スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
E520とBORG77ED・125SD ちょっとアート的に・・・・
E520も使っているとだんだん慣れてきます。
少し雰囲気変えて露出遊んでみました。
縦位置も雰囲気変わります。

E520にBORG77EDと125SDです。白飛びしてないのが125SDです。


↓水面の写りが綺麗で気に入ってます。

9_20090928232136.jpg

1_20090928232315.jpg

2_20090928232322.jpg

3_20090928232330.jpg

4_20090928232342.jpg

5_20090928232351.jpg

6_20090928232402.jpg

7_20090928232415.jpg

8_20090928232424.jpg

10_20090928232431.jpg

12_20090928232442.jpg

13_20090928233125.jpg
スポンサーサイト
【2009/09/28 23:28】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BIRDER探鳥会に行ってきました。


DSCF4200.jpg
 Hobby's Worldの探鳥会ですので、私以外全員デジスコです。
一人だけBORGで参加してみました。 集合場所に着くと、先日白樺峠でお会いした方が数名・・・・
ご挨拶したらHobby's Worldの志賀店長さんでした。 若い!!!



皆さん デジスコのメリットデメリットなどより、本当にデジスコが好きなんですね。
BORGのスタイルは全く興味なさそうでした。



参加費 500円ですが、こんなものが頂いた袋に入ってました。

DSCF4219.jpg

チゴハヤブサのステッカー 気に入って早速車に貼りました。

77_20090927110055.jpg

金の蒔絵
これも立体感あっていいですね^^^; 早速携帯に貼りました。
気に入ってます。 これだけでも参加してよかったって感じ、単純です。
77 (1)

77 (2)



葛西臨海公園は 初めて降りました。
静岡生まれで30年海のにおいで育った人間には、この風景と潮のにおいはいい癒しです。


カメラが入院中ですので、ファインダーが苦手な、E520にBORG77EDⅡです。
バッグにつめてこんな軽く遠征できたら最高です。
換算1000ミリ

77 (3)

77 (4)
77 (5)
77 (6)
77 (7)

77 (8)

77 (9)

羽を乾かしてます。
77 (10)

100M先のイソシギ等をみなさん覗いてましたが、MFで毎日見てますので
大好きなカモメをひとりで追いかけてました。
場所が逆光でいまいちです。
77 (12)
77 (13)

普段MFでは撮れないバックでカモメですが、小さすぎ?
77 (16)
77 (17)
77 (18)

77 (19)
77 (20)
77 (21)

観覧車バックのチュウサギなんて とても見ることができません。新鮮です。
地元の方には、人工物バックなんて?という感じかもしれません。

77 (22)

77 (23)
77 (24)
77 (25)





さて、ここからがわざわざデジスコの探鳥会にBORGを持って一人で参加した目的ですが
NIKONのEDGの貸し出しです。
fsa-l2_02.jpg



EDG85で焦点距離 500-1750ミリ APS-Cだと 750-2625ミリになります。
ただF値がF5.9-F21ですのでこの辺のチェックと、カタログ上はフォーカスリングの位置
等、手持ちに撮影しやすそう。

これに、APS-CのD300とフルサイズのD700を持参して、試してみるつもりでしたが
現在入院中ですので、メーカー貸し出しの D5000にて試写させてもらいました。
ニコンビジョンの方はいつも思うのですが、商売っ気無いですね。

4台ぐらい用意してあったのですが、たったの5分です。
しかも他の方といっても、みなさん自分のスコープを持ってますので
殆ど使う方はいないのに・・・
D5000の設定がどうなってるかも確認できず、とりあえず三脚からはずしてもらい
使ってみましたが、D5000の重量がないので、バランス的に少し不安定ですが
いい感じです。
フォーカスリングの位置も手持ちの飛翔撮影にはいい位置です。
ところが、このフォーカスリングは実際に使ってみると、動きが悪い、動きが重い

後でカタログ見ると、粗動と微動がひとつのリングでできると書いてある。
もうすこし というより 最低の説明ぐらいして欲しいですね。
手持ちの時点で ひやかし? とでも思ったのかな?購入検討してるのに・・・。

で ファインダー 暗い、D5000のファインダーのせいか、EDGのせいか
嫌いなE520よりピントの山が掴めない。特にテレ端は厳しいですね。

この辺はD5000でしたので正確な比較できませんが、BORGで77で2.0テレコン
125で2.0テレコン E520で各々2000-3000ミリ これより暗いですね。

メーカーの方に言うと、高感度の設定かも? の一言!!
もっと営業しないと・・・・・・

結局
5分で次の方に渡しましたが、そのあとは使う方いなかったようですが
事前のメールで貸し出しの件言ってたのに、残念です。

画像はそんなわけで、どうにもならない画像です。
私の腕か?D5000か?EDGか? 参考程度に・・

ただテレ端は甘いですね。 それとSSが1/4000もでてるのにはびっくり?
ISOが自動の設定になってるのかもしれません。200-1600まで動いてました。

トビモノの微妙にピントが合わないのは、最近E520でも感じてるのですが
ピントがあった時点でシャッターを切っても、少しく遅いんですね。
D5000もタイムラグがD300よりあるので、一瞬間をおいてからシャッターが切れる感覚?
しかも連写でなく単写ですので、いままでよりピントが合う少し前にシャッターを押さないといけなかったかもしれません。

D5000-3.jpg
D5000-0.jpg
D5000-1.jpg
D5000-4.jpg
D5000-5.jpg
D5000-7.jpg

テレ端
D5000-6.jpg
D5000-8.jpg
D5000-9.jpg

EDGの実力は てなわけで 正確にはわかりませんでした。
ただ フォーカスリングを除いては、とても手持ちの飛翔用には使いやすかったですね。
もう少し重量があったほうが安定するかもしれませんが、D5000deno
バランスでしたので、これもなんともいえません。

