スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
BORG デジスコ LV-25 テレコン2倍 77ED・125SD比較
画像全て掲載しました。9/1日0:02分



比較的に使いやすいとBORGのHPに書いてある LV-25でも撮ってみました。
比較に 直焦点でケンコーPRO300のテレコン2倍でも撮りました。

証拠写真時のテレコンと思って、あまり使ってませんでしたが、結構このテレコンもいけますね。
ぼろくそに他で書かれてましたが、そうでもないような・・・・

●まず77EDⅡにテレコン2.0の画像です。
いつもの場所です。
画像はすべて手持ち三脚無しです。


D30_0008_20090831175430.jpg
D30_0115_20090831175439.jpg
D30_0121_20090831175457.jpg


97M先

97M

トリミング70%
70%とり

100M先
100M_20090831175600.jpg

90Mトリミング 釣り糸釣り針3か所 コメント困ります…

70%トリ 釣り糸
90Mつりばり3ぼん

3000M先 です。


300M止まり物

D30_0362_20090831175509.jpg

●次にP5000にLV-25で77EDⅡでの画像


LV25.jpg
DSCN4674.jpg
DSCN4671.jpg
DSCN4665.jpg
DSCN4649.jpg


●D300と77EDとLV-25での画像


D30_0023.jpg
羽にピンとあわせh各の為

●ついでにD300と77ED素での画像

D30_0138_20090831184440.jpg
D30_0134.jpg


300M先
300M

170M先 トリミング
170Mトリ


100M先
100M


90M先

90M

●さらにD300と125SD素での画像

D30_0135.jpg
D30_0175_20090831235034.jpg
D30_0176.jpg
D30_0181.jpg
D30_0182_20090831235057.jpg
D30_0184_20090831235105.jpg
D30_0200.jpg


●P5000にNikon テレコンバータ TC-E3ED装着での画像も参考に

DSCN4812.jpg
DSCN4725.jpg
DSCN4708.jpg

SS1/167

SS167.jpg

SS 1/190 止まります。

SS190OK.jpg

カラスの空中トイレシーン  SS1/43ですと手持ちでは無理です。

SS43 トイレシーン

比較画像
DSCN4705比較


 
スポンサーサイト
【2009/08/31 18:04】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コンパクトデジカメで ツバメ飛翔 楽しい
 河原に行ってきました。 こんな時になぜ?と思われるかもしれませんが
台風の後とか、こういう天候の時が一番ツバメのでが良いものですので・・・・。

台風の影響で横殴りの雨の中、窓の小さい車の中からおそらく最悪の環境ですが
ショウドウツバメが舞って居りました。

先日来デジスコのテストで、今までコンパクトデジカメで(ファインダーのない)
飛翔は困難と思ってたのですが、液晶フードをつけると意外とOKなので、そのテストも兼ねてます。

ただ撮った画像はとても見れるものでなく(当たり前ですが)どうしようかと思いましたが
こんな環境ですと、ここまでか? という参考に。
あまり必要ないかとは思いますが。


SSはツバメは 1/23から1/37までしか出ません。
私の手持ちでの最低SS限度は 1/100ですので、手ぶれ・被写体ぶれ当然ありますが
ちょっと練習してコツをつかめばいけるかも?

デジスコの先輩の方々には申し訳ない画像ですが、軽く見てください。


ずいぶん水が止まってるなと思ったら SS 1/8でした。
DSCN4844 8

スピードが速いと SS1/32ですが 消えてしまいそうです。
DSCN32.jpg

DSCN34.jpg
37.jpg
36.jpg
34.jpg
33_20090831170245.jpg
32.jpg
28_20090831170300.jpg

遅い鷺でもSS1/23ですとこんな感じです。
23_20090831170308.jpg

ほかに飛んでないので、カラスですが SS1/94だと少し止まります。
94.jpg

デジスコでの飛翔も結構面白く、はまりそうです。
コメントしてない記事も今晩あたりに画像とともに載せますが
結果はデジスコの先輩方からは怒られそうです。
ふた昔前のNIKONのP5000を使い、初めてのデジスコですので
お許しを…

職場にて・・


【2009/08/31 14:32】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORGでデジスコしてみました。
●防湿庫にいろいろあったので、とりあえず77EDⅡにプリズム7777・SD-1X・LV-15
コンパクトデジカメのうちセットできそうなP5000・G9でデジスコしました。
照準器は面倒なので取り付けしてません。

IMG_0293.jpg
IMG_0288.jpg

あまりにひどい画像なので、先に直焦点での画像です。

カワセミはピクセル等倍まで引き伸ばしてあるので、少し荒れてますが
大きく比較の為・・・

D30_0191-00.jpg
D70_9112-0.jpg

ここから まずCANON G9のアダプタがあったので簡単につなげましたが
ケラレがひどくマクロ端のみです。
レリーズを使い完全にブレがないように三脚も固め(家の中で振動なし)撮った画像です。
光軸もあわしてます。

