FC2ブログ



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


428の重心を低くするのと、アルカスイス互換の両方を兼ねたプレートをオーダーしようと思いましたが、Wimberley で出ていました。
商品名はWimberley AP-609 日本の代理店である株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)でまだ扱ってなかったのですが、海外では注文できました。 しかもCANON・NIKONよりかなりお安いです。 やっとあの面倒なものから解放されます。
 
Amazon.com(アメリカのアマゾン)は高いです。 B&Hが送料込みで一番安いです。日本のアマゾンも扱ってましたね。
ところでこのところ毎日のように発注をかけている「AliExpress」ですが、とにかく商品が豊富で、アマゾンで扱ってないものがたくさん見つけることができます。 日本の楽天のような感じです。注文するとその日のうちに出荷 トラッキング番号の追跡がしっかりしていて安心です。

無題-2-12

1 (3)


1 (2)


1 (1)



これは絶対に良いと思いますよ。  是非おすすめです。

到着したら詳細載せます。







スポンサーサイト
 2019_03_08


前回レンズごとにテストした画像の中で一番猛禽撮影で使う クロップで換算840㎜のミサゴの画像を遅れましたが載せます。
クロップしてますので元画像がそんなに大きくなりませんが、クリックして大きな画像で画質を確認ください。



α7RⅢに比べてダイナミックレンジが狭いと言われてますが、ミサゴの白飛びしやすい羽毛もまあまあ質感出ているかと思います。
どちらにしても現状野鳥では最強のシステムです。 できるだけ連写で捕まっているのを載せたいですが、同じような絵で多くなりすぎますので間をカットしてあります。 手持ちで近距離に迫った時、腕がいまいちでファインダーに入れるのがやっとですが、三脚でない分何とか迫力ある画像になってると思います。


基本すべて絞り開放 M露出 マニュアル撮影 暗いところでISO500  通常ISO200 これでも明るいレンズですのでSSは1/2500から1/5000まででます。


飛び込んでこちらに迫ってぶるぶるするシーン 2連発 上を見上げてミサゴの飛沫がかかる感じの迫力です。



A9_05037-7.jpg
A9_05038-7.jpg
A9_05040-7.jpg
A9_05041-7.jpg
A9_05042-7.jpg
A9_05043-7.jpg
A9_05044-7.jpg
A9_05045-7.jpg
A9_05048-7.jpg
A9_05053-7.jpg
A9_05054-7.jpg
A9_05055-7.jpg
A9_05056-7.jpg
A9_05058-7.jpg
A9_05059-7.jpg
A9_05060-7.jpg
A9_05062-7.jpg
A9_05063-7.jpg
A9_05064-7.jpg
A9_04708-7.jpg
A9_04709-7.jpg
A9_04710-7.jpg
A9_04711-7.jpg
A9_04712-7.jpg
A9_04713-7.jpg
A9_04714-7.jpg
A9_04715-7.jpg
A9_05153-7.jpg
A9_05152-7.jpg



次は飛び込むところは隠れて撮影できないのですが、出てくるところです。反対にそのまま行ってしまうところと。


A9_06975-7.jpg
A9_06976-7.jpg
A9_06977-7.jpg
A9_06978-7.jpg
A9_06980-7.jpg
A9_06981-7.jpg
A9_06982-7-2.jpg
A9_06983-7.jpg
A9_06984-7.jpg
A9_07074-7.jpg
A9_07075-7.jpg
A9_07078-7-2.jpg
A9_07079-7-4.jpg
A9_07081-7-2.jpg
A9_07086-7-2.jpg
A9_07092-7.jpg


オオタカが先にいたので急旋回したところ


A9_05684-7.jpg
A9_05685-7.jpg
A9_05687-7.jpg
A9_05688-7.jpg
A9_05689-7.jpg
A9_05690-7.jpg
A9_05692-7.jpg
A9_05693-7.jpg


食事中 突然アオサギが獲物を撮りに来たシーン  背景がごちゃごちゃしているところで、アオサギからミサゴにAFポイントが移動して引っかかるのがわかると思います。 α9のワイドの設定ならではです。 一瞬なのでレンズを振れなくてもカメラの測距点がひっかけてくれます。 7RⅢでは物理的に無理です。


