本日は本降り 昨日に続いて2倍テレコン
天気がこのところ毎日さっぱりで、車から出れずに、飛翔のテストができません。
先日の個体です。
SS遅いので、手持ちですと少し手ぶれしています。
それでも1.4テレコンと比較しても2.0テレコン OKですね。
マスターレンズがよいと2.0テレコンも使えます。
ツバメは車の中からですとこんなものしかとれませんが、大トリミングでもそこそこいけます。



微妙なピントの追い込みができません、ドロチューブをほんのわずか動かして
追い込みするのですが、硬いので強く動かすと前にも後ろにも動きすぎてしまいます。
何かいい方法ないものか?



D70_8868.jpg

D70_8865.jpg

D70_8880.jpg
【2009/05/31 23:59】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
初めての大遠征 「イヌワシ」
大遠征です。
朝3:30に起きて(何時も寝る時間です。)4:30に出発 ひたすら8時間運転し現地到着。
高所恐怖症ですので足がすくみます。
最高の天候でしかも4回も 2M級の雄姿を見せてくれました。感動もんです。


このあと2時間かけて翌朝のハヤブサポイント近くのホテルに到着 即爆睡???(できなかった)
殆ど睡眠しないまま、朝4:30起床 5:30ポイントに到着 すでに巣立った雛がギャーギャー鳴いてます。・・・・ ハヤブサは次回に載せます。


最高のお土産が撮れていざ帰宅。 ところが東京に近づくにつれて台風のような豪雨です。
東名高速がワイパーを目一杯廻してもやっとの視界です。
なんやかんやで帰宅。 10時間半 一人で運転 かなりのハードスケジュールでした。


当日は 初孫の お宮参り でしたが 孫の名が 「ヒナ」 こちらのヒナちゃんのところでなく
ハヤブサの 雛 に会いに行ってしまい、息子・妻達は かんかん でした。



雄大な雰囲気を味わってください。
殆どBORG125の画像ですが、1日の試運転で実戦投入しましたが、長すぎて、硬すぎて
ドロチューブが動かず、事前にシリコングリースをドロチューブに塗って行ったのですが、やはり駄目で
ピントあわせができませんでした。殆どピン甘ですが、雰囲気はわかると思います。

600/F4も 猛禽の中でも撮るのが易しいイヌワシなのに、AF-CでなくAF-Sの設定になってまして
近くを飛んでくれた時の連写分が、撮り終って自信もって最高のが撮れたと思って確認したらなんと
最初の一枚のみで全て没でした。言い訳ばかりで、しかもこんなチョンボばかりしてますが
これも腕のうちです。まだまだです。


MFは昔の癖で、ピントが合わないとシャッターを押せないので、本当はシャッターを連写しながら
ピント合わせをしたほうが歩留りよいのですが・・・・反対にAFはカメラが追ってくれますので
とにかく連写します。 結果 設定間違いだと今回のように最初の一枚だけで、あとはすべて没になってしまいます。
まあ^^撮れた画像が何ぼです。 言い訳してるうちは ヒヨっこです。



この前方の景色の中を、雄大なスケールで飛翔します。 最高です。

1_20090531000708.jpg

この岩の上に乗っているときに現れました。
ここからとっさにBORGを振り回しました。 岸壁から落ちたら大変でした。
今見ても足がすくみます。

2_20090531000747.jpg

空の王者 イヌワシが 眼下をゆったりと飛翔していきます。

4_20090531000807.jpg

5_20090531000816.jpg


ここの枝に ペア で止まってます。

6_20090531000823.jpg


小さいですが 雰囲気がわかると思います。

7_20090531000831.jpg

8_20090531000839.jpg

2羽の個体ですが、どちらも 若です。 どちらが雄か雌か判断できません。

9_20090531000847.jpg

この雰囲気最高です。

10_20090531000854.jpg

吸い込まれていきそうです。

11_20090531000903.jpg

12_20090531000913.jpg

個体①
13_20090531000927.jpg

個体②
14_20090531000934.jpg

15_20090531000942.jpg

16_20090531000950.jpg

17_20090531001000.jpg

18.jpg

この日は 初めてのディスプレイ飛行を見ることができました。
深い谷間にまっさかさま 急降下です。

19_20090531001018.jpg

20_20090531001028.jpg

何度もディスプレイ飛行を繰り返しました。

21_20090531001041.jpg

22_20090531001051.jpg

23_20090531001100.jpg

一番近かった時です。遠くから正面で近づいてきた一番カッコの良い飛翔が
連写連写で100枚は撮ったのですが、シングル設定になっており、全てパーです。

イヌワシ

真上近くになったので、64の三脚では追えないので、すかさずBORGで一瞬でしたが
通り過ぎるところを撮れました。
陽が落ちるところで、個体全体にあたっております。

25_20090531001107.jpg



ハードでしたが、オオワシとかと違い、なかなか会うことができない イヌワシと最高のひと時を
過ごす事ができました。
現地の温かい皆さん、有難うございました。



【2009/05/31 18:00】 | イヌワシ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
本日は2倍テレコン装着 BORG125SD 手持ち テスト
本日も小雨交じりの天気でしたので、車の中からで、飛翔は撮れません。
仕方ないので 2倍のテレコンを装着して実戦で使えるかテストしてみました。



昨日の堤防から本日は川岸に下りて車の中からになります。
一人で驚いてばかりですが、過去このテレコンを使い、何度か実戦でいけないかと色々なレンズに装着してテストしましたが、どのレンズでも結論実戦では使えないという結果しかでませんでした。
もちろん77EDでも許容範囲外でした。
元画像でなくわかりづらいですが、どうでしょうか?
十分猛禽の実戦でOKかと思います。


画像見るとたいしたことないですが、距離をごらんください。
30M以内はありません。 誉めすぎかもしれませんが、本当にすごいです。




距離40M D700 換算1500ミリ

D70_8817.jpg

車の中ですので、飛翔は無理の為、飛び出しのみです。
ピントが甘いのは、あの長いBORGが中では思うように動かせませんので、軽くごらんください。


D70_8758.jpg

D70_8769.jpg

D70_8770.jpg

これも自分一人で驚いてますが、2倍テレコンでこれだけ松の葉がしっかり描写できたレンズはありません。

D70_8753.jpg

等倍以上にトリミングしましたシルエットですが、遠くにハヤブサが何か獲物を運んでました。
とんだ方向が街中(駅方面)なんですが、どこで食事するのでしょう?

