FC2ブログ



まず半完全AF化のご紹介です。
昔NIKON TC-16Aによる半AF化をご紹介して、AF-BORGなどと勝手に自分で名前をつけましたが、ご存知のとうり
実は完全なAFではありません。

今回はさらにAF化を進めて、完全ではありますが、半完全AFとでも表現します。


BORGにおいてのAF化は個人的には紹介しておきながら実際には全く使っておりませんでした。
というのは、どうしても余分なレンズをつけるのが納得いかなかったからです。
又、改造においてAF化できたとしても、本来の性能から落ちる改造は意味ないと思っておりました。

改造して終わりでなく、改造したもので実戦で使えないと単なる改造の遊びに終わってしまいます。
それはそれで楽しいと思いますが、私の場合
①トビモノで使えることが大前提
②ピントはドロチューブでもあわせる事が可能なこと(MFはどうしてもはずせない)
③AF-Sは全く使わないので、AF-Cで正確なこと
④三脚は一切使わないので、手持ちでOKなこと
⑤BORGの素の画像を落とさないこと

この上記5点がカバーできるものであれば実戦でも使いたいと思ってました。

今まで実際に使ってみて、全くトビモノには不向きな改造もありました。
次に∑の100-300(NIKON)ではいろいろAFレンズをつけましたが、最後は全玉抜きをしました。
しかし、ACクローズアップレンズの画質がどうしても気に入りません。
速さを求めてCANON 100-300USM を使いました。
これは早かったですが、画質の調整が面倒で全玉抜きに変更しましたが
ゴミ箱行きになりました。

今回のレンズは ●AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED●になります。

超音波モーターはトビモノではどうしても捨てられません。

これを全玉抜きしてBORGと直につなげて、一切のレンズは使用しませんので

画質はBORG素のままです。


■追加
分かりづらかったようですが、画像のように全玉抜き後、替わりにACクローズアップレンズ他の画質を落とす要素のレンズは一切かましてません。
完成後はこの画像からさらに、以前のレンズが装着されていたプラ部分も取ってしまいます。
レンズとドロチューブとの接続は専用の接続径変換リングを作成してネジでしっかりと止まります。





一応自分の理想としての①-⑤を達成できましたので、完全な状態ではありませんが
紹介いたします。



● D7000とBORG77EDⅡに装着したところ

DSCF0097.jpg
DSCF0095.jpg

●ドロチューブを引いたところ
DSCF0096.jpg

●ドロチューブとレンズの接続をはずしたところ
DSCF0098.jpg
●全玉抜きされた内部
DSCF0101.jpg
DSCF0102.jpg




では実際の画像です。
機材は D7000 55-200VR BORG77EDⅡ AF-C 建物のみ絞り優先 他ME露出




●川の上空をたまに飛翔します。 トリミング前の画像
トリミング前

●トリミング
DSC_0624トリミング参考
DSCトリミング参考

●かなり遠い距離でAFはどうか?
とおいケース

●上のケースでさらに厳しく背景ある場合は?
DSC_0595どこまでピント

●いやらしい背景があったときに背景抜けは?
DSC_0723難しい背景
DSC_0752背景抜けは?

●解像度は?
DSC_068470トリ解像度は

●一応定番
DSC_0542定番超簡単

●中くらいの飛翔トリ前
DSC_0452早い中間距離

●かなり遠い飛翔
DSC_0571小さく早い

●ACクローズアップレンズ№2装着した場合 周辺流れます。
画質もどうしても気に入りません。

DSC_0406レンズ2番
● 同じく№3
DSC_0383レンズ3番
●全くレンズ無しの状態

DSC_0500レンズ外す




いかがでしょうか?

AFの速さの表現は人それぞれ使っている機材の経緯・経験でも違いますが、各機種各レンズ使った経験では
400/2.8 300/2.8を 爆速と表現するならば、 600/4・500/4 かなり速い 800/5.6少し遅い
今回の改造例では 早い  こんな感じでしょうか?

この後書き込みます NIKONのTC-16Aとほぼ同等の速さといえます。

尚、参考に撮った画像には責任持ちますが、あくまでも改造例であり、改造方法の紹介ではありません。





ここから AFテレコンの個人的な使用感です。

●NIKON TC-16A●
昔、私が紹介したということで此方を薦めるわけではありませんが、とっくに生産終了になった商品なのに
現行商品である PENTAXの1.7AFAよりお勧めです。

最近紹介した 無ハンダでの改造と、以前のハンダでの改造については性能的には殆ど変わりありませんでした。

もちろん改造後は無半田のほうが信頼性はあります。

さらに何分にも古い商品である為、個体差というより前所有者によっての使用差があると思いますので

ハンダでの改造機は 個人所有したもの3個 他の方の所有のもの3個 計6個テスト
無半田での改造機は 半田の改造したものの再改造を2個 最初から無半田改造のもの2個 計4個テスト

