FC2ブログ



 ミサゴの木の枝からの飛び込みは、長玉で野鳥を1年も撮っていればおおよそ着地も予測でき、ほとんどの方が安易に被写体に追従できると思います。 特にα9だと飛び出しから着水の一連の動きを照準器など使わずにどなたもいとも簡単に追従撮影できるでしょう。
今回の画像は私の技術が伴わない連写画像です。つくづく情けなく思います。

428に2.0テレコン 動画を撮った後クロップを戻し忘れて換算1200㎜のままでした。 ホバの段階からファインダーいっぱいで近いとは思いましたが、はみ出すのでおかしいとは思ってましたが、案の定ミサゴがホバから切り返したとたんファインダーから見失いました。800㎜のつもりで油断してました。 普段スチルは800ミリ前後で撮っていることが多いのですが、近距離の1200㎜は一瞬見失うと次の動作までコンマ何秒でも着水済みになってしまいます。すぐに捕らえても画像のようにここまでシーン間が空いてしまいます。最初から頭の中でクロップしていて1200㎜とインプットされてればもしかしたらと思いますが、何年撮っていても対応できずに本当に情けなさと虚しさを感じます。α9の2400万画素がクロップで約1000万画素です。
 ほとんどノートりで確認できますので
 2回クリックして大きな画像で覗いてみてください。

 当然428のみ 428に1.4テレコン さらにクロップ 2.0テレコン さらにクロップという順番で解像度は間違いなく落ちます。 かなりテスト撮影しましたが、1.4テレコンつけクロップまで(840㎜)は全く申し分ない素晴らしい解像力です。 2.0テレコン装着からは完璧にとらえたつもりでもあれ?? という画像が見つかります。 解像しないわけではありません。完璧に解像しているものも中にはありますが、AFが暴れるせいか?ピントはあってるのですが、甘い画像が混ざってきます。 何枚撮っても同じです。
当初手振れのせいかなと思い、三脚でしっかりととらえても同じで手振れ補正の影響ではないと思います。

以上はあくまでも絞り開放での撮影の場合です。通常絞ることはまずありませんが、2.0テレコン装着の場合 開放・6.3・7.1・8.0と実際のミサゴ撮影でテストしてみました。結論開放5.6は本番では使えません。6.3から7.1迄で、さすがに8.0は深度の深いマイクロフォーサーズのような画像になってしまいますのでNGです。 あと・・AFはわずかに遅くなるのでしょうが、体感的にはわからず これから画像をいろいろ載せますが、ほとんどの激しいシーンでも普通に追従できますので問題ないでしょう。機材のAF能力より、自身の動体視力の方が負けてます。

昨年このレンズは難しいと書きましたが、かなり使い込んでみて、設定もいろいろ変更してみましたが、結論 100-400よりは少しく難しいですが、いままでのCANONの428などと同じく簡単な設定でOKです。 1DX2と428や64の使い勝手と同じだとα9の必要性がなくなってしまいますのでほっとしました。

連写画像はせっかくですので多少間引きはしますが、連写画像できる限り載せます。失敗画像や甘い画像もそのまま載せますので確認してください。  尚 今までRAW画像を現像というスタイルでしたが、どうもSONYのRAW画像が自分の思ったように現像できません。 JPEGの方が自分のイメージした画像です。ということでJPEGでRAW撮影してませんので一発勝負で白飛びだけは醜いと思います。


