スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
コアジサシ 飛翔一杯 BORG125SDにて
先日の4箇所の遠征のときのコアジサシです。
天候があまり良くない環境でしたので、先週快晴の時に再度撮り直しに行きましたが
すでに一羽も居りませんでした。

最初の時の画像です。
2羽が(番?)ダイブして、右の個体が狩をして、一緒に上がって又水中に入り餌渡ししてます。
最後左の個体に渡しました。遠くて小さくてみずらいです。
後空抜けとかあまりぱっとしませんが、その分一杯載せました。

サイズの関係でかなり高圧縮していますが、雰囲気だけごらんください。
深くだいぶできない分、水しぶきがすごいです。

_1057.jpg
_1066.jpg
_1068.jpg
_1072.jpg
_1073.jpg
_1074.jpg
_1075.jpg
_1077.jpg
_1078.jpg
D30_0497.jpg
D30_0495.jpg
D30_0900-1.jpg
D30_1246.jpg
D30_0077.jpg
D30_0078.jpg
D30_0079.jpg
D30_0084_20090629005147.jpg
D30_0086_20090629005210.jpg
D30_0088.jpg
D30_0339_20090629005235.jpg
D30_0347_20090629005304.jpg
D30_0724-1.jpg
D30_0116_20090629005335.jpg
D30_0061.jpg
D30_1238-1.jpg
D30_1094-1.jpg
D30_0124-1.jpg
D30_0125_20090629005513.jpg

スポンサーサイト
【2009/06/29 01:00】 | コアジサシ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
当フィールドのサシバの巣立ち №2
お蔭様で本日無事巣立ちました。最初3羽営巣に確認でき、一羽が巣立ちましたが
成長が遅れていた2羽のうち、一羽がこのところ見えません。
落木してしまったのか、からすか?気になります。

着いたと同時に、大きな声で鳴いてました。
途中滑って落ちそうになりはらはらでした。

本日より D300 D700で BORG125SDにて
AF-BORGテスト中、これでほぼ800ミリ強のF6弱ですので、CANONの856に対抗して
  「 AF-BORGハチゴロー 」 と命名!!




D30_5440.jpg
D30_5447.jpg
D70_1903.jpg
D70_1907.jpg
D70_1938.jpg
D70_1946.jpg

かなり遠くで親が飛んでましたが、子育ての為か尾と両風切がかなりひどい状態です。

D70_1832.jpg

100Mぐらい先に近づいてきましたが、ここで止まりました。

D70_1911.jpg

遠くでわからなかったのですが、家に帰って画像を見たら、下に♂が居りました。
上が♀です。

D70_1923.jpg

少しカットしてますがほぼノートリです。
それにしても、D700ケラレがひどいですね。
これではちょっと使えないかな?
一応レデューサとクローズアップレンズでテストしてますが
bunny2さんのレデューサーでないと 125SDでは無理かな?

燕の師匠の掲示板で、師匠からご教授いただいたコメントの中に
とても的確な助言がありました。私の場合両眼視で燕をできる限り追い続けます。
燕が近くに来ないうちにUターンしてしまうか、逆に近すぎてファインダーから外れてしまうことが
ありますが、これでは10M以内でノートリは無理ですね。猛禽の雛が終わったら実践してみようと思います。
ところで師匠以外の方にトビモノの練習として、1秒以内にファインダーに入れる練習をしたほうが良いとコメント頂きました。
この↓の2枚は雛を撮っていて突然親が目の前に来たときです。被りがひどいのと、とっさで
露出間に合いませんでしたが、0.5秒ぐらいでしょうか?
一応ファインダーに入ってます。
1秒ですとこのような状況ではとても間に合いません。一秒の間にサシバやハヤブサは
一瞬で目の前を通り過ぎてしまいます。さらに両眼視でファインダーに入れないと片目では
非常に難しいと思います。
この辺はほぼ毎日 練習をしてるのですが、露出を操作しながらジャスピンになるまでは
まだまだ練習が足りないようです。
猛禽の師匠はこれができるんですね。すごいです。


D70_1947.jpg
D70_1950.jpg

緊張した状態で車に戻ってきたら、目の前にこれまた3匹の子猫が居りまして
癒されました。

D70_1878.jpg
D70_1875.jpg
D70_1872.jpg
【2009/06/27 01:40】 | サシバ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
当フィールドのサシバの巣立ち №1

昨日 初めて親が巣に来たところが撮れました。
非常に警戒してるので、10日間で初めてです。

ここでこんな長いのは必要ないのですが
コアジサシを撮りに行く為用意していた、D300に 600/F4VR TC-14EⅡ 手持ちです。
今まで暗い為、D700でISO5000ぐらいでも撮ってたのに、上の機材では
SSが1/50しかでません。  手持ちですとSS1/100ぐらいまでですね。
ピントも合ってませんが、ブレも目立ちます。
こんなところでノートリ必要ないですが、長いので一部を除きノートリになってしまいました。



結構大きい蛇を捕まえてきました。

4_20090627010052.jpg
8_20090627010153.jpg
9_20090627010212.jpg
10_20090627010224.jpg
11_20090627010234.jpg
14_20090627010250.jpg
16_20090627010303.jpg
19_20090627010314.jpg

虹彩が黄色なので、成鳥なのですが、頭が白いです、ストレス?