ハンダと無ハンダでの改造の性能差は感じられませんでした。


AF-Cにおけるトビモノは問題なく、動作の範囲がPENTAXより狭いためか?背景抜けにはずば抜ける。
MFの醍醐味も十分味わえるので上級者向け?
トビモノには特に最適である。

D7000のAF性能の差か?一般レンズとの性能差は感じられず。

ちなみに77EDにACレンズ無しで直でも問題なく作動します。

●PENTAX 1.7AFA●

BORGファンの愛用はおそらく一番かと思います。
こちらについては新品で購入したが、一個のみでの使用感ですので個体差があるかもしれません。

まずびっくりするのはNIKONに比べて非常に音が大きい!!
NIKONがスースーススという表現だとすると、ガチャガチャガチャガチャと期待感が大きい。

PENTAX機は個人的には K10Dを最後にレンズともども売り払って使ってなかったのですが、一般レンズでは
AF-Cでもトビモノは普通に撮れた記憶があります。
動体予測は確かに素晴らしいとは記憶してませんが、このアダプターセット限定での動体予測は非常にお粗末です。

今回私もBORG用に K-5を購入した為、少し残念です。

おそらく所有して使われている方は感じられているはずですが、まずトビモノでなくとも
止まり物でもピントは定まりません。(AF-C限定での使用)
大袈裟に表現すると 動きっぱなしですので 合焦してシャッターを切っても
そこからさらにあわせなおしているので、シャッタータイムラグの関係でピンボケになります。
よって、NIKONのように一枚ではすまなく、止まり物でも数枚切っておかないと
ピンボケ量産です。 止まり物でもこんな感じですので、トビモノはさらに微妙にピントが
ずれているものが多いです。
もちろんトビモノを撮れない訳ではありません。

10枚連写しても2-3枚しか上記理由でジャスピンがありません。(あくまでも被写体が鳥限定、鉄道写真や航空機のような大きな被写体で平面が多いものは全く問題ありません)
NIKONでは10枚で悪くても7-8枚はOKです。
一般レンズではさらにアップします。

これは被写体の捕らえ方がはずれているわけではなく、しっかりと捕らえれば捕らえるほど
AF-Cが作動し続けますので、ジャスピン率は下がります。

テストで雨降りの中とかの厳しいシーンのほうがジャスピン率高かったのは
動きが鈍くなり、ピントが合った状態で動きすぎない為でありました。

さらに、NIKONよりも中のレンズの可動範囲が大きいため、背景抜けはかなりします。

リミッターの幅が大きすぎます。

個人的には実戦では使えません。 一枚一枚に信頼してシャッターを切ることが出来ません。
必ず数枚撮っておかなければなりません。

ちなみに77EDにACレンズ無しで直だと、動作は少ししますが実用レベルでは全くありません。
71FLでは直で問題全くありません。

 (追加) ライブビューでのAFアダプターは個人的には三脚使わないので関係ないですが
D7000の比ではありません。 アダプターでも早いですね。

●そんなわけでいろいろ考えましたが、私はBORG専用機としてはどうしても K-5のほうが好きです。
又、カメラの信頼感もD7000より抜群です。
結局 1.7AFAを装着して AF-Sの設定 シャッターはレリーズ優先にして、トビモノは
MFで使うことに決定しました。


もちろん NIKON TC-16Aは再度オークションで手に入れましたので、無半田で改造して時々遊んでみようと思います。

以上簡単ですが、かなり比較していろいろなシーンを想定して撮ってありますので、そんなことはないという方はどんどんコメントいただいて結構です。
もしかして私の間違った設定が見つかるかもしれません。

(追加)照準器等付けてる方は関係ないですが、付けてない方で素早く被写体をとらえようとするとき
今までは被写体の左方向を狙うとすぐにファインダーに入りましたが、D7000も同じです。

ところがK-5は違ってました。 ほとんど飛びものなのでどうしてもK-5がファインダーに入らず
おかしいと思っていたら、K-5は被写体の右でした。

同じような使い方をされてる方には非常に参考になると思います。


スポンサーサイト



 2010_11_29

10  « 2010_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アルバム

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:マツダ・トヨタ・ベンツ  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA 死去
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:1DXMⅡ・OM-D EM1Ⅱ・GH5・α9・α7RⅢ・α6500・PEN F・RX100Ⅵ 他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

掲示

当ブログ内のアニメ画像はけんぞうファクトリー様より許可を頂いて利用させていただいております。

kenzouファクトリー 有難うございます。


B
A
C
K

T
O

T
O
P