スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イワツバメ 撮り比べ
イワツバメの営巣場所の撮影です。 河川の水飲みや巣材運びのようなときはAFでも追いつき撮りやすいのですが、
この場所に入ってくるときは超特急 隼を撮るより難しいです。
ISO変えずにMEだと、入る手前がSS1/4000以上 巣の近くで SS1/50 一瞬でメインダイヤルを2回転以上廻している間に
過ぎ去りますので、MEでも撮るシーンを特定しないと全く不可能です。あと、追うといっても一瞬のコンマ何秒なので
機材と一緒にのけぞって転ばないようにするのが一番大変です。  次が糞の爆弾 こればかりは防ぎようがありません。
髪の毛の薄い頭に2発ぐらい落ちます。 黴菌が危険ですのですぐに流します。

1DXⅡと7DⅡはAF撮影 12-3Mぐらいが限度? 15M以上離れるとかなり楽になります。
GH4とE-M1は20M以上離れれば歩率は悪いが何とかAFで撮影できますが、ここでは12-3M以内なので全く無理なので
MFのみです。 1DXⅡよりも意外と7DⅡのゾーンが良く掴みました。 範囲が1Dより広いためか?

1DXⅡと7DⅡのレンズですが、 ロクヨンは手持ちはさておき、早すぎるので合わせて追ってレンズを振ると、勢いで手から離れ放り投げてしまい危険なので100-400のみです。  GH4とEM-1のレンズは オリ150/2.8 と300/4 パナ100-400です。

数回に分けて掲載します。
トリミングもなるべく少し、できるだけノートり画像で載せたいと思います。


◎ 最初に GH4 オリ150/2.8 MF/ME 似たような画像ばかりですが。




◎ これが爆弾です。

P3040284-1.jpg
◎ 突入するところと、出ていくところ 早すぎて燕の形も何もありません。 とにかく捉えたまま。

あまり夢中になると、すぐ横を走る車にはねられてしまいます。
 
P3040190-1.jpg
P3040239-1.jpg
P3040167-1.jpg
P3040226-1.jpg
P3030997-1.jpg
P3040061-1.jpg
P3030896-1.jpg
P3030867-1.jpg
P3030865-1.jpg
P3030911-1.jpg
P3030986-1.jpg
P3030984-1.jpg
P3030917-1.jpg
P3030995-1.jpg
P3040088-1.jpg
P3040081-1.jpg
P3030823-1.jpg
P3030824-1.jpg
P3030831-1.jpg
P3030835-1.jpg
P3030812-1.jpg
P3030813-1.jpg
P3030816-1.jpg
P3030855-1.jpg
P3030773-1.jpg

◎◎ 次はパナの100-400のレンズの画像掲載します。






スポンサーサイト
【2016/06/26 00:08】 | イワツバメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もろもろ機材比較
撮影時期も時間も天候も違いますが、自宅からテストしてた時の同じ場所の画像があったので、ちょっと比較してみました。
上記のようなわけで全くのアバウトです。 いつものように三脚は使わないので、さらっと参考程度に・・・・・。

1DX2と7D2はRAWからですが、ほかは面倒なのでいつもJPEGしか撮ってません。
加工は加えてません。




P1050109-1.jpg


◎1DX2とロクヨン

1Dロクヨン (1)
1Dロクヨン (2)

◎7D2と100-400テレ端 640㎜換算

7D400 (1)
7D400 (2)

◎ GH4にOlympus300/4 600㎜換算

GH4オリ (2)
GH4オリ (1)

◎ GH4にOlympus300/4 テレコン 840㎜換算

GH4オリてれこん (1)
GH4オリてれこん (2)

◎ GH4にパナ100-400 800㎜換算

P3090220-1-2.jpg
P3090220-1.jpg







◎◎パナ100-400 換算200㎜

パナ100

◎ 1DX2にロクヨン 600㎜

1Dロクヨン (1)
1Dロクヨン (2)

◎ GH4にOlympus300/4 600㎜換算

GH4おり300 (1)
GH4おり300 (2)

◎ GH4にOlympus300/4テレコン 840㎜換算

GH4オリテレコン (1)
GH4オリテレコン (2)

◎ GH4にパナ100-400 換算800㎜

P3090205-1.jpg
P3090205-1-2.jpg


【2016/06/25 13:35】 | 機材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリンパス300㎜ 手振れ補正
手ぶれ補正は本当にすごいです。
E-M1でAFテストも兼ねて。 露出適当にスルー。

動画の揺れで気持ち悪くならないようにしてください。


【2016/06/20 22:21】 | 機材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリ 300/4 診察の合間に…ちょっとテスト
病院の玄関の上です。 患者が出入りしても眠ってます。

EM-1ですと手ぶれ補正は未知の世界です。これだけ強力だと高感度はそこそこでも使えます。

次期機種で高感度性能が上がって、この手ぶれ補正だと最高です。

【2016/06/19 19:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Mark II の動画サーボAFのピント追従 最高
FHDの120fps対応 しかもハイフレームレート動画でも動画サーボAFによる高精度なピント追従撮影が可能ということで
どこまでかなと思いましたが、もともとHS動画自体 2008年発売されたカシオのEXILIM PRO EX-F1に飛びついて以降
ほとんどの機種を購入してきましたが、どれもMFです。 HS動画以外の動画AFでもほとんど満足できるレベルではありませんでした。

 デュアルピクセルCMOS AF の70Dに動画で飛びついたときはもう一歩でしたが、 確かに今までの動画AFとは一味違って手ごたえを感じました。その後 EOS C100 に機能追加サービスで「デュアルピクセルCMOS AF」に対応した経緯があり、今回の動画サーボAFはかなり期待してました。

結論から言いますと、期待以上の性能で驚いております。 4K60Pも魅力なのですが、これはとにかくファイルサイズデカい!
しかも 自作したそこそこのPC2台も歯が立ちません。 ほとんどHS動画しか使いませんのであまり関係ないのですが、GH4より
AFがダントツに良いので、いざというときは使えます。 若干ボディが熱くなりますが、ヒートパイプの放熱は伊達ではないようです。

まだ使いこなしてませんので何とも言えませんが、、100-400の時はよいのですが、単焦点レンズの600/4であれ? という動きをします。
100-400の時もほとんどテレ端ですが、一度ピンを遠距離で外すと、被写体が何であれ 全くフォーカスしない状態が数秒間続きます。 どんな大きな被写体にもです。 これはまいりました。 結局対策はテレ端から一度マクロ端に戻してからズームしなおしです。
今まであまりこのような使い方をしたことがないので不便です。 静止画ではもちろんこのようなことはありませんのでとまどってます。
まあ そのほかがそれ以上ですので問題ないのですが。 4Kの切り出しもOKですし、静止画はあまり変化ない?というより以前の1DXのが良かったと思います。 静止画は適当です。今までも十分でしたので。  GH5の6KまでにはPCも考えなくてはなりません。


動画 相変わらず手振れで醜いです。 1080Pに変更してご覧ください。
100-400でイワツバメを追いかけまわしていましたが、フォーカスリングをめちゃくちゃ廻しすぎたせいか、全くフォーカスしなくなってしまいました。 AFは全然問題ないのですが、フォーカスリングが機能しません。 初めて修理対応になりました。





今までで一番のお気に入りの コンデジの動画です。手放せません。




【2016/06/04 22:08】 | EOS-1D X Mark II | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。