D70_1367.jpg
【2009/06/27 00:51】 | サシバ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プチ遠征 再度コアジサシ・チョウゲンボウ
前回の遠征で、4箇所欲張って回りましたが、それぞれ落ち着いていいのが撮れなかった事と
久しぶりに晴れましたので、コアジサシもいいのを撮りたいので出かけてきました。

前回の場所と新たな場所と行きましたが、昨日まで飛んでいたコアジサシは姿を見せてくれませんでした。3時間ほどぶらぶらして一度もシャッターを切れず、このままボウズで帰るわけに行かないので
、ちょっと遅くなりましたが チョウゲンボウの、巣立った雛がまだいるかなと思い、寄って見ました。

着くと同時に大きく育った雛(幼鳥)の一羽が旋回してました。
片側から夕日の強い日差しが照りつけてます。

D300 600/F4VR TC-14EⅡ 手持ち撮影

D30_0168夕日

D30_0186夕日
D30_0190夕日
D30_0206_20090625232152.jpg
D30_0218_20090625232205.jpg

もろに夕日が当たってます。

D30_0145夕日

D30_0330.jpg

3羽いるのですが、このこは飛ぶカッコウだけで動きません。
D30_0365_20090625232354.jpg
D30_0368夕日

D30_0379夕日

遠くでしたが、このこが狩りができたようです。
何かわかりませんが、掴んでいるものに足が見えます。

D30_0108.jpg

シャッター音で反応しました。

D30_0116_20090625232622.jpg

近くによって見ました(ほぼ真上)がこの位置は逆光になってしまいます。
目がでませんでした。

D30_0394.jpg
D30_0409_20090625232935.jpg
D30_0284_20090625232951.jpg

こんな感じで片側から夕日が照りつけてる状態です。、

D30_0417.jpg

大きいレンズで撮ったのでわけわからないですが、SS1/250で新幹線が止まってます。
前斜め前方から来た新幹線ですので、見たとおり流し撮りではありません。

D30_0342_20090625233103.jpg
【2009/06/25 23:34】 | チョウゲンボウ幼鳥 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
父の日
初めて孫が我が家にやってきました。



父の日のプレゼントも、迷彩になりました。

00000_20090622005049.jpg

今から小指が立ってます。

00000-2.jpg

足 ちょっと前ピンでした。

00000-3.jpg

燕の師匠の掲示板が熱くなってますので、これから行ってきます。

【2009/06/22 00:55】 | 初孫 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ハヤブサ 巣立ち後 給餌シーン
巣立ち後のハヤブサの雛2羽が、遊びまわっていたところに、突然狩をして獲物を運んできた親を見て、初めて(おそらく)飛んで取りに行くところです。
2羽の戯れを撮っていて、突然で(当たり前ですが)慌ててピントが合わせきれてない画像や
、SSが上がらないのでトビモノ難しく、一部ぶれてますが、何とか雛にレンズの振りが追いつきました。雰囲気わかると思います。



D70_8184.jpg
D70_8186.jpg
D70_8187.jpg
D70_8214.jpg
D70_8220.jpg
D70_8221.jpg
D70_8235.jpg
D70_8236.jpg
D70_8238_20090620234735.jpg
D70_8239.jpg
D70_8240.jpg
D70_8241.jpg
D70_8242.jpg
D70_8246.jpg
D70_8247.jpg
D70_8249.jpg
D70_8250.jpg
D70_8251.jpg
D70_8254_20090620234906.jpg
D70_8256.jpg
D70_8257.jpg
D70_8258_20090620234934.jpg
D70_8259.jpg
D70_8260.jpg
D70_8261.jpg
D70_8262.jpg
D70_8263.jpg
D70_8264.jpg
D70_8347.jpg


【2009/06/21 00:03】 | ハヤブサ幼鳥 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
とうとうみつけ^^; サシバの雛
ハヤブサの雛の巣立ち・ツミの雛・チョウゲンボウの雛の巣立ち とこの所
遠征で撮ってきましたが、本日やっと 当フィールドでも営巣を見つけ、3羽の雛を確認できました。

昼と夕方と撮ってきました。巣立ちまで通うようになりそうです。



最初に日中です。
今まで比較的簡単な場所で撮れたのですが、ここはひどいとこです。
大木の20Mぐらい上で、枝・葉ばかりで先日のアオバズクの感じです。
やっと隙間から撮れたとこです。
D70_0940.jpg