【2009/09/28 10:02】 | BIRDER探鳥会 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ちょっと比較
BORG125SDではじめてカワセミ撮ってみましたので、以前の64画像と比較です。
BORGのHPのGF-1と125SDを見て思いつきましたが、既に高圧縮してしまった後ですので
画像が落としてあり残念。圧縮前の画像で比較すればよかったですね。元画像削除済みでした。


D300 600/F4VR

D30_0361_1.jpg

D300 BORG125SD

7-17.jpg
【2009/09/27 00:34】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こんなものを買ってみました。 便利です。


DSCF4187.jpg

DSCF4189.jpg

DSCF4191.jpg
f爪固定ガイド

トビモノ師匠より教えていただいた商品です。
とても便利です。

「説明文」
NikonのGタイプレンズは絞りリングがありません
この様なレンズは電子コントロール出来る最近のカメラで使う以外
絞りが最小絞りの状態になりニコンの旧型カメラや
マウントアダプターを使って他社製カメラで撮影が不可能です、
幸いニコンのGタイプレンズは絞りレバーが
マウント部分に出ており完全な電子コントロールではありません、
そこで、絞り連動レバーを固定することで
絞り固定で操作性が落ちますが
ニコンの旧型カメラやマウントアダプターを使って
他社製カメラで撮影できます、



微妙に絞りのコントロールが効きます。
お勧めです。


【2009/09/25 21:47】 | 機材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白樺峠 鷹の渡り その参 ハリオアマツバメ他


機材の故障は画像診断の結果、NIKONの技術と話しましたが、600/F4レンズにD300とD700を一緒にを送ることになりました。原因を特定する為とのことです。 それぞれレンズは再入院、D700は先月入院したばかりです。



当日はBORGを2本、ほかズームレンズも持参したんですが、少しでも山登りに軽くということで
峠まで持ち込まなかったのですが、猛禽で前から迫ってくるところは、一番BORGのドロチューブ
がお得意でしたので、今思うと残念でした。  鷹柱もズームで撮るつもりだったのですが・・・。



あと、当日100名以上の方が居りましたが、BORGの方は一人も居りませんでした。
ところがデジスコープは確認できただけで22名。殆どはカメラをつけてませんでしたが
数名はコンデジつけて、レリーズで撮ってました。
二刀流かと思いましたが、他に機材を持っておらずデジスコのみでした。

いろいろ後方から観察させていただきましたが、こんなシーンでメリットといえば運ぶのに軽いこと?ぐらいしか見ていて考えられないのですが・・・・どうなのでしょう?
デジスコファンのかたに怒られそうですが・・・。



こんな高いところで見る ミサゴ は初めてでした。

99.jpg

なんだ ノスリか?と いわれそうです。
99 (1)

綺麗な個体でした。
99 (2)

99 (3)

遠くですが、こんな雰囲気も良いですね。雄大です。

99 (4)

99 (5)

99 (6)

上昇気流に乗って旋回してます。

99 (7)

600/4ですので一部ですが、実際はかなりの数です。  短いレンズが良かったです。
ハチクマ とサシバ の大きさの違いがわかります。

99 (8)

99 (9)

次から次に湧いてくるようにでてきました。
ニアミスです。

99 (10)

99 (11)

99 (12)

99 (13)

99 (14)

99 (15)

真後ろに接近
99 (16)

99 (17)

99 (19)


ハチクマほどではないですが、サシバ もいろいろな個体があります。
99 (20)
99 (21)
99 (22)
99 (23)
99 (24)
99 (25)
99 (26)
99 (27)
99 (28)

空高く 燕です。 一羽わかりませんが、横切ったので。
99 (30)
99 (31)
99 (32)


ハリオアマツバメがでると聞いてましたが、突然後ろからシュッシュッと風切音がして
黒い大きいものが・・・・・数羽

なんと一度会いたいと思っていたハリオでした。 感激です。
とっさのことで感動して数秒で終わりましたが、何とかどんなのでも良いから
撮りたいな?と思っていたら、再度現れてくれました。

それにしても メチャ早い? 大きいから早く感じる?
600/F4なので、大きいフードが邪魔をして 両眼視ができません。
何とか執念と勘で追いかけファインダーに入れられた ハリオ です。

証拠写真程度ですが、初見・初撮りできたことに満足です。
一度ゆっくり挑戦したい被写体でした。
99 (34)

99 (33)

99 (35)


白樺峠を管理されている方々、本当に有難うございました。
元気でいる限り、毎年来たいと思います。
【2009/09/23 00:35】 | ハリオアマツバメ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
白樺峠 鷹の渡り その弐 ハチクマ編
大好きな猛禽 意気込んでいったのですが、上りきって機材を設置してAFボタンを押しても
一切動かず、真っ暗ではないが、ピンク色っぽい感じでファインダーが一色。
半年前ぐらいからNIKONにはVRがどうもおかしいと連絡していたが、画面が大きく揺れて
大きなレンズが動く音がしたので、おそらくVRがらみの不具合だと思う。

がっかりですね^^^: こんな本番で壊れるなんて・・・・。

とりあえずMFは効くので、猛禽なのであまり慌てることもなかったのだが
それでもなにかおかしく、10M位で撮ってみてもピントが来ない?
レンズがずれたままになってるのかもしれない?

他にも持参してたが、山登りは戸隠で懲りていたので、できるだけ軽くして600/F4のみしか
車からもってきてないので、ごまかしながらとることにする。



というわけで、それぞれ微妙に画像がおかしいです。
又できるだけ違った個体を載せたかったので、小さいものは等倍まで拡大しているものもあります。

この ハチクマの 体の色のさまざまな変異をできるだけ載せました。  クロスズメバチが好物と 謎の多い鷹ですが
サシバよりはずっと大きく迫力満点ですね。

2日間で400個体以上出たのですが、111個体撮ってました。(できるだけサシバはやめて
ハチクマのみ狙ってました。)



ほぼD700 一部D300 600/F4VR 三脚に載せとき、現れると同時に 手持ち。
手持ちでないと真上を通過する所は撮れないですね。
さすがに私以外にも数人 500・600で 手持ちしてました。




中間型♀ 成鳥
7 (21)


中間型♀ 成鳥

D70_2413-0.jpg

中間型♂ 成鳥

7 (19)

中間型♀ 成鳥

7 (20)

中間型♂ 成鳥

7 (18)

中間型♂ 成鳥

7 (17)

中間型♂ 成鳥

7 (16)

中間型♂ 成鳥

7 (15)

中間型 幼鳥
7 (14)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (13)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (12)


暗色型 幼鳥

7 (10)

中間型 ♂ 成鳥

7 (11)


中間型 ♀ 成鳥


7 (6)

中間型 ♂ 成鳥

7 (7)

中間型 ♂ 成鳥

7 (8)

中間型 ♂ 成鳥

7 (9)

中間型 幼鳥
7 (22)


7 (23)

これはずいぶん そのう が膨らんでました。
真上を通り過ぎて再度右横に戻ってきましたが、食事をしてきたみたいです。

7 (24)


7 (25)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (26)

中間型 ♂ 成鳥

7 (27)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (28)


中間型 ♀ 成鳥

7 (30)

中間型 幼鳥
7 (31)

淡色型 幼鳥

7 (32)

淡色型 幼鳥

7 (33)

淡色型 幼鳥

7 (34)

淡色型 ♂ 成鳥
7 (35)


7 (36)

淡色型 ♀ 幼鳥

7 (37)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (38)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (39)

暗色型 ♂ 成鳥

7 (40)

中間型♀ 成鳥
7 (41)

中間型♀ 成鳥

7 (42)

中間型♀ 成鳥

7 (43)


中間型 幼鳥

7 (46)
【2009/09/21 08:28】 | ハチクマ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
白樺峠 鷹の渡り その壱
白樺峠に行ってきました。
一番心配の天候もまずまずで、初日は目的のハチクマが今秋最高の出となり
翌日はこれまた一番の渡り数となり、次から次に湧いてくる鷹に、鷹柱、アオバト
・初見のハリオアマツバメと最高でした。

猛禽の師匠と先輩、仕事が忙しく来られなかった鳥友・あと遠くて来られない鳥友
・ブログ友用に少し詳しく書いてみました。


それにしても何時行っても長野は気持ちよいですね。
息子の嫁さんが長野というわけでもないのですが、今回もとても楽しく気持ちよい遠征になりました。
長野県人 万歳!!です。



スキーで有名な野麦峠途中の野麦街道トンネルを通ります。

DSCF4028.jpg

私は方向音痴なので、NAVIを2台見ながら行きますが、それでも迷います。

DSCF4032.jpg

スーパー林道入り口です。数年前に松本市に合併されて、有料から今は無料になりました。
人件費のが高いそうです。 そのまま素道りします。

DSCF4114.jpg


かなり狭い林道を登ります。ハマーで心配でしたが、上からおりてくる車両はなかったので
良かったです。 大好きな 吉田拓郎 をがんがん聞きながらワクワクです。
到着すると車がいっぱいでした。ここの横から上りますが、直ぐ下に広いPがありますので
安心です。

DSCF4115.jpg


峠の頂上まで普通15分ほど上りますが、持病もちの私には地獄です。
10M歩いては休みます。30分以上かかりました。

DSCF4091.jpg

DSCF4089.jpg

到着です。見事に整備されてます。松本市か長野県?  感謝感謝です。


DSCF4073.jpg


DSCF4080.jpg

店小屋もあります。

DSCF4076.jpg

広場後ろです。 小屋が3棟あり、とっさの雨もOK
午後から太陽は後ろに来ますので、順光になり、最高です。 

DSCF4082.jpg

上り口にもトイレはありますが、ここにも設置されてます。
至れり尽くせりです。

DSCF4078.jpg

有料ですが、ここを整備していただいてることを思うと、当然です。
管理している方は大変かと思います。

DSCF4079.jpg

みなさん、しっかり長袖と防寒着を着てますが、持病持ちの私は汗びっしょりで半そでです。
ずいぶん頭が薄くなりました。

DSCF4067.jpg

広場の上の近辺です。

DSCF4063.jpg

中間地点 段々になってます。
腰掛も用意されてますので、椅子を持ち込まなくてもOKです。

DSCF4065.jpg

おくに松本市が見えます。 壮快です。 左側から現れます。

DSCF4057.jpg

マナー違反になってしまいますが、ロースカツ弁当とレバにら炒めにむすび2個
さらにチュウハイのロング缶 酒飲みですみません。

DSCF4034.jpg

ここらで一枚だけ整理したハチクマです。


風切の横斑が目立つがずれており、翼先はつぶれてなく綺麗に横斑、さらに虹彩が黄色ですので 中間型成鳥 ♀ ですね。 ハチクマは♂・♀・幼鳥の区別はできるが、色彩がバラエティに富
いろいろな個体が撮れました。 整理ついたら載せます。 とりあえず一枚です。

D70_2413-0.jpg

いつものように独りになりました。
3:30には全員帰りました。 2人の管理人さんがいろいろ明日のために整備されてます。
4時ごろ ミサゴ が直ぐ上を通りました。
いささか寒くなり上着を着ましたが、それでも寒く、5時で帰りました。

DSCF4085.jpg

ネットでできるだけ近い宿泊場所を探して、本日はここに止まりました。
貸切でした。 温泉にしっかりつかって、いっぱい飲んで早めに寝ます。


DSCF4100.jpg

翌朝起きたら、青空と思ってたのにこんな感じです。
ガスってるんですね。ここも標高1600Mとのことで、直ぐに抜けて快晴でした。
貸切でゆっくりと朝食のあと、コーヒータイムです。

DSCF4101.jpg

乗鞍が見えます。

DSCF4108.jpg

眼下のPにも私の一台だけです。

DSCF4111.jpg

2日目 広場付近  女性は私の連れではありません。一人旅です。

DSCF4116.jpg

もういっぱいです。速報の管理人さんから聞いたら、5:30頃から皆さん来るが
一羽二羽は飛ぶが、9時ごろからが殆どなので、早く来る意味がないとの事です。

DSCF4123.jpg

今日は日が強いので、びしっと決めました。

DSCF4124.jpg

素敵な女性が声をかけてきてくれて、頂きました。
怖そうだったが目が優しかったので・・・と。
このあともう一人の素敵な女性からも声をかけられ、握手されました。
テンション上がる。

DSCF4135.jpg

DSCF4132.jpg

帰り下りて来る間に3箇所のダムがありました。
走っている車の中からなので、みずらいです。
DSCF4168.jpg

DSCF4176.jpg

DSCF4180.jpg

DSCF4184.jpg
【2009/09/19 10:38】 | 白樺峠 鷹の渡り | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ただいま 白樺峠 から下山して ホテルにて
本日は 撮りたかったハチクマが今期一番でした。

明日はどうでしょうか? 天気はよし!

帰ったら載せます。
【2009/09/16 19:45】 | 鷹の渡り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コンデジ直焦点改造機で 2100ミリF2.8の威力は?
タイトル見るとびっくり? 600/F4 800/F5.6 どころか 約2100/F2.8です。
この改造機を 気まぐれ探検隊の隊長  さんよりお借りしました。 隊長さん 有難うございました。

これに300/F2.8をつけて、 約7倍強の 2000/F2.8のモンスターになります。
前回までのデジスコと違い、直焦点ですのでしっかりSSがでます。
手持ちでトビモノ撮影には最高かな!!

今までトビモノでテストしたのは、BORG125SDに1.4テレコンを装着して
E-520にて2000ミリ強で使いましたが、これはテレコン装着の長さ分私の腕の長さが
足りなくなり、ドロチューブを伸ばしきれませんでした。

さらに今回はこのコンデジ直焦点改造機にBORG125SDをつけて約5300ミリの世界も試してみました。
動画は前々回載せました。

この日は快晴でしたが、カラスと遠くのアオサギのみでカワセミどころかコチドリも
イソシギも現れませんでした。(翌日の本日はオオタカ・カワセミ来てくれた 残念、もう少し借りてればよかった)


以前カシオから EX-F1が発売され、直ぐに購入しましたが、(ブログの最初の頃に乗せてあります。)書き込みに25秒ぐらいかかって、これは使えないな?と 直ぐ売却してしまった経緯がありますが、連写は30枚/秒ですが、5秒ぐらいと非常に早くなってました。

実機は露出がいまひとつですが、105/F2.8マイクロで使った感じが焦点距離的には
楽しく面白そうです。

もう一台古い機種ですが、サンヨーのMZ3の直焦点改造機 これは200万画素で連写15/秒
ですが、画像的にはとても良かったですね。
こんなコンデジが昔はあったのですね。

これは70-200/F2.8を装着 500-1400/F2.8となります。
私の一眼の手持ちでの撮影では、カメラを限りなく額に押し付けてぶれないように撮りますが
この機材ですととてつもなく軽い為、一工夫が必要でした。
三脚座を画像のように右位置にしてがちがちに押し付け軽さをカバーします。
フォーカスリングの位置がトビモノのすばやい対応には非常に大事で
70-200では手前過ぎて使いづらかったですね。

IMG_0343-000.jpg
IMG_0335.jpg
IMG_0337.jpg


以前と同じテスト場所です。
5300ミリ 125SDです。 止まり物 すごいです。
ただし、連写の2コマですが、画像のようにひどく湾曲してます。
電子シャッターが原因のようです。 
CIMG2967.jpg
CIMG2969.jpg

これは300/F2.8で 2100/F2.8になります。
とにかくSSは3000ぐらいすぐでますので、手持ちにおいてはデジスコとは雲泥の差があります。



CIMG3394.jpg

MZ3の画像です。 BORG125SDで 約3000ミリです。
この画像にはびっくりです。

SEQT0101.jpg

画像が少ないですが、この日数ヶ月ぶりにMFで鳥友Tさんとお会いして
歓談していた為、物足りないですがこれだけです。

いろいろ使い勝手に問題ありますが、通常のコンデジと違う表現ができる
直焦点 魅力的な世界です。
【2009/09/15 00:43】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
駅前の当社の目の前で・・・・
半月間ほど夕方から毎日カメラを抱えて、当社の前でコウモリを狙ってます。
6時ごろから結構な数が飛び出します。
新幹線の止まる駅前なので交番の警官が来ないか気にしながら、しかも顔が知れてるので
皆さん通行人が笑いながら見て行きますので恥ずかしかったのですが
最近はみなさん撮れましたか?と声をかけてきます。

D700でISO3200まで上げて200ミリ・328・77ED・125SD フラッシュたいてみたり
なかなか撮れません。 暗いので追う事ができず、電灯で距離を決めて、勘で
シャッターを切る こんな感じです。
昼間のコウモリはよく撮ったのですが、さすがに夜は動きが早いです。
燕より難しい。

その後、サシバ・チョウゲンボウがこんな駅前に来て狩を始めました。
気になって仕事などしてられません。
半月間の記録です。
青空に見えるものも下手なレタッチでコウモリを持ち上げて修正しましたので
画像は汚いです。

あくまでも、記録としてごらんください。


こんな状態です。
D70_9601.jpg

D70_0213.jpg

SS1/30当然ですがこのSSでは、消えそうです。
30秒
ISO3200に上げて200ミリでフラッシュを
D70_9621.jpg
D70_9875.jpg
D70_9905.jpg
D70_9624.jpg

3000ミリで
CIMG3538.jpg

昼間の青空のようですが、真っ暗なので、露出を上げてレタッチで何とか浮かび上げました。
D70_0180.jpg
D70_0170-1.jpg
D70_0133.jpg

今年 川で生まれた サシバの3兄弟もコウモリを狙って夜になると現れます。
D30_0019_20090914004424.jpg

こんな感じで今度はチョウゲンボウの若が、18:00頃に毎日やってきます。
ここからスクランブルをかけます。
D70_9693.jpg
D70_9793.jpg
7階建ての屋上です。豆粒
D70_9687.jpg
BORG125SDです。
125SD_20090914004524.jpg
チョウゲンボウは狙いは鳩です。 暗闇なのでレタッチしてますので画像は汚いです。
D70_0247.jpg
D70_0242.jpg
D70_9767.jpg

実際の雰囲気はこんな感じです。
CIMG3469.jpg

いっせいに 鳩が飛び立ちます。 チョウゲンボウは泣きながら追いかけますが
毎日うまく狩りができません。 当社の前で追い掛け回します。
D70_0073.jpg
D70_0078.jpg
D70_0255.jpg

本日羽根が・・・
CIMG3447.jpg

当社の目の前に、首のない鳩が、全身は骨だらけです。
成功したようです。
CIMG3395.jpg
【2009/09/14 01:27】 | コウモリ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
BORG125SD を コンデジで 5250ミリ 動画
前回のデジスコがいまいちだったので、本日はコンデジの直焦点改造機をMFに持ち込み
テストしようとしましたが、あいにく小雨模様の天候でしたので、動画で少し遊んでみました。

125SDをつないで、換算5250ミリ

350M先のアオサギを撮ってみましたが、さすがに手持ちではブレブレで視苦しいです。
とはいえ、結構満足できるものでした。
明日から詳しくテストしてみます。

[高画質で再生]

BORG125SD 5250?

[広告] VPS
【2009/09/13 00:46】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久し振りに 600/F4VR 接近画像
来週は遠征で 鷹の渡り に行きますので、久しぶりに600/4で いろいろ確認です。

D300に素は絞り開放からOK
TC-14EⅡを装着すると、F8まで絞らないと使えません。 
一番使いたいTC-17EⅡは絞ってもいまいち許容範囲外です。

D700も天気悪い時、快晴でも夕刻の時 どうしても出番が来ます。
素では同じく全く問題なし
TC-14EⅡで1段絞ってOK
TC-17EⅡはF8でOK(どのレンズもD300とD700は同じような結果です。)
フルサイズとAPS-Cの違いか? EOS-7Dが入荷したら比較してみよう。

結局もう少し距離が欲しいが、快晴なら
①D300にTC-14EⅡ 換算1260ミリ
それ以外は
②D700にTC-17EⅡ 換算1000ミリ  決定

本日の画像は②でできるだけ迫ってみました。
BORG125SDと比べてどうでしょうか?
結構検討してます。 少しトリミング。

絞りF8 ISO800と400 手持ち

D70_0476.jpg

D70_0479.jpg

D70_0505.jpg

D70_0500-0.jpg

D70_0482.jpg
【2009/09/10 23:20】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
久し振りに BORG125SD


夏場はとても持ち出す元気がなかったのですが、だいぶ秋めいてきたので、久し振りに
125SDを持ち出して、このところ良く見かけるカワセミのホバでもたまに撮ろうと
気合を入れていきましたが、なんとこの夏一番の暑さとか?
タオルを川に浸して、頭に被って何とか3時間ほど撮影。

近くに来てくれるよう、これまた久し振りに止まり木を建てて待ちましたが
近くで釣り人がうろうろしているせいか、本日は一度も現れませんでした。






KOWAのカタログの [オジロワシ] 風 カラス

D30_0111_20090909003951.jpg

ハクセキレイの若
D30_0090_20090909004006.jpg

トビモノ好きな方はご存知の、セキレイの二羽の飛翔 早いのと、動きが予測できない。
BORG125SD 手持ちで追うのは きついです。

D30_0027_20090909004139.jpg

D30_0047_20090909004145.jpg

D30_0048_20090909004151.jpg


水浴び後のホオジロと 簡単な横飛び出し。

D30_0053_20090909004158.jpg

D30_0058.jpg

止まり木立てて見ましたが、明日以降に期待。

D30_0089_20090909004212.jpg

暗いところにイソシギ。

D30_0005_20090909004221.jpg


久し振りに カイツブリ

D30_0018_20090909004227.jpg
【2009/09/09 00:51】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ショウドウツバメの渡り
昨日は快晴の中、店舗の草刈をやりました。
昨年建てたときは、当店が畑の中にぽつんと1件だけでしたが
先月までに全て住宅で埋まってしまいました。

建てて直ぐに、裏のトイレの窓を割って、泥棒に入られましたが
もうそのようなことはないと思います。

しかし、ご近所から草がこちらに入ってきてると、苦情が入っていましたので
この時期シルバー人材を頼んでもいっぱいなので、私がシルバー人材の代わりで
廻りの草刈をしてきました。