A9_05175-7.jpg
A9_05176-7.jpg
A9_05177-7.jpg
A9_05178-7.jpg
A9_05179-7.jpg
A9_05185-7.jpg
A9_05188-7.jpg
A9_05189-7.jpg
A9_05190-7.jpg
A9_05194-7.jpg
A9_05195-7.jpg
A9_05196-7.jpg
A9_05197-7.jpg
A9_05204-7.jpg
A9_05205-7.jpg
A9_05206-7.jpg
A9_05207-7.jpg
A9_05208-7.jpg
A9_05209-7.jpg


空抜けもたまには


A9_09445-7.jpg
A9_09450-7.jpg
A9_09452-7.jpg


数日前 MFに行く手前の道で結構大きな犬6匹に追いかけられ走って逃げました。
その時の画像ですが、陽炎でいまいちですが、最初の画像の優しそうな顔の子にα6400が瞳AFまでいかないのですが、顔認識してました。  鳥は少し時間かかりそうですが、楽しみです。


DSC07050-12.jpg
DSC07041-12.jpg
DSC07004-12.jpg
DSC06983-12.jpg
DSC06978-12.jpg


車から出たり、また追いかけられたりしてる隙に、 オオタカがカルガモに突っ込みました。やっと帰ってくれましたが、すでに遅し…・。
α6400に100-400と1.4テレコン 換算840㎜ オオタカもノートりですが、変な画像です。


DSC07201-12.jpg

DSC07339-12.jpg




もう一つ α6400の動画時間ですが、4Kで連続1時間超えても少し熱を持つくらいで(高設定)で止まることはなかったです。
今までで CANONの1DXⅡ これが4Kで一番熱を持ちました。  途中で止まることはなかったですが。






 2019_03_03



一番使用頻度の高いテレコン使用での画像です。 同じ様にミサゴでの比較になります。
絞りを開放からF8まで絞ってテストしました。 EXIF情報は全て残ってるので確認下さい。
着水前で途切れてるのは途中から視界が隠れてしまう場所の為です。  できるだけ連写での画像を載せましたので
2度クリックすると大きな元画像が確認できますのでご覧ください。  順光から逆光といろいろあります。