D70_0966.jpg

D70_0963.jpg

2羽の成鳥がこれまたひどい場所から見守ってました。
D70_1008.jpg

D70_0996.jpg

夕方18時ぐらいに気になって再度行ってみました。

 ISO 5000 1EV で何とか撮れました。 
BORG125SDしか梅雨時ですので積んでなかったのですが、明日は64か328で撮ってみようと思います。

5000-1-6.jpg

親が来ましたが、飛翔は全く被って撮れません。

1600-2.jpg


5000-1-1.jpg

会社から5分の場所ですが、今のところ私しかわからないと思います。
しかも、いままでの場所のように、人に慣れてないと思いますので
ストレスを与えないように見守っていこうと思います。
【2009/06/19 22:14】 | サシバ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サシバの水遊び
サシバがのんきに対岸で遊んでいました。
同じ個体か毎日慣れてきたようです。
ぶれますが、SSはなるべく遅くして撮ってます。

距離90M SS1/200 600/F4
三脚使用
200.jpg

三脚だと SS1/200でぶれてますね。被写体ブレはしょうがないですが、頭はぶれてます。

200 0

ここで SS1/320 ブレは少し良いですが ロクヨンのAF精度悪いですね。

320.jpg

SS 1/320

320 0

SS 1/200

200 0

対岸の先 150M

D30_0277.jpg
D30_0278.jpg
D30_0279_20090618234137.jpg
D30_0280_20090618234145.jpg
D30_0285.jpg
D30_0307.jpg
D30_0367.jpg

三脚 ロクヨン SS1/500 ↓2枚  翼は止まりません。

500.jpg
500 0

BORG77ED2 手持ち SS1/1250 ↓2枚

77 1000
77_20090618234239.jpg
【2009/06/19 00:01】 | サシバ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG 125SD 一応終わり
長さはどうにもならないとして、重量だけ、本日ゴルフクラブのアイアンのバランス調整用の鉛が
倉庫にあったので、カメラ側にべたべた貼って総重量が増えすぎない程度に前後のバランス調整しました。
ついでにめだって恥ずかしいので迷彩柄に変身させました。

125SDと600/F4と300/F2.8 長いな^^;

00000_20090618232519.jpg

99999-11.jpg
【2009/06/18 23:28】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サシバ SS 1/100での飛翔 BORG125SDにて
このところ遠征して実戦で撮ってると、露出の難しさにびっくりします。
ハヤブサの雛を撮った時は朝5時台で雛の場所がSS1/80でOK、親が餌を渡して
飛びたって曇りり空ですがSS1/3200です。普通私はMEで撮りますが、初めての場所なので
カメラ任せで普段一切使わない絞り優先にしましたが、ととんでもない画像になってしまいました。
何時も練習では1/500から1/2000ぐらいの差はあるところで練習してますが
瞬時にここまで対応するのはMEだとかなりジョグダイヤルを廻さなければならなく
無理ですね。

猛禽の師匠に聞くと、この場面では絞り優先で露出をジョグダイヤルで対応してました。
露出で対応するほうがダイヤルを廻す幅が少ないんですね。(親指で一回ぐらい)
MEだと3回ぐらい廻さないとその値になりません。

いろいろ実戦の師匠の技を教えてもらいました。(できるかできないかはこれからの腕次第ですが)
まあ 普通はどちらかを犠牲にして撮るのでしょうが、さすがです。



本日は露出の失敗作の画像です。
まずハヤブサの親が飛び立ったところです。
完璧に捕らえたと思い確認してみるとこんな画像でした。
SS1/80で止まらないのか?腕なのか?

1/80

まだ SS1/80です。

1/80SS

早いのでカメラが対応できないのかまだ SS1/80です。
流し撮りの感覚?なんとか頭は止まってきました。

99999-1_20090618003612.jpg

絞り優先だと  SS1/3200 になります。 とても対応できてません。
練習で何時も絞り優先はトビモノでは使い物にならないのはわかっていましたが
SS1/80から1/3200 難しいです。
99999.jpg

ここでは 絞り優先 SS 1/640になります。
それでもこの画像です。
99999-5_20090618003645.jpg



てなことで、最近は実践用に、特に遅いSSでトビモノの練習を心がけてます。
6/14日のサシバで挑戦
BORG125SD 手持ちで重いので三脚よりぶれにくいです。
SS1/100で 被写体ブレがひどいですが、なんとか目は止まってます。


止まり物 距離 100M
ME SS 1/1000です。

D30_0355_20090618010508.jpg

トリミング

D30_0354.jpg

次は営巣の場所を探していて、林の中の暗いとこですのでSSでません。
 ME SS 1/100の遅いSSです。

D30_0443-0.jpg

D30_0445.jpg



モータースポーツの流し撮りはそんなに難しくなく、それなりに撮れますが
野鳥で一点をとめるのは難しいですね。
練習のしがいがあります。
今度最近撮ってない カワセミのホバでSS1/100位で挑戦してみよう。
おそらくトビモノといってもカワセミのホバは頭は止まってるので、猛禽よりは
止まるでしょう。





