豪雨後の観晃橋下の復旧の様子
LUMIX DMC-GH4
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM EXTENDER EF1.4×III
換算 1120㎜ ME・MF
手持ちで1000㎜超えて手振れ補正ないと酷い映像になってしまいますので、スローを多用してます。

動画ではSSはできる限り 1/500秒以上だしたくないのでSS優先で露出をコロコロ変えてます。
フォーカスは多少ずれても露出のが大事です。
ファインダーに入れて露出替えながらフォーカス合わせはちょっと能力的に無理があります。
フォーカスが合わずボケがありますがこんなもんです。  それでもAFよりは見られると思います。
逆光での露出 鷺の白飛び? 背景有と空抜けへの変化 結構露出替えましたが今一です。

BGMも今一ですが、編集でいらついてくるので適当になってしまいます。

ミサゴのダイブの瞬間をスローで撮りたかったのですが、一度だけ横切っただけでした。








【2015/10/19 12:39】 | 2015/9/10水害 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
OLYMPUS OM-D E-M1 の C-AFとか

レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO いつもは1.4テレコンつけっぱなしですが、この日は外してます。

換算300㎜  328です。

●●真ん中の鉄塔にAFを合わせてますが、深度はかなり深いです。 このモードですと自動で絞られてしまうのですが

XA041073-1.jpg

●●3本目の奥の鉄塔にAF合わせても 同じように深度深い

XA041075-1.jpg

●●流石にこれですとバックはぼけてます。

XA041071-1.jpg

●●これもそこそこぼけてます。 飛びものでピンが来てるか多少参考になります。

XA041095-1-2.jpg

●● ここから C-AFのテスト  背景をいろいろかえて  ノートリと拡大画像です。

XA081153-1.jpg
XA081154-1-2.jpg
XA081154-1.jpg

●●300㎜ですのでトリミング前提でもそれなりに近距離でないと厳しいものがあります。

XA081168-1-2.jpg
XA081168-1.jpg

●● 前後に2本電線がありますが、捕まえてます。 ロックの設定は普通です。

XA081174-1-2.jpg
XA081174-1.jpg
XA081175-1.jpg

●●まったくの空抜け

XA081188-1-2.jpg
XA081188-1.jpg
XA081189-1-2.jpg
XA081189-1.jpg

●● トリミングのみ

XA081207-1.jpg
XA081216-1.jpg
XA081218-1.jpg

●● ちょっとうるさい背景

XA081195-1-2.jpg
XA081195-1.jpg
XA081230-1.jpg
XA081230-1-2.jpg
XA081233-1-2.jpg
XA081233-1.jpg
XA081234-1-2.jpg
XA081234-1.jpg
XA081240-1-2.jpg
XA081240-1.jpg

●● 水没した高さがわかるように暗くしましたが、この野球場 (釣り堀の近くなのでわかると思いますが)
1昨年の台風で始めて水が入り水没しました。この時10センチ位でしたが驚きました。
今回ネットの付着物でわかるように3Mぐらい水没してます。  驚きです。

XA081251-1.jpg


NIKON・CANONを使ってる方からするとまったくのお遊びのようですが、マイクロフォーサーズのAFだとかなり厳しいものがあります。
それでもこのEM1ですと100%とはいきませんが、そこそこ飛翔もOKです。

●●次に動画でのC-AF

EM-5とGH4でこの位小さい被写体ですとまったくAFは使い物になりません。MFになります。
EM1ですとご覧のように空抜けシーンでは ウォブリングの動きが激しく捕まり続けることはできますが、使い物になりません。
しかしこれだけC-AFが使えるのも脅威です。










【2015/10/11 10:00】 | 機材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
強風と逆光のミサゴ
先日怪我で救急車  現在通院中でだいぶ良くなって、大砲レンズも短時間なら手持ちOKですが
この日のように強風で振られる時は厳しく力が入りません。
気になっていた河原の様子を見に行きましたが、ふと景色が違うことに気づきました。
31年前に静岡県からこちらに来て、当初静岡の自宅が売れるまでこの河原の絶壁に立つマンションの
6階に住んでました。 小山の花火大会は目の前でしかもこのマンションの窓はパノラマでしたので
素晴らしい景色でした。 このマンションの下の河原沿いに大きな木が1本あり、小鳥がいっぱい四季折々で
止まってました。その下ではカワセミがダイブしてました。 聞くところによるとヤマセミもいたそうです。

前置き長くなりましたが、この大きな木が根こそぎ見る影もないのです。 恐らく根元から削られて流されたのでしょう。
車から降りてその場所で眺めていると、どぼーんと大きな音が・・・・   10Mもいかないところにミサゴが飛び込み
水しぶきが。  急いで車に戻り機材を持ち出しましたが、時すでに遅し 下流に飛び去ってしまいました。

この日は1時間ほどいましたが、何度も出没 計5回飛び込みました。
1度目 目の前 気が付かず眺めて終わり
2度目・3度目 逆光の中 遠くで豆粒
4度目 15M位近い場所の逆光 
5度目 順光 遠くで豆粒

午前中だと順光で最高ですが、もうじき通行可能になるでしょう。 いつもいっぱいの釣り人が一人もいないので
ミサゴにとっても環境は逆に良いのですが。


ということでほとんど逆光の撮影で、またまた空抜けのようなものばかりですがご覧ください。
現状体力的にこれ以上の画像は撮れません。

●●橋の下に近くなってきましたが、まだまだ侵入できません。

DSC01940-1.jpg
DSC01941-1.jpg
DSC01946-1.jpg
DSC01957-1.jpg
DSC01956-1.jpg

●● 逆光です。 揺らぎもあります。 豆粒画像

9B2A9643-1.jpg
9B2A9646-1.jpg
9B2A9647-1.jpg
9B2A9768-1.jpg

●● 少し近いところの逆光 AFがどうしても甘くなります。
9B2A9733-1-2.jpg
9B2A9739-1.jpg
9B2A9740-1.jpg
9B2A9746-1.jpg
9B2A9747-1.jpg

●● 腕も今一ですが、レンズを下に向け追うのはとてもつらいです。 もう少し時間がかかりそうです。
上に向ける分には怪我の場所に負担もかからないのですが。

逆光でしかもピンも甘いので今一ですが。

9B2A9999-1.jpg
9B2A9840-1.jpg
9B2A9778-1.jpg
9B2A9751-1.jpg
9B2A9753-1.jpg
9B2A9754-1.jpg
●● この画像の時は順光側です。

9B2A9936-1.jpg
9B2A9937-1.jpg

●● 太陽のすぐ横をオオタカが通りすぎました。

9B2A0025-1_20151009193810f7f.jpg

●● 順光側の近距離でしたので カラスですが 撮ってみました。

9B2A0053-1.jpg
9B2A0054-1.jpg

●● 順光側のダイブ 豆粒 証拠画像  道が開通すれば最高の場所ですが。

それにしても5回とも一度も成功してない?

9B2A9911-1.jpg
9B2A9912-1.jpg
9B2A9913-1.jpg
9B2A9916-1.jpg
9B2A9918-1.jpg


●● 鳶の絶好場所 
CANON EOS 7D Mark II   CANON EF600mm F4L IS II USM 

9B2A0064-1.jpg
9B2A0079-1.jpg
●● PANA GH4  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM テレ端

P2790059-1.jpg

●● OMD-EM1 40-150F2.8  テレ端

XA081132-1-2.jpg
【2015/10/08 19:30】 | 2015/9/10水害 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |