。それさえクリアできれば使えるレベルまでの掴み具合をします。 「FE 400mm F2.8 GM OSS」には期待がかかります。 

突っ込んでくるイワツバメでテストしようと思いましたが、すでに巣立った後でたまに見かける程度になってしまいました。

800㎜はよいのですが、1200㎜は10MBですのでノートり勝負です。 よって多少難易度は上がります。普通に川や稲穂の上を飛ぶツバメだと一定方向の飛翔であまりテストにならないので、仕方なく被写体は「鳩」でテストしました。中・遠距離は全然問題ありませんので、近距離でできる限り難易度を高めた飛翔でテストです。

輝度差が酷い場所で、
以前のテストのように操作しきれなく、さらに今回はF値11ですのでカンカン照りと橋の下の暗いところではさらに間に合わないので画質は二の次で、SS優先でISOもオートでテストです。 今まで同様暗い橋の下やどんなにバックが厳しい場所でも全て安心・完全の「ワイド」のみです。

イワツバメはこの焦点距離だと個人的能力では10M以内はかなり厳しくなります。最盛期のように何度でもチャンスがあればよいのですが、ほとんど来ないので15Mぐらい離れて撮りました。それでもワンチャンスしかなく、言い訳ですが、甘い画像です。暗い場所でも追尾して撮れるという証拠画像です。 鳩も数枚 暗いところの飛翔も入れました。 踏み切りですので列車も流して撮ったものを数枚入れました。 800㎜は少しトリミングあり、1200㎜はほぼノートりです。 手振れ補正は通常は常に「2」ですが、2.0テレコンの時は「1」の設定です。他の設定は全てテレコン無しの時のままでOKです。

テレコンの参考程度にご覧ください。 動画での性能は{9」だと2400㎜まで 「7RⅢ」で1800㎜まで可能ですが、スチル画像よりは問題なく使えますので、大きな武器になります。動画AFも素晴らしいです。SONY機ならではです。

面倒なので RAWで撮ってません。JPEG画像のオートのみですのでもう少し画質は上がります。
「7RⅢ」のHDRをスチルで使うと結構面白いです。「9」でLOGは良いですが、HDRはファームアップで載せてくれればと思います。