G9がちがち

おなじくG9で三脚からはずしレリーズ使わず手持ちでシャッターも手押しの画像です。

G9てもち

次にNIKON P5000です。BORGの5000専用のリングです。

マクロ端
DSCN4624.jpg

中間

DSCN4623.jpg

テレ端

DSCN4622.jpg

MFにでてP5000にて手持ちです。ここからレリーズはなし、手押しです。
10枚ぐらい連写して、後半のなかでも良い画像です。
マクロ端はかろうじてAFは良さそうです。

DSCN4563-0.jpg

テレ端です。

DSCN4570.jpg

一番使えそうな中間です。

DSCN4548.jpg
DSCN4557.jpg
DSCN4579.jpg


●上のシステムからデジカメをD300に変えてみました。
  完全手持ち、ピントはドロチューブのいつものスタイルです。
  コンデジよりは少しましです。
家の中とMFと 晴天で順光これ以上SSは出ないであろうベストの天気ですが・・・・

D30_7777 LV15-1

D30_7777 LV15-0

D30_7777 LV15-2

D30_7777 LV15-3

D30_7777 LV15-4

D30_7777 LV15-5

D30_7777 LV15-6

このスタイルだと、両眼視で被写体を取り込めます。
トビモノもそこそこ撮れます。

しかしひどい画像ですね。色収差もすごい デジスコの先輩方のあの止まり物の画像は
神業?としか思えません。 何が違うのだろう?LV-25あたりで明日やってみようか?
レンズ間クリアランスもこれ以上調整できないし。プリズムの差?接眼レンズの差?
とりあえずプリズムを疑い、はずしてみました。

●さらに正立プリズム7777のみ取り外しました。

編集時像が逆さ(あたりまえ)で削除してしまいました。
あとで考え、プリズムはずしてテストしてみたんだと思い出しましたが
再度撮るのは面倒でやめました。
意外とこの7777優秀みたいで、あまり装着前、装着後と変わりませんでした。


●いろいろ3日間やってきて感じたこと いっぱい!!

ここから感じたこといっぱい書きますが、おそらくデジスコをやられてる方は
{当たり前だよ} と思うことかもしれませんが、あくまでも手持ちで
トビモノを撮ることを前提での感想です。
順不同で

先にやることができましたので、後ほど書き込みいたします。

【2009/08/26 11:13】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
チゴハヤブサ 可愛いです。
チゴハヤブサのトイレシーンです。

顔の表情としぐさ が可愛いです。




踏ん張ってます。

D30_0309_20090825080954.jpg
D30_0310_20090825081007.jpg

ここで失礼!
D30_0311_20090825081014.jpg

ここから あれ^^  て しぐさです。 
D30_0312.jpg
D30_0313.jpg
D30_0314.jpg
D30_0315_20090825081044.jpg

ここで恍惚の表情が終わりです。

D30_0316_20090825081108.jpg
【2009/08/25 08:16】 | チゴハヤブサ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
デジスコ いろいろ検討中!!
APS-C機である D300の後継機を待ちに待ってましたが、D300Sは個人的には買い換えるほどの魅力なし。 D400を待つことにする。

そんな中 天体望遠鏡・一般レンズでの超望遠も1000ミリ位で限度かな?と感じ
デジスコを物色してます。
昨日は宇都宮のヨドバシカメラまで実機を触りに行ってきました。
車で1時間ですが、新幹線だと13分 早いですね。 遠征もこれから車以外も良いかも?

目的は最低換算2000ミリ以上を確保したいわけですが
①手持ちで三脚不要であること
②アカショウビンで懲りたので、移動に楽なこと
③トビモノに対応できること
④AFは必要ないがSSは快晴状態では1/1000秒 以上確保できること
⑤ファインダーで被写体を追えること
このくらいの条件がOKであればと思っております。

ヨドバシカメラのカメラコーナーでもコーナーに商品はそこそこあるのですが
いろいろ質問しても解答できない?質問内容をパソコンで検索してみます?
なんて感じで3人目でやっと詳しい方を呼んでもらいました。

一番の目的のNIKONのEDG、デジ一眼用の新製品は月末でないと入ってこないので
EDG85に38Wを取り付けてもらい触ってみました。
fsa-l2_02.jpg
まず、非常に軽い、ピントリングの位置良し、覗いてみるとめちゃくちゃ明るい
ピントの山も掴みやすそうである。
これでFSA-L2装着で500-1750ミリ APS-Cで750-2625ミリ良さそうだが
 F5.9-21とテレ端が心配?


次の候補が TSN-884 
フローライトが魅力である。DEMO機にたまたま直焦点撮影システムのTSN-PZを介して
EOS50Dが付いていた。早速頼んで三脚やらややこしいマウントシステムを全てはずしてもらい
触ってみる。 ところが隣の774のアイピースのみのシステムはEDG同様非常に明るいのに、このシステムの884は全く暗く、あれ?という感じである。
 スタッフが席をはずしたすきに持参したメモリーを入れてすかさず
撮ってみたが、まずNIKONのEDGに比べさらに軽い、これはプレートでもつけて重くすればよい
デュアルフォーカスが上についてるが、これが左横になるように50Dを動かしてフォーカスすると
これが非常にMFしやすい。これは手持ちでの操作性最高OK。

kw-tsn-884.jpg


肝心の画像であるが、急いで看板を撮ってみたが、ISO1600で手持ちの限界である
SS 1/100秒ちょうど そっと撮った画像はこれです。
IMG_0760.jpg
IMG_0766.jpg
テレ端は暗いですが、軽さを覗くと使い勝手はとてもよい。
(それにしてもEOS50Dの高感度良いですね。D300より良さそう?)
ただちょっと短い?と思ってスタッフに聞いてみると、680-1000ミリとの事。
50Dで1600ミリまで、これでは今のBORGで換える必要ない。
F値7.7-11.4である。  どうもコンパクトデジカメでないと意味ないのかなという感じです。

早速会社に帰ってカタログで検討していると、どうもコリメートシステムでないと直焦点は
使えない感じです。コンデジをいろいろ見ると一番に連写スピードで
EX-FC100が上げられますが、以前EX-F1がでた時に直ぐに飛びついて購入したが
60枚/秒といえど書き込みに時間がかかりすぎ、全くチャンスを逃がしてしまい
直ぐに売却してしまった経緯があるので、FC100もそう変わらないだろう。
次に SONY DSC-WX1

裏面照射型CMOSセンサー これは良さそうである。
最大画像サイズ(10M)で秒間最大10コマの高速連写、これも書き込みに時間とられるだろうが
カシオほどでないと思う。
DSC-WX1_B.jpg

で、一眼デジカメでなくてもいけるかな?購入しようかな?迄行ったのですが
よく考えたらF1のときも売却の一番理由が、ファインダーが全然見づらく使えなかったこと、
コンデジだとファインダー? これは無理だ・・・・・ 止まり物専用になってしまうので
駄目か!

そんな試行錯誤しながら、本日ネットでコンデジのデジスコでの飛翔画像ないかなと探していたら
鷺ぐらいしか見つからない。ところがとうとう見つけました。かわせみの飛翔も撮ってます。
ジャスピンの一眼の画像とは比較できないが、撮られてるのです。
機材は?どうもコンデジのようです。ていうことは液晶画面でトビモノ? 撮れない事はないと思うが
AFなのかMFなのか?ホバだと掴まえればコンデジのAFで大丈夫でしょうが、飛翔は置きピンでもしなければ液晶で追うのは難しいのではないか?慣れてできても限度があるのではないか?
と思います。止まり物の画像は素晴らしいのですが・・・・・。
  結局コンパクトデジカメのシステムははずしました。

来週もう一度 884でのコリメートシステムの実機とEDGの新製品も発売されてるので
これを装着したシステムでの実機を見比べしてこようと思います。
とにかく軽いシステムで簡単に超望遠が手持ちででき、飛翔を撮れるシステムを
購入したいと思います。

BORG125SDで2倍テレコン装着してE-520でちょうど3000ミリですが、これで快晴時は
SSもでますが、とにかく長くて使い勝手が悪すぎ、筋力を常に落とさないように鍛えてないと
きついです。 ただ884にしてもEDGにしても、BORG125SDから比べると、めちゃくちゃ軽すぎますので
実践でぶれないかが気になります。

とりあえず今のところこんなところかな?

そういえば今年の冬 涸沼でオオワシを狙っていたときに、KOWAの774にD90を装着して
手持ちで撮っていた方がいたが、BORGより体力的には楽そうです。
トビモノもレンズを振りやすそうですし何とかしたいですね。
それにしてもBORG77EDⅡは最近またまた惚れ直しです。
D700のオーバーホールが終了して帰ってきましたが、77での画像が又最高
D300の時のようにAF精度の調整をしてくれたようですが、関係ないMFでも調子がすこぶるよい。
さらに今回はグリップの革も無料で張り替えてくれてある。
NIKON サービス 最高です。
【2009/08/24 02:16】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
チゴハヤブサの 飛び出しシーン
飛翔シーンを撮りたかったのですが、枝の隙間からしか見れないので飛び出しだけ狙ってみました。
枝や葉にフォーカスが抜けやすいので非常に撮りにくいです。
何もないとこの飛翔でしたら、撮りやすかったのですが、残念です。

あとで地元の方にお聞きしたら、一箇所枝が抜けているところがあり、ここからだと
いろいろ飛翔シーンが撮れたみたいです。

来年ポイント忘れないようにしよう。

一度目
D30_0355_20090823000147.jpg
D30_0356_20090823000156.jpg
D30_0357.jpg
D30_0358_20090823000236.jpg
D30_0359.jpg
D30_0360_20090823000253.jpg

二度目
D30_0238-11.jpg
D30_0246_20090823000317.jpg
D30_0247.jpg
D30_0248.jpg
D30_0249_20090823000342.jpg
D30_0251.jpg
【2009/08/23 04:56】 | チゴハヤブサ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ブログ開設 1周年 でした。
8/15日で一年過ぎてました。
この一年 少しでもブログに変化をもたせどこにでも見られるような内容にならないように、 独断と偏見で書いてきました。 又覗いてくれた方が
一回で終わらず、リピートしていただけるような内容にしたいと努めてきました。

まだまだおもしろくない、つまらない内容かもしれません、それに撮影技術も未熟ですが
すこしでも「楽しんでいただけるように努力したいと思います。

さらに血の気が多いので、一般的には載せないような、又書き込みしないような内容でも
書き込んでしまいます。
この辺は私のポリシーですので、どんなご批判も受けるつもりで、これからも勇気を持って書き込んでいきたいと思います。



どうか今後ともご愛顧いただけますよう、お願いいたします。
褒められるより、辛口、厳しいコメントのほうが個人的にはうれしいです。

野鳥を愛する皆様、カメラ大好きな皆さん、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。


fuku3.gifchigohaya.gifshimafuku2.gif反省重いしめきりおくれ


【2009/08/22 16:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
天体望遠鏡 比較 最終報告

本来の目的の 手持ち 及び トビモノ専用 としての観点から3日間ほど比較撮りしてみましたが
今日はトビモノです。
今の時期鷺ぐらいしかないのでいつものコロニーです。


ここから是非読んで欲しいのですが、飛翔に限らず手持ちの場合
左手は完全に鏡筒を支えるのに使います。
できる限りこの左手の位置が全体のバランスの中心になることがベストです。
このときが一番ブレを防げます。
個人的には三脚よりもブレを防げます。
但し限界SSは 1/100までです。 これ以上はブレてしまいます。
BORGのヘリコイドの場合はほぼこの状態に調整できます。
但しトビモノ用にはヘリコイドよりドロチューブのほうが断然早く被写体をつかめます。
ここで問題なのはドロチューブの動きです。
軽すぎず重すぎず微妙な調整が必要です。
77EDはネジひとつでこれが可能です。
125SDはバランスが非常に悪いのでネジだけでは調整しきれません。
常にグリースを塗ります。

皆さん一般的には、ヘリコイドならともかく
ドロチューブなどで飛翔のピントの追い込みなど無理だと思われてると思います。
私の場合は、まずドロチューブで被写体を掴みます。
一般レンズのAFより早いと思います。しかも背景に抜けない。
ここからピントの追い込みは、鏡筒全体ををヘリコイドのようにドロチューブに圧着しながら
微妙に廻します。



ここが命です。



軽すぎず重すぎずです。数ミリ動くか動かないかの勝負です。
今のところ、77EDⅡは完璧です。
125SDはグリースをつけながらですが9割ほどOKです。



DSCF4012.jpg

この70はヘリコイド仕様です。1回転せずに最短飛距離から無限遠までOK
非常によいです。 しかしAF精度はこのヘリコイドは少し甘いです。
一番の問題は冒頭の重量バランスです。 ヘリコイドがカメラ側ですので
このヘリコイドを左手全体で持つのは非常にバランス悪いです。
人差し指と中指を目一杯伸ばして前方よりを支えてバランスを保ちながら
親指と薬指で廻しますが、遅い動きのものは何とかごまかせますが
燕は対応できません。 よって 手持ち・飛翔用には×です。
ただ三脚で止まり物用ではコストパフォーマンスが最高です。
描写は好き嫌いあると思いますが、眠い画像です。

DSCF4009.jpg
 
次に80EDです。
個人的にはこのデザイン・配色・作り・重量(77より重い)どれをとっても最高です。
では飛翔はどうか?
まずこの80EDはマイクロフォーカサーです。 BORGの125SDで迷った時にこの仕様にしてみましたが
全くピントの追い込みできません。
80EDもやはり同じです。要するに鏡筒を廻せないのであくまでも前後であわすしかありません。
動きを調節して軽くすると引っかからず前に行き過ぎたり
後ろにき過ぎたり、微妙なピントの追い込みができません。
唯一動きを重くして、メモリの下が平らになってますので、ここに圧着しながら微妙な追い込みをします。
これで何とか遅い動きの飛翔はできますが、燕などは70以上に全く追い込めません。
フォーカサー全体が丸かったら可能ですが、逆に三脚で撮る場合は安定しません。
よって こちらも 手持ち飛翔では残念ながら使えません。
2台とも完全な手持ちでなく、半手持ちでしたら左手が開きますので可能かと思います。




とりあえずこの2台で撮った飛翔です。この被写体は遅いのでそこそこ対応できます。
前にも書きましたが、この場所は順光になりませんので、この点おかしい画像ありますがスルーください。

まず70からです。
70-1.jpg
70-2.jpg
70-5.jpg
70-6.jpg

とっさにでた鳩ですが、このくらいの早さだとこのバランスでも対応可能です。

70-4.jpg
70-3.jpg



次に80EDです。
80.jpg
80-1.jpg
80-3.jpg
80-4.jpg
80-5.jpg
80-6.jpg
80-7.jpg
80-8.jpg






以上 手持ち・トビモノ用としての天体望遠鏡の感想です。
特筆すべきこととして、70のレンズの色収差が他のBORGを含むレンズで出るシーンでも
全くでなかったことはびっくりしました。





先日の迷いです。
600ミリまではBORG及び一般レンズで問題ないのですが、これ以上の距離
2000ミリ前後対応できるものの選択に迷ってます。
600ミリに1.7テレコンつけて、フォーサーズで2倍でよいのですが
どうしてもオリンパスとルミックスは仕様的に候補に挙がりません。

今考えてるのは、コーワの774か884でD300/D700でどうか?
もちろん手持ちで無いと意味ありません。
次が一番可能性があるNIKONのEDG-85です。
このヘリコイドは手持ちに最高です。ただF値が暗くD300は無理なので
D700になると思いますが、どうか?

いっそ早い連写可能なコンデジでのスコープ?
誰かいいアドバイスください。

近々協栄でも行って実物触ってこようと思います。



【2009/08/21 00:32】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
BORG比較 止まり物編 600F4VR画像追加
本日600/F4を引っ張り出してせっかくなので撮ってみました。
天候が違うので軽く参考程度に。

D30_0269.jpg
D30_0250.jpg
D30_0038-0.jpg
D30_0038-01.jpg


【2009/08/20 23:23】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG比較 止まり物編
DSCF3365.jpg

撮影場所 今回はいつもの場所(700M)よりひとつ橋が手前です。レーザー距離計1200Mで
計測不可 これだけ遠いと少しの大気で変わるのであまり比較できないかも?
DSCF3358.jpg

125SDは別格? 参考
D30_0116-125.jpg
等倍
D30_0116-125等倍


距離は一緒です。光りの当たり具合もほぼ同じ。ただし生き物なので向きは違います。
125を基準にトリミングしてますので、70が一番不利? そんなにこの大きさではわかりませんが・・・・。

125
125nomi.jpg
80
80ED-1.jpg
77
77ED_20090820013309.jpg
70
70ED.jpg




125
125-0-3.jpg
80
80-0-2.jpg
77
77-0-3.jpg
70
70-0-3.jpg



ノートリとピクセル等倍  揺らぎで 数秒違っても同条件にはならないので参考程度。
まず125SD
125-0-0.jpg
125-0-1.jpg
80
80-0-1.jpg
80-0-0.jpg
77
77-0-0.jpg
77-0-1.jpg
70
70-0-0.jpg
70-0-1.jpg




右側の草むらにいました。 久し振りに撮るカワセミ。 遠いので125SDに1.4テレコンつけて
さらにトリミング。
遠いのでおまけ程度に・・・・・・。
D30_0026_20090820014500.jpg
D30_0031-125.jpg
D30_0032_20090820014516.jpg

次回は本命のとびものです。
撮ってありますので、編集後書きます。
トビモノでは詳しくコメントしますので、「 手持ち・トビモノ 」 される方には参考になると思います。
【2009/08/20 01:51】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アカショウビン 証拠写真
an_akasyo03.gif

遠征2日目に無理とわかっていたのですが足を伸ばしました。
3日前に営巣の木が倒れ、卵も割れてしまいましたので、いつもなら5分で会えるポイントも
全く気配なし。
SSでないと思いこの日は64と三脚を担いでいましたが、一番苦手な登山?をしました。
せっかく来たので奥社までと思い息を切らせながらあるけどあるけど一向にたどり着かない。

根性で何とか着いた時は2時間もかかりました。
途中年配者が健脚会などの旗を掲げて私を追い越していきます。
5分歩いては休み汗だくだくで倒れてはいけないと思い(涼しいと思い水を置いてきてしまった。)
息を整え又5分。

その後何とか証拠写真でもと思い、ポイントの番の個体とは別に、地元の方専用?
のポイントあたりを2時間探し、ようやく100M位先に、木漏れ日のなかに赤いものが・・・

殆どピクセル等倍です。
完全な証拠写真になってしまいましたが、とりあえず目的達成して疲れは引っ込みました。

かなり遠くから倒木の情報を知らずに来たCマン達は、早々と全然だめだよ。といいながら
かえって行きました。

それでも私が構えていると次から次に寄ってきたので、いい画は撮れないと思い、撮るだけとって
早々と退散しました。(夕方までに仕事に就かなければいけない)


SS 1/10しかでない。三脚持っていってよかった。
だいだいトリミングです。

D70_9060.jpg
D70_8991.jpg
D70_9010.jpg
D70_9032.jpg
D70_9034.jpg
D70_9036等倍
D70_9039.jpg
D70_9042.jpg
D70_9043.jpg

急に強い日差しが・・・ とんでしまいました。

D70_9064.jpg
D70_9077.jpg
D70_9106.jpg
【2009/08/18 02:43】 | アカショウビン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
迷ってます。
fsa-l2_02.jpg

ニコンEDGフィールドスコープ
実物は先日のPIEで見たのですが、新たにニコンEDGフィールドスコープ用デジタル一眼レフカメラアタッチメント が出ます。

BORGとデジスコのいいとこ取りのような?
手持ちの操作性も良さそう!!
D300Sやめて買おうかな?
【2009/08/18 02:00】 | デジスコ悪戦苦闘 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
予告 BORGは最強か?