あ 思い出したが、今週のCAPAだと思ったが、プロ?が「写真の魔法」とかの特集で
D300を使い 3D-トラッキングで コミミの飛び出しを撮っておりました。
しっかりとコミミの目を掴んでくれると書いてましたが、本当なんだろうか?
購入当初、この新機能をいち早く試してみたが、大きい被写体で
濃い色のものは追従するが、野鳥ではセキレイがチョコチョコ動くぐらいしか
追従しなかったはず?328であの画像 ノートリだと距離はそんなにないが
コミミの目を追従するのだろうか? 信じられません。
こんなことかいたら怒られるかな?




キジが木の上にいました。あちこちにいますが珍しかったので載せます。
距離20M BORG125SD

D30_0420_20090618015530.jpg
D30_0377.jpg




【2009/06/18 01:36】 | サシバ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
BORG125SDの特注品 詳細
先日BORGの●川さんに 1日で作成してもらった特注品の115Фの延長等の詳細です。

手前の立てている115Фの鏡筒を依頼しました。
手持ち用に自分のBORG関係の在庫をいろいろ組み合わせてみましたが、無限遠が後数ミリぐらいで出ませんでした。
これでばっちりでます。
さらに、ドロチューブ(眼視ユニット)のピントあわせが、今までより太い分スムーズに動きます。

99999-5.jpg

手前が依頼した分ですが、後ろの(取り付け済み)物も一緒に送ってくれました。

99999-2.jpg

長さはどちらも同じです。鏡筒の長さがファインダー台座の長さにあわせて調整されてます。

99999-6.jpg

元のファインダー台座(左)と送ってくれた分です。
送ってくれた分は、画像のように中の構造が違っており、かなり重くなります。
こちらを取り付けしたおかげで、全体のバランスが多少カメラ側に来たので
少しは改善されました。  しかし全体の重量は重くなります。

99999-1.jpg

これが最終です。 とてもすっきりしましたが、存在感はアップです。目立ちすぎ?恥ずかしいですね。
あとはカメラ側に鉛を貼ってバランスをもう少しいじくります。
最短距離での手の長さはやっとこ届く感じですね。
フルサイズでケラレはなくなると思いましたが、まだ若干けられます。

99999-3.jpg

超スピードで作っていただき有難うございました。
【2009/06/17 23:20】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
またまた 遠征に行ってきました。

4箇所一日で遠征です。 ちょっとハードというか、欲張りすぎてまともなのが撮れませんでした。
 いつも情報をいただく鳥友Kさんが、しばらく遠征に出られないので、代わりに行って来ました。
欲張ってそれぞれ時間のないのと、どんよりした曇り空、いつ雷雨になるかわからないので
いい画が撮れてません。一部だけですがとりあえずごらんください。

 


 


最初に 「コアジサシ」 これは面白いですね。最高に楽しいです。
カワセミのダイブなんてもんじゃなく、次から次にホバしてダイブです。狩りも上手ですね。

天候が最悪なのと、被写体が小さく白いので、一般レンズではびっくりするほどAFが掴まりません。
背景に殆ど抜けてしまいます。
殆ど BORG125SDですが、750ミリでは小さい。 梅雨時なのでテレコンが防湿庫に入れてあり、車になかったのが残念。
次は天気の良い日に背景が抜けない場所から撮ったら面白いと思います。
求愛の給餌が、2羽でダイブして水の中で行い、そのまま又飛び立ちます。
(遠かったですが撮れてました。)

後で整理できたら載せます。

 


 



00000.jpg

00000-0.jpg

0000-0.jpg

00000-1.jpg



2番目に チョウゲンボウの雛です。
NAVIで着きましたが、堤防に渡良瀬のように2M以上は通れない杭があり
ぐるぐる廻ってやっとのことで情報場所に行きましたが、誰もいません。
営巣場所らしいところを勘で探しましたが、全く見当たらず、時間がないので帰ろうとしたところに
親が野鼠を持って現れました。
雛は逆の場所だったので、与えるところは撮れませんでしたが、2羽いました。
もう巣立った後でした。
今まで証拠写真しか撮ってませんでしたが、結構色が綺麗ですね。

雨がぱらついてきたので、レンズは600/F4 手持ち のみです。

3枚目の雛のアップの画像のみ、BORG125SDです。

 


 



奥で食事中

00-00食事

0000-01.jpg
この画像のみ BORG125SDです。

 


000-00-0.jpg

00000-000.jpg

こんなに綺麗だったんですね。

00-00-000.jpg

真上をねずみを掴んで飛んできました。
手持ちでないと、撮れない画像です。はみ出してますが・・・・
このくらいの距離になると、どうも慌ててしまいます。画像に表れてます。
まだまだです。

00000-ねずみ

00-00ねずみ

掴んでるのはねずみです。

000-000.jpg

これはねずみがよくわかります。
首を持ってます。

0000-ねずみ



3番目が アオバズクです。 雨がぱらつき、さらに暗くなり、20Mを越す木の上を
探しましたが、無理でした。 見つけてもましなのがこの暗さでは撮れなかったでしょう。

 


 


綺麗でしたので、 328開放で高ISOでD700ですと問題なく撮れます。

00+00.jpg

0-0-000.jpg


4番目が フクロウです。 ここに付いた時はもう電灯がついてました。
それでももしかしたら行動始めて、飛翔が撮れるかもと思い、一応一周しましたが
さすがに暗くて見つけられませんでした。
前回 BORG125SDのテストで来たときの画像です。

D70_7735.jpg

このような真上の時は 125SDは手持ちでもとても楽です。重さを感じません。

D30_0216.jpg

D70_7720.jpg

D70_7710.jpg

どこから覗いても、いい画が撮れませんが、仕方ないです。

D30_0193_20090617013844.jpg


このところ遠征してますが、確実に撮れるので最高ですね。
ただ ガソリン代がびっくりです。
遠征用に小さい車でも買おうかなと考えてしまいます。
ガソリン代で軽のジープあたりが買えそうです。

 

 

 

【2009/06/16 11:59】 | チョウゲンボウ♂ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
中遠征に行ってきました。
昨日の土曜日、中遠征に行って来ました。完成まじかのBORG125SDと600/F4VRと、距離が近いということで
300/F2.8のレンズ持参です。


朝4:30にでて7:30にツミの場所に到着。今回は綿毛の雛をとることが目的でしたので
3時間ほどで引き揚げ、地元のMさんと ブッポーソーの山奥へ・・・。
最近入ったようですが、まだ時期的に早いので、場所だけ確認して次のアオバズクの場所に直行。
ここも良い場面を撮るところまではまだ時期が早いので、1時間ほどで引き揚げ、前回のお宮参りに
はイヌワシに行ってしまったので、今回は孫にも会ってきました。孫の写真を10分ほどで撮り終え
帰社の途に・・・・ そっと帰社して仕事を片付けいつもの時間に家に帰宅。
日帰りですが、結構いろいろ廻ってきました。


Mさん いろいろご案内いただき有難うございました。
Cマンの集まる喫茶店のコーヒー とてもうまかったです。
アオバズクのKさん有難うございました。

それにしても BORG125SD人気でしたね^^。
皆さん集まって覗いたり、触ったり、持ってみたり大変でした。



あ・・そうそう 初めてBORGの方に会いました。
ブッポーソーの山で60EDをもってました。すかさず帰り際声をかけてしまいました。


ツミの雛は 当地がかなりメジャーで、ルールを皆さん守っており、撮っても雛にストレスがかかる場所でもないので、地元の方の了解で、画像を載せます。

この下2枚は D300 600/4素 手持ち
D30_0100.jpg

D30_0096_20090614235145.jpg

ここから D700 BORG 125SD 素  手持ち

D70_0172.jpg

D70_0216等倍

D70_0225目にピント

D70_0227等倍

D70_0216のーとり

D70_0231トリミング

D300 600/4 素 手持ち 下2枚

D30_0109.jpg

D30_0113等倍

来週あたりはトビモノが撮れると思いますが、唯一の飛び出し
D700 BORG 125SD 素 手持ち

D70_0240-9.jpg

うまくシャッターのタイムラグを考え 撮れたと思ったら、こんなでした。
どっちに行っても無理だったかも?

D70_0241.jpg


暗くてSSでない為、ISOあげて、ノイズが少し目立ちます。
ここから D300 600/4素 三脚


D30_0147_20090615000351.jpg

D30_0156_20090615000549.jpg

D30_0183-1.jpg

D30_0189-0.jpg

D30_0249-0.jpg

D30_0252-0.jpg

D30_0268-0.jpg

ここから D700 BORG 125SD 素 手持ち

D70_0285-9.jpg

D70_0301-9.jpg

D70_0304-9.jpg

D70_0369-9.jpg

D70_0393-9.jpg

D70_0446.jpg

ここに来る予定 ブッポーソー  来月の為確認のみ

D70_0454.jpg

アオバズクはすぐ目の前で近いのですが、どこから覗いても被ってしまいます。
これで一番被ってない場所です。 残念!
D70_0667.jpg

D70_0676.jpg

そのうちに動くかもしれないと思い、小さな虫の飛翔を撮ってみました。
125SDを一杯伸ばした状態で、12Mぐらいでしょうか? もう少しでジャスピンだったのですが
この左手を伸ばしきった状態が125SDの鬼門です。時間が長いと左手が震えます。
1センチぐらいの小さな虫ですので大トリミングです。
後ろから前から・・・・・どうぞ・・・・・

D70_0511.jpg

D70_0563.jpg

目の前で・・
D70_0463.jpg

最後に 孫の一枚 ずいぶん太ってたな^^^。
D70_0734.jpg




BORG125SDと600/F4で交互にとってます。
ロクヨンの雛は左手にBORG125SDを持っての撮影ですので、左手使えず
AFで撮ってます。
ロクヨンも雛以外は手持ち撮影、125SDは全て手持ちです。
アオバズクは300/F2.8手持ち。




【2009/06/15 00:28】 | ツミの雛とアオバズク | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
特注品到着
●川さん 到着しました。
発注して正味一日で作っていただいたことになりますね。
感謝です。
完璧に無限遠でます。

明日(5時出発)早いので本日はそろそろ寝ますので
遠征後ゆっくり報告いたします。

有難うございました。
【2009/06/12 20:03】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
左腕の筋肉が
125SDの長さに対応する為、先日作った取っ手ですが、数ミリの狂いもなくうまくできたと思ったのですが、昨日1時間ほどデータ取りしていていつにもなく左手がだるくなりました。
あれ?どうしたのかなと思ったら、鏡筒を下から支えるのと、取っ手を持つのとは全く使う筋肉がちがかったんですね。今まで痛くもない三角筋と上腕三頭筋が響いて、このとってはすぐには駄目だと
はずしました。
この年で125を振り回すのははっきり言って鍛えてないと無理です。
私の場合、5年ほどジムで体作りをしました。ピークで体脂肪も 10 をきりました。
毎日2時間走りこみと筋トレ さらに 筋肉をいじめて、壊して プロテェインと各種サブリメントと
で、筋肉の作り直し、大きいボディを目指しました。当時は専門書もかなり読んで突っ走りました。 もともと若い頃は陸上部と柔道部で自信はあったのですが、ジムを辞めてからは、やはり体脂肪も20前後になり、体重も減ってボディも小さくなってしまいました。

今年の初め頃から、64を手持ちで使いたく、少しずつ鍛えてきました。
やるときは極端で、通常の筋トレ以外に(自宅に簡単なジムの機械がそろってます)家で掃除機をかけるときも左手は鉄アレイを持ち、食料品を買出ししてる時も
左手でいっぱいになった買い物籠を体の正面に上げ下げしながら買い物と・・・
常に日常の生活の中でも鍛えてます。

このくらいにしてないとはっきり言ってこのクラスを手持ちで使うことは無理です。

「とはいえ 64や125を手持ちで使うこと自体、全くもって馬鹿なことはわかってるんですが、
今の自分のスタイルに一番合ってると思うし
苦手な三脚を使わなくて済むし・・・・」


昨日のように鍛えてない筋肉はすぐに悲鳴を上げます。

てなことで、 明日からは125SD用に筋肉を付けたいと思います。


↓ 変な画像でびっくりしないでください。 なんじゃこりゃ? と 思われそうですね。

体筋肉
【2009/06/12 02:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
とびとからすの戦い SSスローで迫力と空気感
対岸のとびとからすの迫力ある戦いをSSを1/50で臨場間豊かに撮ってみました。
一応こんな描写を意識した画です。
まあ ぶれてるだけだといわれると 辛いものがありますが^^

在庫が1年分ぐらいありますので、テーマを付けて撮ったものだけ、削除も悲しいので
たまに載せます。


D30_0300_20090612004911.jpg

突然カラスが襲い翔ってきました。

D30_0315_20090612005001.jpg

D30_0316_20090612005018.jpg

すかさずかわして、トビが攻めます。

D30_0329.jpg

D30_0333.jpg

加勢に来たカラスも相手に・・・

D30_0342.jpg

D30_0343_20090612005121.jpg

D30_0344.jpg

D30_0345.jpg

ここで噛み付き とび 強い

D30_0346.jpg

D30_0365.jpg

D30_0370_20090612005244.jpg



【2009/06/12 00:59】 | とび | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鷺の営巣
小雨のどんよりした天候ですが、BORG125の特注品を依頼するデータ取りの為
毎年の鷺の営巣に行ってきました。
コサギ・チョウサギ・アマサギ・ゴイサギ いっぱいです。


毎年 飛翔の練習には最高の営巣です。
D70_9823.jpg

D70_9828.jpg

D70_9825.jpg

何時も運んでますが、こんな大きな枝を運んできました。

D70_9824.jpg

友のクールショットさんの「カモの上のカワセミのホバ」の画像を意識して^^

D70_9900.jpg

飛翔の後姿 羽の感じ 何時も横からばかりですので
D70_9897.jpg

深度浅いので無理かと思いましたが、②ショット、何度か挑戦しましたが、2羽同時にピントは来ませんでした。 それにしても正面の顔 ぶきみですね。

D70_9906.jpg
【2009/06/11 08:57】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
最近購入したもの
猛禽師匠のハリスホークさんがおしゃれに愛用していたので、(本場アメリカ製の本皮のカウボーイハット)私もつい購入してみましたが,頭の毛がないのであまり似合いませんでした。