一時間で終わって車に乗って帰ろうとすると、店舗の上にサシバが・・・・
間に合わないので車の天井をあけて撮れた画像です。

その後、久し振りにMFに行ってみると、ショウドウツバメの大群が
上空を通っていきました。
渡りの途中かと思います。
一枚を大トリミングしてみました。

D30_0007_20090908093557.jpg

D30_0011.jpg

D30_0092-0.jpg

少し絞ったほうが良かったですね。

D30_0129_20090908095535.jpg


D30_0115_20090908095542.jpg

カラスがダイブしてました。 2度目はすれすれで行ってしまいました。
D30_0135_20090908095444.jpg

こちらに向かって飛んできました、じろっと見て飛び去りました。

D30_0140_20090908095458.jpg

D30_0141_20090908100130.jpg
【2009/09/08 08:25】 | ショウドウツバメ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORGでのデジスコ終了 次は機材を変えて

本日眼視状態のLV-25に直付けして 一昔前のP5000・G9・Fx100 最新のF200EXR
 計4台で検証してみました。 最終 光軸の問題かと期待していたのですが
どの機種においても、この数日間の検証結果と同じでした。

この機材でもうやりようありませんので、終了。

次は レンズの玉抜き直焦点 コンデジでの検証をしたいと思います。

この場所で翡翠がたまに遠くに来ますが、328をもってきましたので
トリミングでどの程度撮れるか、久し振りに遠くのホバをとって見ました。


カワセミは70-100Mぐらい先 ミサゴと書いてあるのは
いつものMFです。 この場所からは800M以上あります。

DSCF4018.jpg


等倍してもこの大きさです。
今秋 初の ミサゴのダイブです。 猛禽楽しみになってきました。
D30_0294.jpg


画像は昨日のデジスコよりしっかりしてますが、300ミリトリミングしても小さい

328-0001.jpg


5回場所を変えてホバしました。  遠くて小さすぎて、AF全く掴みません。
大トリミングしてこの画像  よく見ないとわかりません。

328等倍-1jpg
328-07.jpg
328-09.jpg
328等倍
328_20090907005348.jpg

少し大きめ  カワセミはたまに撮っても同じような動きばかりです。

328-08.jpg
328-04.jpg
328-05.jpg
328-06.jpg


結構近くを飛んでくれました。
2枚目は前詰まりになってしまいました。

328-02.jpg
D30_0041_20090907005723.jpg
【2009/09/07 01:02】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG77ED デジスコと 一般レンズのトリミングとの比較 画像
∑150-500のテレ端で撮り、トリミングしてます。
デジスコいささかひどいので、本日レンズ間クリアランスの調整テストしてみました。
レンズエラーになるぎりぎりから、10ミリぐらいまでの間を、5段階ぐらいでテスト。
少しコントランス良くなった感がしますが、まだまだひどい画像です。

この機種でデジスコやるわけではないので、明日再度最後のテストしてみます。

眼視では、先日KOWA884とNIKON EDG85の眼視をしてきましたが
77EDでも非常にクリアです。

最後LV-25か15に直接押し付けてどんな画像になるか撮って見ます。
SD-1Xの部分がどうもがたがたして軸がずれてしまう感じがします。
原因が光軸のズレなのか確定します。



まず∑ 150M位でのトリミング

1 (1)

デジスコ マクロ側

1 (3)

デジスコ ピントもいまいち、解像感も全然
1 (4)


∑の大トリ
1 (5)


50M ∑ トリミング
1 (6)

ここからデジスコ マクロからテレ側に
1 (8)
1 (10)
1 (9)

180M先 ∑トリ

1 (11)

デジスコ
1 (12)

130M先 ∑から
1 (13)

デジスコ マクロ側から 
1 (14)
1 (15)
1 (16)


ここから下はデジスコのみの画像です。
当ブログの良いところは、いい画像だけでなく、ひどい画像も載せるところです。
という 言い訳でもしないと・・・・ ひどいですね。


鯉ですが、跳ねた瞬間ですが、応答速度?ここまででの反応です。
1 (17)

3500㎜ぐらいでのホバですので、これは対応してファインダーに入れただけでOK.
SS1/55 手持ちでこの距離で解像するわけがない。

1 (18)

90M先とはいえ、ひどい画像ですね。

1 (19)

120M先 これではつかえません。

1 (20)
1 (21)
1 (22)

SD-1XとD5000のわずかなガタを押し付けながら撮りましたが
これは 及第点 ではないか?


1 (23)
1 (24)
1 (27)

この人が毎日来るので、翡翠が行ってしまいます。
仕方ないですが・・・。我慢我慢!!

1 (29)
【2009/09/05 23:40】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG77ED デジスコと 一般レンズのトリミングとの比較
77EDとお手ごろな∑150-500のテレ端での画像比較です。
デジスコの画像はそのままで一般レンズの画像のみトリミングして
デジスコ導入のメリットあるのかテストしてみました。

画像整理できたら載せます。

ところでまだテストして数日ですが、一番の疑問ですが
デジスコでトビモノをやられている先輩方は三脚使ってるのでしょうか?
三脚だと被写体が限られてしまいそうですが・・・

あとこれも疑問  飛翔シーンでのピント合わせですが
どうしていいかわからないので、AFロックしてマニュアルでピントを追い込んでるのですが
一眼レフと違いピントの山は掴みにくいし、応答速度は遅いし
一眼レフでAF-Cで追っていても、シャッタータイムラグがあるというのに
コンデジで上のやり方だと一眼レフでAF-Sで追っているようなもので
正確なピント合わせなどできないのではないか? という疑問です。
ジャスピンなんて理論的にはまぐれでないと撮れないような?