本日 ジェニスター80ⅡED と FN70ED が届きました。
注目していた 天体望遠鏡です。


近々BORGとの比較をいたします。(炎天下きついのと、飛翔の鳥がいない)


本日止まり物を撮った感じでは
①BORG125SD 圧倒的な描写
②BORG77EDⅡと80ⅡED 互角?
③FN70ED眠い描写 しかし②で色収差がでるシーンでも全くでない これは優秀
④BORG45EDⅡ 個人的にはシャープで切れが良く125SDの次?
●80ⅡEDはフォーカサーが調整必要 重量が77に比べて重くてバランスよい。
とにかく作りがよい、付属品も圧倒的にBORGに勝る。デザイン最高。
●FN70EDはヘリコイドが最高。トビモノはこれからだが武器になる。
色収差が125SDでも多少出るシーンでも全くなし。これは驚き。
コントラスト悪く眠い描写。作りはそこそこよいがデザイン最悪。水道管みたい。
テレコン1.4と2.0装着では77や80より強い。
付属品は充実。とにかくコストパフォーマンスは驚き。安い。


とりあえず簡単な感想です。
【2009/08/16 00:14】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG125SD 手持ち 燕と連結トンボ飛翔
この暑さでは、体調良くさらに気力があるとき以外はとてもじゃないが125SDを振り回せない。
気合を入れて少しの時間だけ飛び物を。 しかし30分で倒れそう。

トンボはどこかでプロが説明していたように、BORGなど使わず、長めのマクロレンズで撮れば簡単に綺麗に撮れると思う。
さらにフラッシュを・・・・・。

個人的にはBORGで撮ることに意義があるので、綺麗な画でなくとも満足。

全て少しトリミング。 トンボは連結のみ追いかけ、1枚のみ328です。



先日のフィールドで 戸塚学 プロ と燕の撮り方でいろいろ話したのですが
プロは 「AFを信じて両眼視でなく片目で追い続けると良いよ」と言われました。
300ミリぐらいでそうしたほうがおそらくよいと思います。

今までBORGで燕を撮り続け、一枚もジャスピンがないのですから・・・・

しかし・・・ いつか 「いいのが撮れました」と 燕のジャスピンを載せたいと思います。


一切連写を使わず、シングルですので、ピントの甘いものや、ブレ・被写体ブレもあります。
D700がないためISO上げられず、汚い水面でSSが500ぐらいのもあり、燕はきついです。


125SD手持ち燕)
125SD手持ち燕) (1)
125SD手持ち燕) (2)
125SD手持ち燕) (3)
125SD手持ち燕) (4)
125SD手持ち燕) (5)
125SD手持ち燕) (6)
125SD手持ち燕) (7)
125SD手持ち燕) (8)
125SD手持ち燕) (9)
125SD手持ち燕) (10)
125SD手持ち燕) (11)
【2009/08/15 22:57】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今日は頭に来たぞ!!
エリマキシギのポイント。昨日は農道に車を止めて通れなくなっている状態でも
「今直ぐ動かしますから」といってきたので、せっかく遠くから撮りに来たので「車動かさないでいいよいいよ」といって、こちらがバックして動いてやったのだが・・・・

本日はさらに増えて数台が農道に止まっていた。
練馬№とか全て県外だ。 こちらがポイントについて止まっていると、なにやらぶつぶつ言っている。
100M位バックして戻らないとどうにもならない状態である。
ところがぶつぶつのあとは、しっかり椅子に座って大砲を向けている。

いささか血が上って頭にきたので車のなかから「あんたら、こんな農道に乗り付けて何をしてるんだ!」
「通れないだろ! いい加減にしろ! すぐどかせ!!  血を見るぞ!!」 と 怒鳴ってしまった。

サングラスかけてたので、やばく見えたのか? 急に平謝りになって カメラを担いで
一気に全ての車が消えていった。

追い払って自分ひとりで撮るのもバツが悪いので、この日はこのまま帰る。



●ルールと礼儀●

田んぼの中の農道のような場所は、公共の場所ではない。どこかへ止めて撮影のこと。
しかもこのようなところでは、地元の方や、地元ナンバーには気を使うこと。
有名な探鳥地・スポットならまだしも、基本的に地元の方には撮らせていただきます
位で良い。 私も逆に県外に行く時は、まず地元らしき人に挨拶してできるだけ小さく努める。

よく場所を取り仕切っている人間がいるが、後で聞くと地元のものでなく、県外のものだとか?
こんなことをしてると、本当に血を見ると思う。

誰も撮りたいのはわかるし、自分もそうだがトラブッたら楽しくなくなるしね。

他には地元県外関係なく、ヤマセミ などの特殊なポイントでのトラブル。
これはやはり最初から来てる方には、生意気そうでも礼を尽くそう。
地元の人間じゃないのにとか?納得いかなくてもこの辺は仕方ないことだと思う。