撮った順で現像ができたものそのままの順番です。

いっぱいですのでお暇な時にこれはという画像をクリックしてください。  連写での微妙な画像の変化を確認する方は
できるだけクリックしてみてください。




A9_00966-7.jpg
A9_00965-7.jpg
A9_00964-7.jpg
A9_00963-7.jpg
A9_00962-7.jpg
A9_00961-7.jpg
A9_00960-7.jpg
A9_00951-7.jpg
A9_00946-7.jpg
A9_00967-7.jpg
A9_01036-7.jpg
A9_01022-7.jpg
A9_00969-7_2019020415593333d.jpg
A9_00968-7.jpg
A9_01037-7.jpg
A9_04121-7.jpg
A9_01433-7.jpg
A9_04181-7.jpg
A9_04189-7.jpg
A9_04197-7.jpg
A9_04242-7.jpg
A9_06496-7.jpg
A9_06498-7.jpg
A9_06674-7.jpg
A9_06675-7.jpg
A9_06676-7.jpg
A9_06677-7.jpg
A9_06678-7.jpg
A9_06679-7.jpg
A9_06680-7.jpg
A9_06681-7.jpg
A9_06682-7.jpg
A9_06714-7.jpg
A9_06715-7.jpg
A9_06737-7-2.jpg
A9_06738-7-2.jpg
A9_06739-7.jpg
A9_06740-7.jpg
A9_06742-7.jpg
A9_06743-7.jpg
A9_06744-7.jpg
A9_06745-7.jpg
A9_06746-7.jpg
A9_06747-7.jpg
A9_06748-7.jpg
A9_06749-7.jpg
A9_06750-7_20190204160530499.jpg
A9_06751-7.jpg
A9_06752-7.jpg
A9_06753-7.jpg
A9_06754-7.jpg
A9_06755-7.jpg
A9_06756-7.jpg
A9_06757-7.jpg
A9_06906-7.jpg
A9_06907-7.jpg
A9_06908-7.jpg
A9_06909-7.jpg
A9_06910-7.jpg
A9_06911-7.jpg
A9_06912-7.jpg
A9_06917-7.jpg
A9_06920-7.jpg
A9_06932-7.jpg
A9_07010-7.jpg
A9_07045-7.jpg
A9_07046-7.jpg
A9_07076-7.jpg
A9_07077-7.jpg
A9_07078-7.jpg
A9_07079-7-3.jpg
A9_07081-7_20190204161011ab8.jpg
A9_07082-7.jpg
A9_07083-7_201902041610149e8.jpg
A9_07084-7_20190204161001db9.jpg
A9_07085-7.jpg
A9_07086-7.jpg
A9_07098-7.jpg
A9_07100-7.jpg
A9_07101-7.jpg
A9_07102-7.jpg
A9_07103-7.jpg
A9_07104-7.jpg
A9_07105-7.jpg
A9_07106-7.jpg
A9_07107-7.jpg
A9_07108-7.jpg
A9_07109-7.jpg
A9_07110-7.jpg
A9_07111-7.jpg
A9_07112-7.jpg
A9_07113-7.jpg
A9_07114-7.jpg
A9_07115-7.jpg
A9_07116-7.jpg
A9_07117-7.jpg
A9_07118-7.jpg
A9_07119-7.jpg
A9_07120-7.jpg
A9_07121-7.jpg
A9_07122-7.jpg
A9_07123-7.jpg
A9_07124-7.jpg
A9_07126-7.jpg
A9_07127-7.jpg
A9_07128-7.jpg
A9_07129-7.jpg
A9_07130-7.jpg
A9_07131-7.jpg
A9_07132-7.jpg
A9_07133-7.jpg
A9_07134-7.jpg
A9_07135-7.jpg
A9_07136-7.jpg
A9_07137-7.jpg
A9_07138-7.jpg
A9_07139-7.jpg
A9_07140-7.jpg
A9_07141-7.jpg
A9_07142-7.jpg
A9_07143-7.jpg
A9_07144-7.jpg
A9_07145-7.jpg
A9_07146-7.jpg
A9_07147-7.jpg
A9_07148-7.jpg
A9_07149-7.jpg
A9_07150-7-2.jpg
A9_07151-7.jpg
A9_07152-7-2.jpg
A9_07199-7-2.jpg
A9_07200-7-2.jpg
A9_07201-7.jpg
A9_07202-7-2.jpg
A9_07203-7.jpg
A9_07204-7.jpg
A9_07205-7.jpg
A9_07206-7-2.jpg
A9_07207-7.jpg
A9_07208-7.jpg
A9_07209-7.jpg
A9_07210-7.jpg
A9_07211-7.jpg
A9_07212-7.jpg
A9_07213-7.jpg
A9_07214-7.jpg
A9_07215-7.jpg
A9_07216-7.jpg
A9_07217-7.jpg
A9_07218-7.jpg
A9_07219-7.jpg
A9_07220-7.jpg
A9_07221-7.jpg
A9_07223-7.jpg
A9_07224-7.jpg
A9_07225-7.jpg
A9_07226-7.jpg
A9_07227-7.jpg
A9_07229-7-2.jpg
A9_07230-7.jpg
A9_07255-7.jpg
A9_07256-7.jpg
A9_07257-7.jpg
A9_07280-7-2.jpg
A9_07281-7.jpg
A9_07282-7.jpg
A9_07283-7.jpg
A9_07284-7.jpg
A9_07293-7.jpg
A9_07301-7.jpg
A9_07302-7.jpg
A9_07303-7.jpg
A9_07304-7.jpg
A9_07305-7.jpg
A9_07306-7-2.jpg
A9_07306-7-3.jpg
A9_07308-7.jpg
A9_07309-7.jpg
A9_07310-7.jpg
A9_07311-7.jpg
A9_07312-7.jpg
A9_07313-7.jpg
A9_07314-7.jpg
A9_07315-7.jpg
A9_07316-7.jpg
A9_07317-7.jpg
A9_07318-7.jpg
A9_07320-7.jpg
A9_07321-7.jpg
A9_07323-7.jpg
A9_07324-7.jpg
A9_07326-7.jpg
A9_07327-7.jpg
A9_07328-7.jpg
A9_07330-7.jpg
A9_07331-7.jpg
A9_07332-7.jpg
A9_07333-7.jpg
A9_07334-7.jpg
A9_07335-7.jpg
A9_07336-7.jpg
A9_07337-7.jpg
A9_07338-7.jpg
A9_07339-7.jpg
A9_07340-7.jpg
A9_07341-7.jpg
A9_07342-7.jpg
A9_07343-7.jpg
A9_07344-7.jpg
A9_07345-7.jpg
A9_07346-7.jpg
A9_07347-7.jpg
A9_07348-7.jpg
A9_07349-7.jpg
A9_07350-7.jpg
A9_07351-7.jpg
A9_07354-7.jpg
A9_07395-7.jpg
A9_07396-7.jpg
A9_07495-7.jpg
A9_08422-7.jpg
A9_08426-7.jpg
A9_08427-7.jpg
A9_08507-7.jpg
A9_08508-7.jpg
A9_08509-7.jpg
A9_08601-7.jpg
A9_08607-7.jpg
A9_08617-7.jpg
A9_08644-7-2.jpg
A9_08645-7.jpg
A9_08646-7.jpg
A9_08648-7-2.jpg
A9_08649-7.jpg
A9_08650-7.jpg
A9_08651-7.jpg
A9_08652-7.jpg
A9_08710-7.jpg
A9_08711-7.jpg
A9_08712-7.jpg
A9_08713-7.jpg
A9_08715-7-2.jpg
A9_08723-7.jpg
A9_08726-7.jpg
A9_08727-7.jpg
A9_08728-7.jpg
A9_08729-7.jpg
A9_08811-7.jpg
A9_08829-7.jpg
A9_08838-7-2.jpg
A9_08839-7.jpg
A9_08841-7.jpg
A9_08842-7.jpg
A9_08843-7.jpg
A9_08860-7.jpg
A9_08861-7-2.jpg
A9_08939-7.jpg
A9_08949-7.jpg
A9_08951-7.jpg
A9_08952-7.jpg
A9_09101-7.jpg
A9_09107-7.jpg
A9_09108-7.jpg
A9_09110-7.jpg
A9_09132-7_20190204164816e00.jpg
A9_09136-7_20190204164817c1b.jpg
A9_09138-7_201902041648191af.jpg
A9_09139-7_20190204164806bb0.jpg