D70_8796.jpg
【2009/05/30 22:55】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG125SD テスト中 さらに続く
本日は月末で銀行周りと、小雨でもありましたので、近いフィールドの堤防の上から 飛翔は撮れないので止まり物で
少しばかりのテストです。


昨日のBORG中川さんからの荷物は「眼視ユニット スペシャルバージョン」でした。
見たところ今付いてるものと変わりないのですが、一応付け替えてみましたが
動きは殆ど変わらないような?


本日は125SDに純正テレコンは長すぎて左手が届かなくなるので、ケンコーの1.4テレコンです。
距離12M ほぼノートリ 雨ですので車の中からです。被ってるのはスルーしてください。

D70_8540.jpg

D70_8554.jpg

D70_8527.jpg

画像はたいしたことないのですが、すごいです。
距離が70Mあります。 この距離でここまで解像するか?びっくりです。 トリミング大

D70_8489.jpg

距離15M どうってことないですが、深度が浅いので、目にピントを合わせると止まり木は
ピントは当然来ません。
よく一般レンズで絞ってしまうと被写体から止まり木までピントが来てしまいますが
画像として綺麗そうですが、立体感がなくなりますので、この感じでよいですね。


D70_8560.jpg

D70_8562_20090530000634.jpg

距離40M これのみ数日前の画像です。 ピーカンで今一ですね。
D70_7648.jpg

この燕も車の中ですので、レンズを振れずこんなのしか撮れませんが、実はすごいです。
距離130M この距離での画像 空気感 びっくりです。 こんなレンズ初めてです。トリミング

D70_8508.jpg

これも同じぐらいの距離 すごいと思います。
もっと近かったらどんな画像になるのでしょう?
D70_8518.jpg

これもただの石ころですが、一瞬間違えました。
いつも堤防を下ってコチドリを撮る場所なんですが、(20Mぐらい)その画像と見間違えました。
距離120Mあります。 1.4テレコン装着してもこの描写。

D70_8466.jpg

これもつまらない画像ですが、こちらの手前の堤防の上から見て、川向こうの堤防の下
距離400M 77EDや600/F4 比較しようがありません。
100M以上の解像度すごいの一言です。

D70_8480.jpg


【2009/05/29 23:49】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BORG 125SD 手持ちでの使用感
125SDの眼視ユニット(ドロチューブ)を伸ばした状態
77EDⅡ(ノーマル仕様)のドロチューブを伸ばした状態  横から長さ比較

DSCF3197.jpg

↑の前からの雰囲気

DSCF3199.jpg

77EDⅡ(燕等速いものの飛翔仕様 2段重くしてあります。)のドロチューブを伸ばした状態

DSCF3204.jpg

77EDⅡ(猛禽等遅いものの飛翔仕様 3段重くしてあります。)のドロチューブを伸ばした状態

DSCF3208.jpg

↑ フードは125SDより大きいです。

DSCF3207_20090529005616.jpg



私の使い方として、基本的に飛翔専用、完全手持ち(届いたシステムでは三脚はおろか、一脚も付けられませんが・・)素早いものには照準器など使ってられないので、目視がしやすい事、電子マウントアダプターや、フォーカスエイドでピントの確認などをトビモノではしてられないので、MFでピントの山が掴みやすいこと。軽すぎるとぶれやすいので、そこそこの重量があること。
こんな感じです。  ただ殆どの方の使い方とは違うと思いますので、参考には全くならないと思います。



とりあえず 1週間の簡単な使用感です。レンズの描写は最高ですので
随時画像は載せていきたいと思います。
又使用感も随時書き込みいたします。


●長所(利点)
①とにかく解像度が素晴らしい、600M先の定点テスト用の看板の文字がはっきり見えるほか
驚いたのは、この看板の横をたまたま飛んでいた鴨がしっかり解像されていたこと(普通はシルエット程度)
②45EDのかりっとした描写、77ED少し色だしがモヤモヤ、125SDは45EDのしっかりした描写に
味付けされている、77EDのようなモヤモヤ感のない、尚且つビビットまでいかない色だし。
③フードが小さい為、照準器を付けなくてもすぐに被写体をファインダーに捕らえることが可能。
④三脚を使わないで手持ちでも、ブレにくい。

●短所(欠点)
①重量は数値的には標準で3.5Kとこのクラスでは軽いほうであるが、とにかく長い。
②眼視ユニット(ドロチューブ)が、先日の77EDのガタガタにリングを付けてしっかりしたが
この状態よりもしっかりしすぎている為、かなり力を入れないと動かず、すばやいピント合わせができずに、実戦では全く使い物にならない。(あくまでも完全手持ちでの飛翔用として
③実戦ではテレコン7214を装着が前提だが、眼視ユニットの硬いのはともかく、ドロチューブを前後
してピントを合わせるわけだが、伸ばすには手の長さが足りないので、15M前後より近いところは使えない。(イヌワシクラスだと立地的に750ミリでは足りない。)
④重量バランスが全く悪く、レンズ側にもっていかれるので、左手を伸ばした状態での体感重量は
600/F4の込みの6Kよりも全然重い。しかも手を伸ばし、脇が付かない状態での重量感は
とてつもなく重い。カメラボディ側を重くしてバランスを取れる様にしないと、使えない。
(ゴルフをやられる方はわかると思うが、総重量でなくバランスが命)


腕を上げるとか、体を鍛えるとか、慣れるとかいう問題でなく、今の状態だと
私の使い方では無理です。何かいい方法ないものか?