あと照準器に入れながらファインダーを見ないで追い という方法も
現実的にできますが、ある程度置きピン等でないとピントがこないのではないか?
カワセミのホバ(トビモノといえるか?)などには非常に有効だと思いますが・・・

ここまでしてコンデジのデジスコしても意味ないしな・・・と感じてます。
それとも他に何かとてつもない 技 があるのかな??

皆さんどうされてるのでしょう???? 
【2009/09/04 10:23】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG45EDⅡ LV15 P5000デジスコ画像
まず45ED軽すぎぶれやすい、今回2000ミリ程度でのトビモノテストなので
かなり距離があるものをどこまで撮れるか? ほぼノートリですので
小さい画は距離がかなりあります。
照準器がないとトビモノは無理です。 ホットシュー対応の照準器ですと
トビモノは両眼視でないと2000ミリは対応できませんので、工作してます。
完全な手持ちですので、連写できず全て画像は単写です。

露出関係は今回後回しです。
AFは合掌しませんので(P5000の能力?)AFロックかけてヘリコイドで調整です。
急なピンと合わせはBORGのヘリコイドでは全く対応できません。
目はかなり良いほうですが、ピンボケばかりです。
応答速度が遅いので当たり前でしょう。
シャッターを切った後書き込みのため実像が消えてしまいますが
左目の照準器で追うしかないのですが、1眼レフに比べ何とマイナスな事か?
連射して数打ってたまたまジャスピンがまぐれであった!!
こんな感じでないとこのP5000では無理かな?
そんな感じでの画像です。

手持ちでのブレは気になりませんね。
とりあえず手持ちは可能OKです。

120M先 トリミング  デジスコでないほうが、トリミングしてm簡単なような??
この鳶の1枚目はデジスコ画像ではありません。

120の1000ほぼぴくせる


DSCN5141.jpg
DSCN5142.jpg
DSCN5143.jpg
DSCN5140.jpg
DSCN5144.jpg
DSCN5388.jpg
DSCN5376.jpg
DSCN5426.jpg
DSCN5510.jpg
DSCN5527.jpg
DSCN5555.jpg
DSCN5557.jpg
DSCN5590.jpg

番外編 ヘリ
DSCN5217.jpg

この画像が鷺を追っていて急に来た猛禽ですが
ヘリコイドの重さと回転が追いつきません。
よってこんなオオボケニなってしまいますが、とりあえずシャッターを切った画像です。

DSCN5341.jpg

無理を承知で、真っ暗な中 コウモリを追ってみました。

DSCN5654.jpg

燕ですが、これが撮れないと導入の意味がないのですが
この機材では無理です。
ただ2000ミリで燕を追っても意味ないので(長くても1000ミリ以下)
とりあえず追うのは問題ないと言う事で・・・
DSCN5497.jpg

ここから止まり物ですが、2000ミリ前後です。
前回BORG125SDですが、このときはかなりトリミングしましたが
同じ距離でほぼノートリです。
できるだけ動きのあるところを狙って撮りました。
このくらいの動きは対応できそうです。
シャッターを切るのを一眼レフより気持ち早めに押すとOKです。
それにしても画像はいまいちですね^^^^^。

DSCN5045.jpg
DSCN5078.jpg
DSCN5328.jpg

キジバトの飛び出しも 瞬間に対応できましたが、それでもここまでです。

DSCN5334.jpg

DSCN5158.jpg
DSCN5196.jpg
DSCN5256.jpg
DSCN5259.jpg
DSCN5289.jpg
DSCN5364.jpg
DSCN5369.jpg
DSCN5370.jpg
DSCN5400.jpg
DSCN5383.jpg
DSCN5397.jpg
【2009/09/04 10:22】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日からBORGデジスコ 手持ち飛翔テスト
IMG_0301.jpg
IMG_0296.jpg


2000ミリ前後中心に、手持ちでトビモノのテストしてます。
この距離ですとわずかの動きで被写体がモニターから消えてしまいますので
手持ちですと当然連写はできません。
単写のみです。

前回ファインダーが命と書きましたが、デジスコでの
トビモノに特化すると、ファインダーは二の次ですね。

実戦で使ってみると照準器 命 でした。

今日は曇りの中 BORG45EDでLV15でテストしてみましたが
軽すぎることを覗くと、快適ですね。

すこし涼しくなったら今度は BORG125SDで デジスコしてみようかと思います。

本命のデジスコは2種類に絞りましたが、まだ決定ではありません。
もう少しテストして使い勝手を見ます。

NIKONのEDG85は落選しました。

それにしても CANON 7D 良さそうですね。
購入しようかと思ってます。
動画が5D Mark IIより良くなってるようです。
ミミズクの動画と静止画最高ですね。
コーデックが変更になった?ようで気になります。

本日のテストの画像は後ほど載せます。

それにしても画像全然許容範囲までも行かないのだが
BORGとLV15・25相性悪いのかな?
単写では駄目?数打たないと駄目?
止まり物は先輩方の画像が信じられない。


防湿庫に眠っていたのを今回使ってみたが
意外とこのテレコンいいね。
IMG_0304.jpg

BORG45は極端に軽すぎる事、さらにヘリコイドがトビモノでは(2000ミリ)全く使い物にならない。
もっと軽く可動が大きくないと駄目ですね。
ということで、ドロチューブのピントあわせだと、この辺解消できるので
77EDで バランスも少し重くして、再度使ってみます。