DSCF3334.jpg
コンデジも新しいのを購入するとそればかりになり前のが全く使わなくなってしまいます。
これISO1600まで許容範囲です。

DSCF3005.jpg

NIKONイメージングのレインカバー D300とD700で専用器具でファインダーに直接つなげます。
DSCF3010.jpg

DSCF3011.jpg

おなじくNIKONイメージングより ネオプレーンのショルダー 気に入ってます。
DSCF3014.jpg

迷彩のパンツととうとうみつけた勝負パンツ
DSCF3328.jpg

ジッツオの専用のは小さいので、マンフロットの一番大きいのを取り寄せました。
雲台つけたままでもOKです。

DSCF3332.jpg

【2009/06/10 01:21】 | 購入したもの | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
とりあえず 成功
ドロチューブを引き出すときに手の長さが足りなくなる点は、これで何とか解消です。

重量配分も解消できるかなと思いましたが、これは無理でした。

機関銃みたいになってきました。

DSCF3308.jpg

DSCF3306.jpg



DSCF3307.jpg

可愛い 大好きな イワツバメ

-1.jpg
【2009/06/09 11:23】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昨日の 看板の距離感 画像追加しました。
橋の看板の距離感わかるように、撮ってきましたので昨日の記事に追加してあります。
距離はNIKONレーザー距離計で測定

恐るべし BORG125SD 
【2009/06/09 11:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG 125SD 手持ち D300にて テスト
D30_0122_20090608004440.jpg

目がでてないのは、とりあえずスルーしてください。

D30_0170.jpg

背景のボケ具合

D30_0189.jpg
これはいつものテスト用看板 少し撮る場所が違うので、700Mぐらいかな?
ノートリと等倍 この距離で看板もすごいですが、カモがそこそこ解像してます。
恐るべし 125SD これは本当にすごいです。


DSCF3309.jpg

DSCF3310.jpg


D30_0233元
D30_0233等倍

オオタカ かなりのトリミングですが、証拠写真ではOKです。

D30_0268すべて大トリミング
D30_0271.jpg

何だこの画像と思わないでください。 実はこのホバは 対岸の前 約80M位かな ノートリと等倍
この距離での画像すごいと思います。



D30_0298.jpg
D30_0298等倍
D30_0299元
D30_0299等倍

以下同じ場所のホバ 大トリミングです。

D30_0300.jpg
D30_0301.jpg
D30_0302.jpg
D30_0303.jpg
D30_0306.jpg
D30_0309.jpg
D30_0310.jpg
【2009/06/08 01:46】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG 125SD 手持ち 試行錯誤
ギックリ腰をやってしまいましたので、昨日はとりあえずフィールドでいろいろ簡単なテストし
本日も引き続きこんなテストです。

①ドロチューブ部分を何か他のものに変えられないかということで、マイクロフォーカサー接眼部を
ねじを緩々にして簡単にバコバコできるようにしてやって見ました。
家で取り付けたときは、これは最高! と思っていたのですが、フィールドで使うといろいろ問題がでました。
●かなりバコバコ操作しますので、一点止めではカメラが外れてしまうこと。
●ドロチューブ以上にガタがあり、光軸がずれること(通常の使用でないので間違いなきよう)
●軽くて簡単に動くが、ピントの最終の追い込みに、何時もドロチューブを前後でなく
ヘリコイドの感覚で微妙に廻すのですが、この接眼部は構造上これが一切できません。

以上の内容でマイクロフォーカサー接眼部では不可能でした。


いろいろ考え、ホームセンターへ 物色に (仕事全くしてないな^^)
とにかく重量より長さが問題ですので、ドロチューブを引っ張っても手の長さが対応できること
及び重量バランスを変える事、そのために下記のようなものを作ってみました。

ああ それと125SDの開発秘話を読みました。
125EDから改良点が対物レンズの光軸がずれにくくする為に、厚くして重くなったこと。
逆に鏡筒は薄くして重量を軽くして、差し引き総重量は同じぐらいにできたこと。

て ことは先が重くて元が軽い、手持ちには最悪の重量バランスだということが確認できました。

今回のギックリは最短の3日で終わりそうです。
昨日本日とフィールドで、前かがみになって何とか動いてますが、今殆ど痛みが消えてきました。

今週のふくろう科の●●と猛禽の●●の雛の遠征 何とか行けそうです。 良かった!!




マイクロフォーカサー接眼部を付けた状態 いけそうだったんですがね?