本日メーカーから何か届いたみたいです。(不在配達が入ってました。)
77EDがメンテナンス終わった?
それとも何か宝物?
明日が楽しみです。
【2009/05/29 01:55】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
BORG 125SD 手持ち テスト№2
買い物の合間にアマサギをすこし・・・
ノートリと少しトリミングと。
距離100M 1.4テレコン使用 手持ち ME・MF

D30_0060_20090528012719.jpg

D30_0053.jpg

D30_0062_20090528012748.jpg

D30_0024_20090528012734.jpg

D30_0138.jpg

D30_0096.jpg

D30_0197_20090528012830.jpg

D30_0153_20090528012817.jpg
【2009/05/28 01:31】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG125SD  手持ち テスト中
5/21日に届きあまりの描写のすごさに、大事な遠征に一度試運転しただけで
持って行きました。
本日はいつものフィールドで、1.4テレコンを装着して試写してみました。
いつものコチドリと とび です。
いつもと変わらないようですが、元画像は素晴らしいです。
77EDとは 比較になりません。

D300 1.4テレコン  換算 1575ミリ 手持ち




左奥からこちらに向かってきたところ 距離 20M トリミング

D30_0012とり

↑の ノートリ
D30_0012のーとり

前からこちらに向かってくるところ  距離 約15M トリミング

D30_0127とり

↑のノートリ
D30_0127のーとり

対岸の上の奥深いところ 距離 200M トリミング 目だけを狙ってます。

D30_0060.jpg



【2009/05/26 23:11】 | BORG125SD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イヌワシ ハヤブサ巣立ち BORG125SD
遠征に行ってきました。
帰宅が遅かったので、画像いっぱいで整理できてません。
後ほど・・・・・。

会社にて。


D30_0340-000.jpg

D70_7796.jpg

DSCF3145.jpg

D70_8238.jpg

D70_8254.jpg

D70_8258.jpg
【2009/05/25 17:58】 | イヌワシ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
久しぶりに AF-BORG
日中いつものフィールドにて

D30_4444_20090522103200.jpg
D30_4448.jpg
D30_4449.jpg

夕方 別のフィールドに行くと、同じカモメがいました。

D30_4556.jpg
D30_4583.jpg
D30_4584.jpg

本当の真上です。
D30_4600.jpg

暗くなってきました 
D30_4648.jpg

夕焼けの中 少し逆光ですが
D30_4962 夕焼け逆光

おおむね AF精度は 許容範囲です。
D30_4606.jpg
【2009/05/22 10:37】 | AF-BORG(NIKON TC-16A改) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すこしぶれてますが 本日の一枚
80M先の燕です。ぶれてしまってますし、ピントも少し甘いですが、いつもとちょっと描写違ってます。

D300 BORG  手持ち


D30_0151-0.jpg

D30_0151-1.jpg

これですと等倍は ブレとピン甘が完全にわかってしまいます。
しかし、描写が何か違うこの描写で、近くてジャスピンだと、とんでもない画像に??

D30_0151-2.jpg
【2009/05/21 02:22】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
燕の飛翔 300/F2.8編
燕の飛翔  328編です。

画像は後ほど・・・・

大変遅くなりましたが、画像載せました



300/F2.8 D300 素  手持ち AF今一ですので MF撮り分です。

残念ながら、ジャスピンは一枚もありません。

このあと 1.4テレコン 2.0テレコンでの 燕飛翔を載せます。

D30_0146_20090520020333.jpg

D30_0027_20090520020353.jpg

D30_0105.jpg

D30_0144_20090520020422.jpg

D30_0158.jpg

D30_0182_20090520020452.jpg

D30_0183_20090520020507.jpg

D30_0186.jpg

D30_0315.jpg

D30_0468_20090520020605.jpg

D30_0482.jpg
【2009/05/20 02:07】 | イワツバメ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ツバメの達人


最近私の方向性は自分でもわからなくなりました。
目の前に翡翠がいても興味なく、一応前回のトラフズク等撮りたいと思い通いますが
一番撮っていて楽しいのが、 燕  なんですね。 足場をしっかり固めて、レンズを振り廻して
右に左に、上に下に、時には体を一回転して360度回転 動きが早くてひっくり返ることも。
でも楽しい!!  一日中 燕 を追いかけていても飽きない!!


実はそれには 負けず嫌いな私の性格で、どうしても燕をノートリでジャスピンで未だに撮れていない事なんですね。両眼視でファインダーで追うのは完璧なんですが、近くを飛んでくれないこともありますが、一番はまだまだの腕です。
 一人私の中だけで師匠と思っている方がいます。
燕の画像を見る限り、一番ではないかと思います。その方の掲示板に入りたいのですが
そのための画像が撮れません。


以前CASIOからEXILIM EX-F1という、一秒間に60コマ撮れるカメラが出ました。
私も発売日に購入して色々テストしましたが、1ヶ月で処分してしまいました。
その理由は何度挑戦してもファインダーで燕を追えない事(コンデジですので仕方ない?)
飛翔が簡単に撮れすぎること。(一秒間に60コマですので当然?)この2点の理由です。