個人的に最近遠征するが、情報頂いた方にはきちんと「行って来ます」「行ってきました」
位の最低のメールは必ず入れるようにしている。
教えた方は、うまく撮れたのだろうか?無事帰ってきたのだろうか? と思ってるはずである。
最低の礼儀だろうと思う。

全てお互い様である。 常に逆の立場で考えれば、今日のようなトラブルもないだろうと思うし
自分でもルールと礼儀は守っていこうと思う。
【2009/08/14 23:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
エリマキシギ 夏羽?
でしょうか?
先日のアオアシシギとキアシシギに混じって一羽変わったのがいたので
再度行ってきました。
着くとなんと埼玉県のナンバーのCマンが数人居りました。
エリマキがいるとの情報とか? 先日ぐるぐる廻って見つけたポイント
他にも誰かが見つけていたのか? それは良いけど
農道に横付けでは通れないではないか?
参ったもんだ・・・。

逃げないので寄れるが、遠くから 大トリミング





D30_8265.jpg
D30_8117.jpg
D30_8115.jpg
D30_8094.jpg
D30_7993.jpg
D30_7000.jpg
D30_6988.jpg
D30_6880.jpg
D30_0385.jpg
D30_0353.jpg
D30_0281.jpg
【2009/08/13 23:03】 | エリマキシギ夏羽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チゴハヤブサ 餌渡しと 親のスクランブル編
今回は餌渡し後そばで見張っている時に、急にスクランブルしたシーンです。
追いかけるシーンは枝に隠れて撮れませんでした。




方向が悪く肝心の渡すところが見えません。
D30_0073_20090813005226.jpg

D30_0077_20090813005402.jpg
D30_0079_20090813005439.jpg

何かに反応して横に移ります。
D30_0096_20090813005544.jpg
D30_0097_20090813005559.jpg

この場所で見張ってます。
D30_0183_20090813005646.jpg


ここからスクランブルです。真上を飛んですかさず三脚から手持ちに変えましたが
枝かぶりで追い払っているところは見えません。
D30_0235-00.jpg

雛は普通のハヤブサと変わりませんが、親は綺麗でかっこいいですね。
D30_0236-00.jpg
D30_0237-00.jpg
D30_0238-00.jpg
【2009/08/13 01:01】 | チゴハヤブサ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
チゴハヤブサ 餌渡しと 飛び出し編  第2弾
合計6回撮りました分の第2弾です。 前回より食事がグロです。
親が頭を取って来なかったので、気持ち悪い方は見ないほうがよいかも?

雛が泣き出しました 運んでくるところを撮りたいのですが、餌渡しを狙ってるところからは
撮れません。

餌渡しも後ろ向きで残念ですが、この時は見えません。
食べ終わるまでのシーンです。 夕日があたってます。

D30_0374_20090811091728.jpg
D30_0375.jpg
D30_0377_20090811091749.jpg
D30_0389.jpg
D30_0390_20090811091807.jpg
D30_0391_20090811091815.jpg
D30_0418.jpg
D30_0425.jpg
D30_0434.jpg
D30_0495_20090811091844.jpg
D30_0496_20090811091850.jpg
D30_0510.jpg
D30_0512.jpg
D30_0513.jpg
【2009/08/11 09:22】 | チゴハヤブサ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アオ・キアシシギです。
アオアシシギとキアシシギが水の入った休耕田で餌を探していました。既にシギの渡りが始まっているようです。

飛翔を撮りたかったのですが、全く動かず。

D700入院中なので、 D300と77ED


D30_6449-1.jpg
D30_6581-1.jpg
D30_6644-1.jpg
D30_6666-1.jpg
D30_6667-1.jpg
D30_6668-1.jpg
D30_6675-1.jpg
D30_6878-1.jpg
D30_6733-1.jpg
D30_6854-1.jpg
D30_6636-1.jpg
D30_0125_20090810151234.jpg
【2009/08/10 01:14】 | アオアシ・キアシシギ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
チゴハヤブサ 餌渡しと 飛び出し編  №1
泊まりで遠征に行ってきました。 当日は雛が一羽巣立っておりました。
チゴハヤブサ 綺麗でしたね。
(赤茶色の脛毛に黒い縦班がないので♂)♂が運んできました。
飛び出しはピント甘いですね。
最後は 写真家 戸塚学プロと二人きりでいろいろご教授いただきました。

いっぱい撮ってきましたので、チゴハヤブサと アカショウビン 特集が、少し続きます。




運んでる飛翔場面を撮りたかったのですが、木の枝の隙間から無理でした。
いったんここに止まり、頭を几帳面にとります。
D30_0530.jpg

一瞬で雛のところに、振りが追いつきません。 ボケボケ
D30_0533.jpg

雛に渡します。
D30_0537.jpg
D30_0539.jpg
D30_0544.jpg

直ぐに又狩りに・・・・
D30_0545_20090808225335.jpg

飛び出し  シャッターは追いついて押しましたが、MFが少し甘く(左横か右横か前か予測はしていても、シャッターが反応するだけでも必死です。)ぼけです。
D30_0546.jpg
D30_0547.jpg
D30_0548_20090808225402.jpg