三脚はどうしても下手ですので使わなくなりましたので、恥ずかしいですが全て手持ち撮影になります。






A9_02435-2-7.jpg
A9_02438_1.jpg
A9_02439-7.jpg
A9_02443_1_2.jpg
A9_02444_1.jpg
A9_02445_1.jpg
A9_02446_1.jpg
A9_02447-2-7.jpg
A9_02448_1.jpg
A9_02449_1.jpg
A9_02450-7.jpg
A9_02451-7_2019011023205712f.jpg
A9_02452-2-7.jpg
A9_02453-2-7.jpg
A9_02454-2-7.jpg
A9_02455-2-7.jpg
A9_02456-2-7.jpg
A9_02460-2-7.jpg
A9_02471-2-7.jpg
A9_02472-2-7.jpg
A9_02473-2-7.jpg
A9_02474-2-7.jpg
A9_02475-2-7.jpg
A9_02476-2-7.jpg
A9_02477-2-7.jpg
A9_02478-2-7.jpg
A9_02479-2-7.jpg
A9_02480-2-7.jpg
A9_02481-7_2019011023223667f.jpg
A9_02482-2-7.jpg
A9_02483-2-7.jpg
A9_02484-2-7.jpg
A9_02485-7.jpg
A9_02486-7.jpg
A9_02487-2-7.jpg
A9_02488-2-7.jpg
A9_02491-2-7.jpg
A9_02492-2-7.jpg
A9_02497-2-7.jpg
A9_02498-2-7.jpg
A9_02499-2-7.jpg
A9_02500-2-7.jpg
A9_02501-2-7.jpg

いろいろな機材の組み合わせで撮ってますので興味ありましたら随時載せますので覗いてください。
普通に切りかえしから着水まで連写で撮ってありますので今回のようなことはありません。
さらに7RⅢでの428画像もあります…・ さすがに高解像??高画素ですね。 どちらにしてもすごいレンズです。





 2019_01_10


来る日も来る日も 428のフィールドテスト!!
最初は曲者と思っていたレンズですが、そんなことはありませんでした。使い込むほどに素晴らしさを実感です。 
現状は2.0テレコンつけっぱなしです。   設定もすべて完璧に終了。
撮りすぎて右手の肘が2か月間痛みっぱなしです。手術の必要がありそうです。
 一通りのシュミレーションは終了したので随時画像を載せてきます。

もうじき発表のα7000? 楽しみですね。 α6300と6500はAFもバシバシ決まりましたが、何故か家で確認するとAF精度がいまいちですぐに処分してしまいましたが、今度はどうでしょう。 さらにさらに一番大きなPANAの発表も楽しみです。





迷彩柄も飽きたので卒業しようとずっと処分・整理してますが、靴下からパンツ(下着)まで迷彩で揃えていたと思うと、自分でも笑ってしまいます。
最近はトップスだけでなくボトムスまで迷彩で固め、レンズも三脚も迷彩でびっくりするほどの主張をされてる方も見受けられます。
まだまだ迷彩柄はなくなりそうにないですね。
できる限り同じものは避けたいのでスポーツブランドでも少なめな PUMA(プーマ) で揃えています。

年末時間をとって、佐野のアウトレットに行き高速で今度はインターパークに・・・ウエアは揃いましたがどちらのショップもPUMA(プーマ) ゴルフは扱ってません。結局地元のゴルフショップで購入。ダイヤルで靴の紐(ワイヤー)を締めます。かっこいいです!!





RM603807-7.jpg





 2018_12_31


このレンズ むずかしい!!    100-400では被写体をファインダーにいれてシャッターを切るだけ  なんと簡単にと思っていたのが、428はそういうわけにはいかない。 酷い癖がある。  びっくりです。 設定を色々替えなくては。




止まり物は もうこれ以外敵無しです。 P1000手放せません。

4K切り出しがことのほか綺麗です。 苦労してスチル撮るよりずっと綺麗ですよ!!






 2018_11_03

12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アルバム

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:マツダ・トヨタ・ベンツ  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA 死去
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:1DXMⅡ・OM-D EM1Ⅱ・GH5・α9・α7RⅢ・α6500・PEN F・RX100Ⅵ 他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

掲示

当ブログ内のアニメ画像はけんぞうファクトリー様より許可を頂いて利用させていただいております。

kenzouファクトリー 有難うございます。


B
A
C
K

T
O

T
O
P