ところが昨年この後継の EX-FC100 という機種が出ました。一秒間に30コマですが、パスト連写機能もついており、デジスコ等応用が気になってましたが、先ほどの私の頭の中の師匠がやはり
このカメラで玉抜き直焦点化の改造を実現しておりました。  その改造のコンデジを使って
燕を撮られてるんですね。 これがノートリですごい画像なんです。
もちろん バスト連写30コマ/秒なので、ファインダーに入りさえすればジャスピンの可能性は
非常に高いわけですが、同じように一般レンズ(500/F4)でも撮られてるんです。こちらはトリミングになってますが、素晴らしい画像です。
この師匠に何とか追いつきたいと思っているわけです。 たまに背負吊具という数十万もする手持ち用の器具(これはまねできません)を使ってるようですが、とにかく完全手持ち・飛翔オンリー のスタイルはとても共感できるもので、私の目標とする画像です。


 釣りファンには待望の解禁が5/15日今年もにされました。当フィールドも釣り人でいっぱいです。
ここで長い大きなカメラをもって、何時間も振り回してるとさすがにいろいろな方が声をかけてきます。
何がいるんですか?何を撮ってるんですか?燕を撮ってるんですか?
私の答えは何時も 「いや--実はなかなか見れない燕が飛んでいるので、それを狙ってるんですよ
・・・と 」 「へ--そうなんですか? みんな同じ燕に見えますがね---」 てな具合で
恥ずかしさをごまかしてます。
昨日は2度目ですが アマツバメが数十羽 上空を飛んでました。渡りの途中?でしょうか?
「こんな燕なんですよ」 と 見せてやりました。



BORG45EDⅡに1.4テレコン やはり77EDよりこちらのが描写が良いです。

もう少しでジャスピンだったのですが、ほんの少しずれてます。
あまつばめBORG77ED2

ノートリでこの大きさです。 もう少しよってくれたらいいのが撮れたのですが。
いつか撮ります。
D30_0363のーとり

アマツバメです。 まっすぐこちらに向かってきたのですが、ここで折り返してしまいました。残念。
あまつばめBORG

↑のノートリです。

D30_0370のーとり

以下 似たような画像ですが 削除ももったいないのでごらんください。

D70_5234B.jpg
D70_5235B.jpg
D70_5239B.jpg
D70_5240B.jpg
45_20090519102922.jpg
4501.jpg
D70_5242B
D70_5244B

対岸 100M先にしてはしっかりしてると思います。
4511.jpg
4512.jpg

暗くて ピン甘 ですが いつもの水のみシーンです。

D70_5273B
D70_5274B
D70_5275B
D70_5276B
D70_5277B


【2009/05/19 10:30】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG77EDⅡにて コウモリ №2
昨日はまさに真夏の暑さでした。BORGと600/F4(ボディ込みで6キロ強)を手持ちで
3時間振り回していましたが、もう少しで熱中症で倒れるとこでした。
水分も補給してたのですが、昨晩はそのままダウンしました。



77ED2に1.4テレコン D300 換算1000ミリ強でコウモリ狙いましたが
対岸の崖の暗いとこから出入りしており、約100M強の距離、尚且つ
ボディは雀より小さく、動きも予測困難な動きをする為、、MFでピントが掴みきれません。

なんとか近くに来て、ノートリのジャスピンを狙ったのですが、遠くで
の飛翔のみでした。 すごい顔をしているので、何とか一度アップで撮りたいと思います。


証拠写真 雰囲気のみ



D30_0161_20090519091543.jpg

こうもりBORG77

D30_0291_20090519091602.jpg

D30_0255_20090519091516.jpg

D30_0239_20090519091531.jpg



【2009/05/19 09:08】 | コウモリ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カワセミホバ ∑と600/F4 AFテスト
この下の記事でBORGでの100Mのカワセミのホバを載せましたが、100Mはいささかどのレンズも
豆粒で、AFがジーコジーコで効きません。
このホバは30Mから60MぐらいでのホバをMFでなくAFで掴まえられるかやって見ました。
このくらいまでの距離が、AFでの限度かな?と思います。
今度、BORGでもう少し近いところで撮ってみますが、100Mであれだけですので
期待できます。  ただフィールドで色々レンズを換えてるので、ホバをしてる時
たまたま持っているレンズで撮らなければなりませんので、チャンスが難しいです。

豆粒ばかりで寂しい画像ですので、先に600/F4VRでのノートリの画像をごらんください。

元


これは∑150-500です。 一応フォーカスは掴まえたことになってますが
等倍はきついです。

D300 ∑ ノートリ

↑の等倍です。
D300 ∑ ピクセル等倍

ここから距離は色々ですが、600/F4VRのAFです。
ノートリとピクセル等倍のそれぞれの画像です。
当然∑よりは段違いですね。
D300に64素と2倍ノートリと等倍_0006

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0038

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0048

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0047

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0078

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0073

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0013

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0025

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0048

D300に64素と2倍ノートリと等倍_0047

載せる時にノートリと等倍の画像が間違ってるものがありますが、連写の一部ですので
比較は殆ど変わりありませんので、ご容赦ください。(削除してしまって入れ替えできません。)
【2009/05/18 01:16】 | 翡翠 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カワセミと燕の競争?
このカワセミの止まり木、今までで一番もった止まり木です。4ヶ月?ぐらいここでカワセミを
迎えてくれました。ぎっくり腰にならないようにゆっくりここまで引いて据え付けました。
ところがGW中に家族で来ていた方に、無残に鉄板焼きの火になってしましました。

いやな予感してたんですけどね。 なーーんにもいえません。

久しぶりに遠くで遊んでいました。 80Mのシュミレーションしてましたので
それより遠くでのホバですが、面白いことにダイブして魚を捕った後
燕に追いかけられました。  さすがに燕のが早いんですね。
遠いので本当の証拠写真程度ですがごらんください。