蝉ですので、グロテスクではありませんが、次からは少し・・・・・・・
D30_0558.jpg
【2009/08/08 23:18】 | チゴハヤブサ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
プチ遠征 ケリ編


昨日いつもお世話になっているKさんから情報頂いて、群馬県に行ってきました。
出かけるとき小雨でしたのでどうしようか迷いましたが、ポイントについても
時折土砂降りになったり、最悪は モヤ がかかっており、今までで一番最悪でした。


画像がいささか もや で解像してなかったので、本日晴れ間が出ましたので
再度出かけて撮ってきました。



雨の日の画は意外と綺麗に撮れるので、嫌いではないのですが、モヤはどうにもなりません。
初日の分はかなり荒れてみづらいと思います。




このケリは止まっているとつまらないですが、飛翔はそこそこ綺麗です。



D30_0022-0.jpg
D30_0021-0.jpg
D30_0075-0.jpg

ケリは近づけませんが、アマサギは近くを飛んできました。
D30_0042-0.jpg
D30_0039-0.jpg

ここまで↑が本日分 飛翔のみいっぱい撮ってきましたが、猛禽と違い同じようなものばかりです。
次から↓ひどい分ですが、昨晩せっかく整理したので載せます。

1 (44)
トビが狩りするわけでなく追いかけてました。
1 (45)
1 (41)
1 (42)
1 (47)
1 (49)
1 (52)
1 (13)

1 (14)
1 (15)
1 (3)
1 (4)
1 (5)
1 (7)
1 (8)
1 (10)
1 (11)
1 (12)
1 (27)
1 (29)
1 (32)
1 (38)
1 (39)

一瞬 「オオワシ」 かと思いました。
1 (59)

自宅に帰る途中 「道の駅 思川」 でも 飛んでました。
夕日の中の飛翔
夕日
夕日 思い川

【2009/08/04 01:20】 | ケリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AF-BORG 止まり物 最高に簡単
トビモノでなく止まり物だとさらに快適です。コンなんで良いのかと言う感じ^^;

どこでも見かける画ですが・・・

D700だと個人的には気になりませんが、けられます。
雲と青空 AF精度違いますが、画的にも全然違いますね。一瞬青空でました


77EDと125SDともAF-BORG

見上げる撮影ですので、手持ちで一番楽なスタイルです。

77-32.jpg
777-39.jpg
777-6.jpg
77-22.jpg
77-13.jpg
777-30.jpg
777-31.jpg
77-19.jpg
77-20.jpg
77-16.jpg
777-28.jpg
777-29.jpg
777-32.jpg
7777.jpg
【2009/08/03 01:50】 | AF-BORG(NIKON TC-16A改) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トビモノ向き AF-BORG
NIKON TC-16A改 AF-BORGで 前回も書きましたが、ドロチューブで
おおよそあわせて、TC-16Aでピントを決めるのでなく、TC-16Aでおおよそのピントを合わせて
MFで追い込む。 これが非常によいです。

前ピン・後ピンのストレスもなく、一般レンズのように背景に抜けなく
常に親指AFとドロチューブで爆速でトビモノに追いつき、そこからMFでシャッター。

快適です。PENTAXの方もやってみてください。
止まり物は意味ないですが・・・・

この快適さは玉抜きでのAF化では味わえません。
(当たり前ですが、素のBORGよりは若干甘くなります。)

どれもジャスピン来てませんが、もう少し腕が上がれば、いけると思います。あと快晴だとSSももう少し上がりいい画になると思います。

777-18.jpg
777-9.jpg
777-24.jpg
777-3_20090802020314.jpg
777-19.jpg
777-7.jpg
777-2_20090802020421.jpg
777-38.jpg

背景に抜けて厳しい場所。

777-37.jpg
777-23.jpg
777-33.jpg

止まっているところからでなく、ひらひら舞っているとこですので
そこそこ早いです。
腕を上げて、いつかジャスピンで撮ってみたいです。

77-24.jpg

本当の真上です。このあと又ひっくり返りました。

777-14.jpg
777-15.jpg

トンボを追っていて、一瞬ファインダーに入ったのでお尻ですが撮ってみました。
かなり近いです。 爆速なのでこの辺もすばやく追えます。

777-16.jpg
【2009/08/02 02:10】 | AF-BORG(NIKON TC-16A改) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
BORG125SD 止まり物 すこし可愛い幼鳥・若
距離80M 止まり物ですので、手持ちでもしっかりピントを追い込んでみましたが・・・・

 前回より少し可愛いと思います。


5-0.jpg
5-1.jpg
5-3.jpg
5-4.jpg
125-0.jpg
125-1.jpg
125-2.jpg
125-3.jpg
125-4.jpg
125-5.jpg
125-6.jpg
まだはねが


【2009/08/01 10:26】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。