IMG_0307.jpg
IMG_0305.jpg
【2009/09/04 10:21】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
デジスコのメリットデメリット 必要性は?
今回単純にデジスコの超望遠での画像に魅力を感じて、手に入れたいと思い
10日間ほど試行錯誤しました。
以前BORGを導入した時にデジスコ・ビデスコの部品も購入していたので
早速いろいろ試してみました。

もともとは1ヶ月ほど購入時使ったのですが、とにかく当時は頭の中で描いていた画像が
映せず、しかも三脚にレリーズ等々、今考えると頭がおかしくなってしまう構成で
それでも究具等導入したり、自作でブレ防止のステーを作ったりしましたが
難しすぎて簡単な手持ちで直焦点・一眼のスタイルに切り替えた経緯があります。

NIKONのEDG85に興味を持ちさらに一眼用の新製品も発表されたので
この機会にデジスコの世界に入ってみようと迷っておりました。

ふた昔前のP5000を持ち出し再度いろいろ再確認しました。

但し あくまでも三脚使わず、手持ち撮影で(当然ケーブルレリーズなし)
コンパクトデジカメでも一眼でもよいが 飛翔が撮れる事を前提です。
最初のみ自宅で三脚を使い(地面からのブレの為)ケーブルレリーズで
最大限ブレの解消をして、テストもしました。

デジスコの先輩方からすると、全くの初心者ですが、初心者なりに
気づいたことを書いてみます。
おそらく当たり前のことだと思われますが、今後の導入のアドバイス頂けると有難いです。

***事前にアドバイスをいろいろ頂いた方、有難うございます****



テスト画像は数日前から載せております。
結論から述べますと、このBORGのシステムでは、直焦点のメリットを
上回るデジスコでの(コンパクトデジカメ)メリットが見つかりません。
(コリメート・リレーレンズとも)
当然数年前のシステムですので、現在のシステムではかなわないと思いますが・・・。

●デジスコ(一眼以外)でのメリット
①軽量・コンパクトである
②焦点距離が長い 

このくらいしかでてきません。
●デジスコ(一眼以外)でのデメリット
①F値からするほどSSが出ない
②高感度が弱く同じくSSが出にくい
③とにかく設置が面倒 (この辺は使い方で微妙?)
④連写性能が劣る(一部機種F100除く)
⑤連続撮影枚数が劣る(全ての機種でないが)
⑥タイムラグがあり飛翔以外止まり物でもシャッターチャンスが劣る
私が初心者のせいか、止まり物の意図した表情を撮りたくても連写して
たまたまその中に写っていたという感じでしか無理?
⑦飛翔は先輩方の撮られている画像を拝見したが、一般的には
止まり物専用。 カワセミのホバなどでは意図した画像が撮れると思うが
燕などの飛翔は市販のデジスコでは撮れないことはないが、あえてデジスコで
撮る理由がない。腕より技という感じ?
一眼の予測して撮れる飛翔画像と、何とか予測できる飛翔画像が撮れていた?いがデジスコ。
⑧飛翔撮影には一般的にはファインダーが命です、一眼のファインダーからすると、雲泥の差があります。
本日液晶フードで飛翔を撮ってみましたが、これですと一眼の感覚で両眼視で追うことができ
楽しかったのですが、ピントの山はある程度勘ですし、シャッタータイムラグが遅いので
ファインダーに入ったら直ぐに押さないとはみ出してしまう。これは慣れればOKだが・・・・
⑨光軸が狂いやすい(最新では関係ないかもしれないが・・・)
⑩テレ側は当然ですが甘く、思ったより高倍率は通常では使えないかも?使いにくいかも?
基本やはり近くで撮らないといけない?(デジスコのデメリットではないが・・・)


いろいろ書きましたが、何度も繰り返しますが、P5000という古いカメラに、正立プリズムも
EP-1はダハでなくポロⅡ型ですがBK7と、おそらく高価なものからすると劣るのではないか?
又手持ちで微妙なぶれも出てると思います。
ただP5000のマクロ以外はどうもAF精度が甘い?AFロックでMFで可能な限りピントを
追い込んで撮ってるのだが、テレ側になると甘あまです。最新のはどうなんでしょう?
P5000素及び専用テレコン3.0Xではジャスピンなのだが・・・・

ホワイトバランス・露出の調整は直焦点でも必要なので気になりません。
飛翔は、あまり好きな方法でないが、おそらく置きピンで半押しで待機してないと
チャンスは逃すのではないか?
ただ一眼より完全に照準器を目の位置に合わせれば、照準器無しの両眼視の感じより
パララックスがないので、照準器のみ(ファインダー関係なく)で飛翔が撮れると思います。
一眼のように 燕のような早いものは無理だが、猛禽で 一秒でファインダーで捕らえて
ピントを合わせシャッターを押すなんてことは、絶対不可能だと思う。
皆さん思ったよりテレ端は使ってないような?100M以上は当たり前に
高解像でアップで撮ってると思ったが、そうでもないような?
600/F4あたりのボケ具合とは比較にならない?

撮ってる時はいろいろ浮かぶのですが、いざ書こうとすると湧いてこないですね。
もっといろいろ感じたことがあったのですが・・・

何とか一台デジスコ装備したいのですが、もうすこしいろいろやって見ます。
明日から45EDⅡ・P5000・LV15でコリメートで遊んでみます。
もちろん完全手持ちのトビモノです。
燕がいたら撮りたいですね。
今のところデジスコも楽しいですね。

最終はコンデジ直焦点改造かマイクロフォーサーズのGF1で2000ミリ超の
飛翔専用を組むか?になってしまうのかもしれません。


デジスコ初心者が数日使って、しかも古い機種で、気づいたことです。
先輩方はとっくにこんなことは吸収されてると思います。
アドバイスお願いいたします。
【2009/09/01 02:11】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。