BORG45EDⅡ 手持ち MF


在りし日の止まり木です。(これはコンデジです)
DSCN3393.jpg

こんな姿になってました。
D70_3414.jpg

D70_3415.jpg

止まり木がなく、遠くで遊んでました。
D70_5930.jpg

100Mぐらい先  豆粒でのホバです。 この距離はAFでは絶対無理です。
あとで載せますが、60MぐらいでAFはOKでした。

D70_5954.jpg


D70_5955ノートリBORG

↑の等倍です。

D70_5955等倍BORG

ホバからダイブして魚を咥えたところで、燕に追いかけられます。

D70_5963.jpg

ここからどんどん近づいてきます。 さすがに燕は早い!!
しかし カワセミも 早かったですね。

D70_5964.jpg

D70_5965.jpg

D70_5966.jpg

D70_5967.jpg

ここで気がついたか? 慌てて落としてしまいます。

D70_5968.jpg

燕は右後方 帰っていきます。

D70_5969.jpg

【2009/05/18 00:33】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG45と77と600/F4VR とび比較
来週遠征に行きますので、久しぶりに600/F4を手持ちでなく三脚でどの設定でいくかテスト。
ついでにこれまた久しぶりに45EDも試写。


3日間ほど色々シュミレーションしながら撮ってますが、結論からすると、非常に困ってます。
どの場面でもどうしても45EDが一番なんです。77EDもリングを付けてから悪くないのですが
やはり45EDのが77EDより全てに良いんです? で 600/F4VRはピントは甘い、フォーカスは
遅い、かといって 遠征にBORGのみで行くわけにもいかない?

どうしても高いもののほうが写りが良い? 本番は高いものでいきたい? この意識が邪魔して
・・・・・・。困りました。 600/F4素でもはっきりBORGにかなわない?
フォーカスはBORGはMFですのでAFの64が、かないっこないのですが、ジャスピンが64はこない!

いろんなシュミレーションの中のとびでのケースです。
45ED・77EDはどちらも1.4テレコン装着  手持ち MF
600/F4VRは1.4と1.7テレコン装着   三脚仕様 AF




まず45ED ノートリ  ジャスピンです。
4500notori.jpg

↑をトリミング

45-1_20090516015940.jpg

さらに等倍まで

D30_0864等倍

45にノートリ

45ni14.jpg
45ni140.jpg

45での羽の色
45ni14000.jpg

ここから64に1.4テレコン

64ni140.jpg
64ni14_20090516020209.jpg
64ni1400.jpg

64に1.7テレコン ノートリ

64に1.7のーとり


↑を等倍  どうしてもBORGにはかないません。45EDはさすがです。

64に1.7等倍

ここからBORG77ED 1.4テレコン

77ni14.jpg
77ni140.jpg

ここから急降下 水面ダイブ 後ろ向きになってしまい、最後はかぶってMFみずらくピント甘くなってしまいましたが、なんとか急降下もついていけます。

77_20090516020359.jpg
D30_0465B.jpg
D30_0468B.jpg
【2009/05/16 02:14】 | BORG 比較 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
トラフズク もう一羽の雛の画像
BORG77ED 手持ち MF

77.jpg

300/F2.8 手持ち MF

328-1.jpg

本当はこの2羽が正面を向いたショットを撮りたいです。

328.jpg

ここから 600/F4 手持ち AF

D70_4660.jpg

D70_4793.jpg
D70_4803.jpg
D70_4665.jpg

車から BORG77ED 手持ち 

77-1.jpg

同じく300/F2.8 手持ち

D30_0143.jpg
【2009/05/14 01:47】 | トラフズク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
またまた トラフズクの雛
本日は平日、天気も曇り空、連休も終わったし、Cマンいないと思い3度目のトラフズクの
ポイントに行ってきました。
雛が色々な表情をしてくれました。
2ショット、3ショットを撮りたいと思いましたが、本日はかないませんでした。
BORG77 300/F2.8 600/F4
画像の大きさの違うものは、テレコンを1.4 1.7 と取り替えてます。


表情可愛いですのでじっくりご覧になってください。



D70_4741.jpg
D70_4723.jpg
D70_4748.jpg
D70_4766.jpg
D70_4767.jpg

この下は90度以上廻ってます。目が下で口が上です。

D70_4781.jpg
D70_4784.jpg
D70_4819.jpg
D70_4827-1.jpg
D70_4835.jpg
D70_4847.jpg

本日の帰り際は サシバ が国道の電線に居りました。
いもり?のようなものを狩りして食べてました。

逆光でEV持ち上げてあります。

D30_0115.jpg
D30_0119-1等倍いもり?
D30_0120_20090512013911.jpg

画像いっぱいですので、明日残りを載せます。
【2009/05/12 01:33】 | トラフズク | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
BORGのPENTAXファンの方へ 高感度テスト

PENTAXでBORGをやられてる方はかなり多いと思います。
本日は、もうじき発売される新製品の高感度が、K20Dよりかなり良くなるはずですので
高感度に強いNIKONのD700にてテストしてきましたので、比較参考にしてみてください。

BORGはやはりF値が暗いので、実戦ではどこまで使えるか 自分なりのテストです。
素の77EDでなく、全ての画像とも実戦用に1.4テレコンつけてます。三脚は使いませんので手持ち MFです。

夕方日が落ちるところから、完全に日が落ちたあとまで、ISO1000から2000まで。
絞り優先ですと特にトビモノはこの時間帯は厳しいので、マニュアルで少しアンダー気味に
して、後で上げてます。もちろんノイズが最低限の範囲の設定です。

D300でBORG77ですと、私の場合、トビモノの手持ちですので、夕方は100%使えません。
D300ですと私のノイズの許容範囲はISO400までです。高感度ノイズ低減をONにすればよいのですが、私はSSに影響あるので、いっさいOFFにしている為、ISO400までです。