DSCF3284.jpg

ロクヨン フード付けてませんが、こんなに違います。
ロクヨンが軽く感じるわけですね。

DSCF3288.jpg

DSCF3289.jpg

1メートルあります。カメラのファインダーを目に持って行き、ドロチューブを伸ばすと
手の長さが足りないわけです。


DSCF3290.jpg

で、 本日こんなものを工作してみました。
今出来上がったので実戦は明日です。
取っ手を持って重量を維持しますので、手の長さはクリアーできます。
重量バランスは、これをいろいろ動かして、ひじが上がらず負担が一番少ないところを探ってみます。

DSCF3295.jpg

DSCF3297.jpg

DSCF3298.jpg



【2009/06/08 00:25】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やってしまいました。
朝起きて水を飲もうとして蛇口をひねったら、ぎく!! ぎっくり腰です。
このところずっと違和感があったのですが、やっぱりなりました。

来週又遠征があるのでやばいです。
いつものかかりつけの整体師のところにすぐ電話して予約、2時間かけて調整してもらいました。

昨日125SDの件で気になっていた花助さんの案件を試しに小雨でしたが少しだけのつもりでフィールドへ。

125SDを少しでも短くする為に、レデューサを付ける事、これで焦点距離は短くなってしまうが
500/F4になる、しかも全長も短くなる。次にせっかくなのでTC-16A改を試してみること。
2.0テレコンでも許容範囲だったので、TC-16A改をMFで使ってみること。

上記をテストしてみました。結果は雨でもやも少しあったので、再度やり直しです。
ところが、収穫がありました。
TC-16A改をMFで使うつもりが、AFのまま使ったら動いたのです、(レデューサを装着なし)
もし結果がよければ 1200ミリAF APS-Cで1800ミリAF
再度天気の良い時にテストしてみます。

結局 そんなテストをする為に125SDを動かした為、会社に着いたときは腰が動きません。
完全なぎっくり腰です。
やばいな^^^^。 早くて3日 長くて10日
遠征までに直ってくれ!!

腰が痛いので、本日は画像はお休みします。
明日あたりに先日の遠征のハヤブサの巣立ちの投稿をしたいと思います。
【2009/06/06 01:43】 | ぎっくり腰 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
燕 結構近いですが まだまだ・・・・
昨日私の頭の中の師匠であるM氏に弟子入り入門しました。
燕にかかわらず、あまり常日頃ノートリは気にしてなく、できたものが何ぼと思ってますので
平気でトリミングしてますが、やはりトリミングとノートリの画像は当たり前ですが違います。
師匠のノートリの燕の飛翔を見て、自分の画像を比較しますと、一気にテンションが下がります。
練習あるのみ と思いますが、腕が違いすぎます。
いつか唸るような燕のノートリを撮りたいと思ってます。

こちらの画像は今まででは一番近い距離で撮ったものです。
125SDがもう少し使いかってよくなれば、さらに近い距離で撮れるかもしれません。
ジャスピンありません。 ピント甘いですが今までより近いので載せました。

少しトリミングしてます。
D300 D700 BORG125SD 1.4テレコン 2.0テレコン  手持ち



D70_9011.jpg

D70_9001.jpg

125-2てれ

125SD-1.4

125SD-1.4-0



125SD-2.0



125SD-2.0テレコン


125に1.4



D30_0413.jpg



D30_0483.jpg



D70_8916-2.jpg



D70_8933-2.jpg



D70_9063.jpg



D70_9093.jpg



D70_9135.jpg



D70_9248.jpg



D70_9274.jpg



D70_9312.jpg

初めてのフィールドです。対岸110Mに燕の雛が巣立っておりました。

D30_0031_20090605023958.jpg

下に巣の跡があります。

D30_0074_20090605024012.jpg
【2009/06/05 02:49】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG 125SD 手持ち  飛翔テスト
比較的撮りやすい被写体で(大きく、飛翔もゆったりなので難易度は小さい)飛翔を撮ってみました。

天気良いのでD300 テレコンは 1.4と2.0を併用してます。
近すぎてとびだしてるものもあります。

少しだけノートリ  手持ちですのであまり参考にならないと思いますが・・・・・。

D30_0424_20090604003308.jpg

D30_0423_20090604003324.jpg

近距離で追っていたら一瞬こちらをチラッと見ました。

D30_0548.jpg

D30_0253_20090604003343.jpg

D30_0208_20090604003353.jpg

D30_0140.jpg

大きすぎて飛び出し。

D30_0270.jpg

D30_0279_20090604003422.jpg

D30_0229_20090604003433.jpg

D30_0520_20090604003446.jpg

D30_0594_20090604003454.jpg

D30_0593.jpg

D30_0592.jpg

D30_0521.jpg

これは距離ありますが、AFでなくMFですと前に迫ってくるところは
あわせやすいです。
これのみ D700にテレコン2倍です。

D70_8962.jpg

D70_8963_20090604003538.jpg

D70_8964_20090604003545.jpg

オオタカの幼鳥 羽が悲惨です。 いつものようにかなり上空ですので大トリミング。

D30_0347.jpg
【2009/06/04 00:44】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。