●●●画像クリックで大きな画像で確認できます 

さらに続けてクリックすると元画像の大きな画像であら捜しが可能です●●●





●●2X テレコンバータ- SEL20TC 換算800㎜●●

A9_00996-7.jpg

A9_00384-7.jpg

A9_01449-7.jpg

A9_00386-7.jpg

A9_00387-7.jpg

A9_00407-7.jpg

A9_00576-7.jpg

A9_00614-7.jpg

A9_00634-7.jpg

A9_00647-7.jpg

A9_00836-7.jpg

A9_00850-7.jpg

A9_00852-7.jpg

A9_00853-7.jpg

A9_00854-7.jpg

A9_00969-7.jpg

A9_01450-7.jpg

A9_01452-7.jpg

A9_01453-7.jpg

A9_01454-7_20180724180644458.jpg

A9_01455-7.jpg

A9_01479-7.jpg

A9_01484-7.jpg


 
●●2X テレコンバータ SEL20TC Super 35mm 換算1200㎜ ●●


A9_00473-7.jpg

A9_00420-7.jpg

A9_00448-7.jpg

A9_00451-7.jpg

A9_00452-7.jpg

A9_00461-7.jpg

A9_00462-7.jpg

A9_00466-7.jpg

A9_00467-7.jpg

A9_00511-7.jpg

A9_00485-7.jpg

A9_00491-7.jpg

A9_00493-7.jpg

A9_00495-7.jpg

A9_00496-7.jpg

A9_00497-7.jpg

A9_00506-7.jpg

A9_00510-7.jpg

A9_00788-7.jpg

A9_00697-7_201807242022225d3.jpg

A9_00698-7.jpg

A9_00700-7.jpg

A9_00750-7.jpg

A9_00755-7.jpg

A9_00779-7.jpg

A9_00780-7.jpg

A9_00787-7.jpg

A9_01389-7.jpg

A9_00792-7_20180724202313e80.jpg

A9_00793-7.jpg

A9_00831-7.jpg

A9_00832-7.jpg

A9_00833-7.jpg

A9_00834-7.jpg


A9_00835-7.jpg

この時期になるとあちこちに巣立ち雛のぺしゃんこの・・・・・・・  巣から出ると道路に真っ逆さまなので残念です。

A7R02591-7_201807242222126e3.jpg


A7R02578-7.jpg



 2018_07_24


昨シーズンは夕方にかけての撮影は事情があり行けませんでしたが、塒入りにかけての雪ということでなんとかこの日は出かけてきました。

ポイント到着するとなんと雪なのにカメラマンがいっぱいです。昔は一人がほとんど、それが3人・5人とカメラマンも増えてきましたが、びっくりです。困ったことに今までは葦もほとんど雪で倒れていたので脚立も必要ないか? 低いもので良かったのですが、この日は全然倒れていません。仕方なく別のポイントで待機・・・・  しかし大雪で視界がない。  急きょ引き返して来るともうハイオスが舞ってます。
葦で見えません、しかたなく車内にある低い脚立をだめもとで引っ張り出し、葦のわずかな隙間から撮影。  逆に機材のテストにはなったと思います。

高い脚立で皆撮ってましたが、いいのが撮れたのではないでしょうか? 残念です。 画像はおそらく捨ててしまうようなものばかりですが、これ以上のものは撮れませんでしたので次回にお預けです。雰囲気だけはわかると思いますのでさっとご覧ください。

途中AFがすっぽ抜け(画像参考)がまれにありましたが、こんな状態で葦の隙間から撮ってます。
それでも一度捕まえると離さず喰いついて追従してくれました。(設定は驚くことに隙間でも全てワイド設定です。)
 雪の量が多すぎて遠いのでハイチュウは解像はしてません。

今までのNIKON・CANONと違い初めての雪で機材が不安でしたが、終始問題なく撮影できました。




A9_02282-7.jpg
A9_02288-7.jpg
A9_02289-7.jpg
A9_02294-7.jpg
A9_02297-7.jpg
A9_02299-7.jpg
A9_02303-7.jpg
A9_02309-7-2.jpg
A9_02311-7.jpg
A9_02339-7-2.jpg
A9_02347-7.jpg
A9_02356-7.jpg
A9_02362-7.jpg
A9_02369-7.jpg
A9_02370-7.jpg
A9_02371-7.jpg
A9_02375-7.jpg
A9_02377-7.jpg
A9_02378-7.jpg
A9_02381-7-2.jpg
A9_02382-7.jpg
A9_02385-7.jpg
A9_02437-7.jpg
A9_02451-7.jpg
A9_02453-7-2.jpg
A9_02471-7-2.jpg
A9_02474-7-2.jpg
A9_02475-7-2.jpg
A9_02476-7-2.jpg
A9_02481-7.jpg
A9_02482-7.jpg
A9_02521-7.jpg
A9_02546-7.jpg
A9_02556-7.jpg
A9_02559-7-2.jpg
A9_02562-7-2.jpg
A9_02588-7-3.jpg
A9_02589-7-2.jpg
A9_02590-7-3.jpg
A9_02591-7.jpg
A9_02595-7.jpg
A9_02609-7.jpg
A9_02610-7.jpg
A9_02633-7.jpg
A9_02636-7.jpg
A9_02640-7.jpg


 2018_07_06


一発勝負のビデオ撮影ではスチルのように「数撃ちゃ当たる」というわけにはいきません。 「一瞬を切り取る?」わけにもいかず、できる限り被写体に追従してとらえ続けなければなりません。 飛翔撮影は今までの機材ではマニュアル操作でしたが、SONY機の動画AFのテストで全てAFで撮影しました。 1.4と2.0のテレコン使用の場合や暗くなってのAF具合などがわかると思います。技量が伴わず 1200ミリ越えの飛び込みは肝心のところがうまく追えていませんが、他の機材では不可能な動画AFが見て取れます。他には手持ち撮影ですので、手振れ補正の効き具合や高感度でのノイズ等もわかると思います。




 2018_07_05

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アルバム

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:マツダ・トヨタ・ベンツ  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA 死去
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:1DXMⅡ・OM-D EM1Ⅱ・GH5・α9・α7RⅢ・α6500・PEN F・RX100Ⅵ 他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

掲示

当ブログ内のアニメ画像はけんぞうファクトリー様より許可を頂いて利用させていただいております。

kenzouファクトリー 有難うございます。


B
A
C
K

T
O

T
O
P