D700ですと通常夕方の暗くなりかけで、ISO1000にしてマニュアルモードでSS1000まで上げても
許容範囲ですので(私的にはD300のISO400よりノイズはないと思う)
そこから暗さに応じてISO2000まで、SSは800から640まででとび物は撮ります。
当然同じ設定でも、背景等でノイズの出方は変わりますが、色々撮ってみましたので
参考にしてみてください。(画像は少し荒くなってます。)


PS 
よくフルサイズのD700でファインダーが見やすいと書いてあるのを見かけますが
MFが多い私の場合、D700はD300に比べて非常にピントが掴みにくいです。
F値の暗いレンズや、逆に快晴の時ざらついて見ずらいです。
ファインダースクリーンを交換すればよいのですが、Mfで限定すると、D300の
ファインダーはとてもピント掴みやすいですね。





それと、一番最後に載せた画像ですが心霊写真のようなものが写ってしまいました。
首から下がどうしても写っていないようなのです。
もし心霊写真なら、面白半分にブログに載せて何かあったら怖いですので、悩みましたが
詳しい方に助言いただきたく載せてみました。

気持ち悪い方は下の2枚見ないようにしてください。



これは日が落ちたばかりの状態です。外灯が写ってます。
D70 1600  800

200M先の重機です。何時もテスト用に撮ります。
EV上げてます。
ISO1600 SS800
1600  800

夕日の中のイソシギの飛翔です。

ISO1250 SS1000
ゆうひ1250の10000

おなじく 夕日 ISO1250 SS1000
1250の10000

ゆうひ12501000

夕日が写ってます。

ゆうひ125001000

これはセキレイを追っていて 夕日がファインダーに少し入ったところです。
ISO1250 SS1000

1250のの1000

おなじく 燕がいつもの水のみしたところです。
1250の1000

ここから ISO1600にあげ SS800に落としてます。
コチドリの 飛翔 ノイズが目立ちますが まだ許容範囲です。

D70 1600 800

一応菜の花バックに 同じ設定

1600 800

ISO1250 SS1000ですが この背景は当然ノイズが目立ちます。

1250 1000

このヒバリは、私の前の虫を一気に飛びついて捕りました。
何時も連写して、たまに虫を捕るところが写っていることがあるのですが
このヒバリは虫を撮ったのを確認して、すぐにBORGを振って撮りましたが
ピントが間に合わず、捕ってから去るところになってしまいました。
ISO1250 SS1000

1250 1000

イワツバメ も この時間から飛び出します。
ISO1250 SS1000
1250   1000

おなじく

12501000.jpg

この背景は意外とノイズ目立ちません。
ISO1250 SS1000

12501000
1250の1000

D70_4540夕方テスト

これ 意外と気に入ってるとまりものです。
ISO1000 SS1000

1000  1000

ISO1600 SS800

D70_1600 800

いっぱい泣いているオオヨシキリですが、何度挑戦しようとしても、ここでは被ったとこしか撮れません。 
ISO1600ですが SS200まで落としてます。
何とかノイズは許容範囲かな?

18 30  1600  200

この画像だけD300に 300/F2.8 にて絞り開放
ISO400 SS1000です。
F2.8はさすがにこういう場面では強いです。かなりトリミング。
暗いのでAFでなくMFです。 (ピント甘甘です)

328で夜400 1000


この下の画像注意


夜18時過ぎ ISO2000で対岸100M以上先を散歩している画像です。
元画像 EVそのまま。

ISO2000.jpg

一番後ろを歩いてる人にどう見ても首から下がない顔が写ってる??
EVあげてトリミングした画像です。
除霊でもしたほうが・・・・・・・・??(心霊写真ならまずいのですぐ削除したいので教えてください。)

D70_3016-00.jpg
【2009/05/11 01:27】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
本日も プチ遠征
昨日は本降りの雨の中でしたので、快晴で撮ろうと思い再度出かけてきましたが
トラフズクは枝かぶりのひどい場所で、Cマンもいっぱいでしたので、いい画が撮れないと思い
早々と退散しました。

別の場所のフクロウです。 巣立ったばかりの雛が上に移動をしようとして、滑って落ちてしまいました。まだ飛べません。心配でしたが無事途中で止まりました。

BORG77 テレコン1.4 手持ち撮影


あくびだと思います。
D70_3577あくび

D70_3583.jpg

ここから動き出しました。
D70_3602.jpg
上ってきます。
D70_3613.jpg

D70_3616.jpg

D70_3618.jpg

D70_3621.jpg

滑りました。
D70_3624.jpg
まっさかさまです。
D70_3625.jpg

D70_3626.jpg
何とか無事にこんな感じで止まってました。 あんしん・・・・
最後

帰り際 久しぶりに ノスリが上空を飛んでました。
BORG77に 2.0テレコン付けて 手持ち撮影 かなりトリミング
D30_0019_20090509224818.jpg
【2009/05/09 23:00】 | フクロウ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
プチ遠征三日目  トラフズク編
Kさん 情報有難う!

本日は小雨から本降りになってしまいました。
証拠写真程度です。


BORG77 1.4テレコン 手持ち 
雨の中、ファインダーが曇ってピントの山がわからず、しかも SSが1/15しかでず
ブレとぼけです。ぶれずらいBORGもいささか このシャッタースピードで手持ちは厳しいです。

BORG15.jpg

これが SS 1/30 少しブレは小さくなったかな?
BORG1.jpg



BORG30.jpg


ここから 600/F4 1.4テレコン 手持ち
64も手持ちだと SS 1/60でもVRぶれますね^^^。

64 60

ロクヨン SS 1/125

64 125

雛が3羽いますが、2羽はかぶってしまって影だけです。

64_20090508231258.jpg

64 333

64 2222
【2009/05/08 23:14】 | トラフズク | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
遊馬製作所 [BORG しゅう動 ベースリング] №Ⅲ
このリングの最終報告です。
結局3箇所のテープは、私の激しい使い方でははがれて丸まってしまいましたので
その後ドロチューブをはずして前側の少しだけ残っている隙間に直接テープで
ぐるぐる巻きしました。 やりすぎると当然動かなくなりますので、まえから2/3位で
落ち着きました。 

音は実戦では全く気にならず、関係なし。
動きもガタがほぼなくなり快適

このところ撮っていて自分なりに写りがよく気持ちよいのですが
依然何度も 45EDⅡのが写りがシャープで77より良い、と しつこく書いてましたが
よく考えると 45は 私はドロチューブ使っておらずヘリコイドのみです。
今 77が非常に良くなったのは、やはりここの部分の光軸のずれが多少あったのかもしれません。

いい写りをする時と、なんで? という写りが77のくせ?かなと思ってましたが
現在リングを付けたあとは首をかしげる写りがなくなりました。

遊馬製作所さんに感謝です。 というより この位はBORGで改善されないとまずいですね^^^^^。
【2009/05/08 10:48】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プチ遠征 第2弾 ムナグロ編
Kさん 情報有難う!!



小雨の中でしたが、BORGと600/F4で撮ってきました。
夜中の3:40分になってしまいましたので、後ほど比較して再編集いたします。

距離が遠かったので、64がここでは主体です。
以下 :D300 600/F4VR 1.4テレコン 手持ち撮影

D30_0185_20090508033755.jpg

005.jpg

D30_0230_20090508033859.jpg

D30_0110.jpg

D30_0618.jpg



D30_0662.jpg




ここから BORGです。
小雨で今一の条件ですが、D700との組み合わせで快適です。

:D700 BORG77 1.4テレコン 手持ち

000.jpg

003.jpg

D70_3164.jpg

D70_3310.jpg

D70_3198.jpg
【2009/05/08 03:41】 | ムナグロ・キアシシギ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
フクロウの雛 BORGにて
プチ遠征です。

自宅に帰って寝てしまいそうなので、仕事中ですが少しだけ。
後ほど書き込みします。


Kさん 何時も情報有難う!!

Cマンがいっぱい居りましたので、さすがに600/Fを手持ちで振り回すのは恥ずかしいので
一応三脚を設置して撮影するふりをして、実際は
真上でとても無理な位置でもあり、又昨日のBORGを試したいこともあり
大事な実戦で64をさておいて、BORGで撮りました。
皆さんが三脚にレリーズで、しかもSSが出ない等ぶつぶつ言ってましたが
BORG手持ちで真上に向かって、すいすいと気分が良かったです。
このバランスは最高で、非常にぶれにくい。
いっぱい撮ったのですが、そろそろ満タンになりそうなので、これからは少し画像を少なくします。

最初の2枚はこの雛を撮った場所の近くの、飼っているふくろうを328で車の中からそっとパチリ!
(金網越しで少し汚いですが)



D30_0284.jpg

D30_0280.jpg

:D700 BORG 手持ち 1.4テレコン

D70_3567.jpg

D70_3569.jpg


D70_3620000.jpg


この画像のみ D300 600/F4 1.4テレコン 手持ち
これだけとってあとは三脚取り付けときました。

D30_0916.jpg
【2009/05/07 20:03】 | フクロウのひな | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG 再度調整!!
先日、タカハシ製鏡筒バンド(9159)を取り付け重量調整しましたが、重くなりバランスいいのですが
ドロチューブを動かす時の今までの微妙な指の動きに今一でした。

結局、こんな感じで仕上げてみました。
重さはかなり重くなったので、バランスOK、さらにBORG友の 花助さん の記事に
刺激を受けいじくってみました。

これで明日以降試写です。描写(コントラストが良くなるはずですが・・・)と実戦での振り回しの重量バランス良いようでしたら、77EDⅡでの最終スタイルです。


P1120531.jpg

300/F2.8より若干大きいです。
フード口径 150mm バランスよいので、328より軽いと思ってましたら
写真で4キロでした。
600/F4よりはまだ全然小さいです。
ここまでが両眼視の限度の大きさです。これよりフードが大きくなると両眼視ができなくなり、
照準器が必要になってきます。
さらにこれより長いと手持ちで振り回すことができなくなってしまいます。

P1120532.jpg

家の中だけですが、この長さと重量バランスがたまりません。
まだこれでも328より軽いです。

P1120533.jpg
【2009/05/07 01:30】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
燕の飛翔 BORG77EDⅡ編
AFはストレス溜まるのでMFにて燕の飛翔です。

画像は後ほど・・・

遅くなりましたが画像掲載しました。

毎日画像がたまるばかりで、なかなか整理できません。
AFが今一なので、MFにしたのですが、どうしても納得の良く画像が撮れません。
ついつい着地や飛び出しの飛翔の遅くなったところを撮りたくなってしまいますが
それでは意味ありませんので、練習あるのみです。

 他のレンズの∑150-500・300/F2.8・600/F4での燕の飛翔も
整理したら載せますのでごらんください。いい画像全くないですが・・・・。

快晴・曇り空・小雨 色々あります。
カメラもD700とD300 さらにテレコンも1.4から2.0まで使ったものがありますが
EXIF残してあります。

とにかく足場を固めて180度振り回します。時にはそれ以上追いますので
たまに吐き気がします。でもめちゃくちゃ楽しいです。
見ている人は何時も笑ってます。

○そんなにして燕撮ってるんですか?
●実は中になかなか見れない燕が混じってまして、それを撮ってます。 と いいわけ・・・・・・。

ドロチューブでのピントあわせ、完全手持ち 置きピンでなく両眼視で追ってます。
豆粒ですし、目などでてませんし、トリミングで画像も悪いですが、いっぱい載せて見ます。

D30_0403BORGめがでない
D30_0048.jpg
D30_0049.jpg
D30_0031_20090507011318.jpg
OK_20090507011355.jpg
D30_0259じゃすぴんちいさい
D30_0410_20090507011533.jpg
D30_0439.jpg
D30_0428_20090507011628.jpg

D30_0086_20090507011815.jpg
D70_2192.jpg
D70_2200.jpg
D70_2203.jpg
D30_0577.jpg
D30_0518うえからひかり
D30_0520.jpg
D30_0519_20090507012159.jpg
D30_0524.jpg
D30_0168_20090507012337.jpg



【2009/05/07 01:26】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ハンター アオサギの狩り場面
昨日のウス曇でのアオサギの狩り場面ですが、一番おいしいところを(失敗したものと思い燕に切り替えたら、再度成功していた)燕を追っていて逃してしまいました。

機材はこのところBORGと600/F4VRのみですが、たまたま64でした。

:D300 600/F4VR 素 完全手持ち AF
MB-D10をつけてカメラボディ・レンズで約6キロ強 2-3時間は振り回せるようになりました。
大きなフードをはずしてますので、照準器も必要ありませんので、快適です。

D30_0162-0.jpg
D30_0163.jpg
D30_0164-1.jpg
D30_0165-0.jpg
D30_0166.jpg
D30_0167-0.jpg
D30_0168-0.jpg
D30_0169-0.jpg
D30_0170-0.jpg

ここで失敗したものと思い、燕を追いかけていて、ふと見ると大きいのを咥えてました。
残念!! 慌てて撮りましたが後の祭り。
一番良いところを逃してしまった。
D30_0173.jpg
D30_0178.jpg
D30_0179.jpg
D30_0182.jpg
D30_0183.jpg
【2009/05/06 00:12】 | あおさぎ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒバリ ホバ 本日はD700にて
昨日のD300とBORGに続いて、本日は曇り空でしたのでD700にて挑戦。
ヒバリのホバ 昨日は一瞬で難しかったように書きましたが、本日は何度も
低空でホバしてました。いつも空高くと思ってましたが、これだと結構
シャッターチャンスありますね。
ただ600/F4VRで何度も挑戦しましたが、ぼけたままで(ファインダーに入って)AFが
掴みません。設定もフルにしても10M以上にしても駄目?こんなもんでしょうか?


:D700 BORG77EDⅡ テレコン1.4 700ミリ
曇りなので ISO1000 ME 手持ち MF



このところ、328から64まで手持ちで使っているせいか、どうもBORGの重さが
軽くてバランス取れないため  タカハシ製鏡筒バンド(9159)をつけてみました。
これが最高!
この三脚座の下を持ってドロチューブを動かせるので、重量バランスもとても良くなりました。

101ed_ep.jpg
ご存知だと思いますが↑この色の付いたものです。


この大きい虫を咥えた個体を狙ってみました。

D70_2792.jpg

飛翔しましたが、ホバは残念ですがしませんでした。
D70_2799.jpg

別の個体のホバです。
本当にD700の高感度は使えます。
D400で高感度がD700並になったら即買いです。

D70_2807.jpg

D70_2808.jpg

D70_2809.jpg


せっかく撮ったので、D700 BORG ISO1000 1.4テレコン MF 手持ち
BORG1000ISO.jpg

同じ場所で D300 600/F4VR 素  AF 手持ち
D30_0005_20090505005940.jpg
【2009/05/05 01:20】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヒバリのホバリング いいのが撮れました。
:D300 TC-14EⅡ BORG77EDⅡ 換算1000ミリ強 距離10M前後
 EXIF情報の1200ミリF13はこのシステムでの一番良い結果がでる設定です。
 手持ち マニュアル露出 ピント マニュアル

燕を追っている時の一瞬でした。
たまたまBORGでしたが、他のレンズでピントAFだとおそらく間に合わなかったと思います。
地味な鳥ですが、いっぱい虫を咥えてます。

005じゃすぴん-1

003すこしあまい-1

004-1.jpg

006すこしあまい-1

D30_0457-1.jpg

D30_0460-1.jpg

000-1.jpg

000すこしあまい-1

001-1.jpg

D30_0432-1.jpg

↓ これはだいぶピント甘いです。
D30_0437-1.jpg

D30_0436-1.jpg
【2009/05/03 22:19】 | ヒバリ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
本日は5件 記事を更新しました。BORGの MF での実力
このところ2週間近く 燕の飛翔を撮ってます。
∑150-500 AF300/F2.8 600/F4VR でAFでどうしてもファインダーに入って追っていても
AFボタンを何度押しなおしても迷って掴まえません。
1点9点21点51点どれでも同じです。 結局掴まらないうちに一瞬で飛び去ってしまいます。
なんとか遠くで捕まえてずっと追い続け、シャッターを切る方法ですので今一満足できるものが撮れません。
その点BORGですと MFですので このようなことがなく一瞬で捕らえます。
以下に元画像 河原に下りずに、堤防の上から川向こうですので150か200ぐらい?
もっと?あるのでしょうか?
BORGで撮れますが、一般レンズで何度挑戦してもファインダーにぼけて写っていますが
AFが掴みません。猛禽でもたまにありましたがAFの限界?かな。



もちろん不可能ではありません。 300/F2.8だとマクロ側テレ側にリミッターがあります。
600/F4だとマクロ側にリミッターさらに距離の記憶させるボタンがあります。
しかし・・・ すばやい飛翔をいちいち設定していてはとてもでないが無理です。
燕なんかを撮る為のレンズでない といわれればそれまでですが・・・・


BORGに1.4テレコンで元画像と等倍したものです。

D30_1024.jpg

D30_1024とうばい

同じ距離から撮ったものです。 かなりトリミングしてますが証拠写真にはなると思います。

D30_1037.jpg

D30_1040.jpg


【2009/05/03 01:46】 | BORG WORLD | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