 2019_02_06


前回はSEL20TC装着でさらにクロップで1200㎜画像でしたが、今回はSEL14TCのみの画像です。もちろんすべて絞り開放です。撮るだけとって整理しきれないので現像した一部のみ(いっぱいですが)ご覧ください。  ジャスピンだと切れキレです。ニュートラルのデェフォルトですが、シャープをかなり掛けたような画像です。  連写の一部でなく、できる限り連写分載せますので、歩留まりの良いAF性能ご確認ください。
設定も終了して100-400の時のようなAF操作のしやすさで撮影できるようになりました。  それと前回SEL20TCだと開放が甘いと書きましたが、これも絞り開放OKです。 絞る必要なくなりました。 SEL20TC装着の時はα9よりα7RⅢの方が良いですね。 いろいろ考えてますが、なぜか理解できません。 α9でも十分ですのでかえってありがたいです。





◇◇◇
まず 遠距離の被写体が100-400の様に背景抜けずに捕まらなかった疑問  これも設定は解消です。
ノートり画像 かなり遠距離です。  トリミングして確認しましたが、ピントが甘いようですが、遠距離はこれでほぼ妥協範囲OKです。 一応掴んでます。 一部画像ノートりとトリミング画像載せます。他は確認にための大きくトリミング画像です。



よく考えたらノートりとトリミング画像を載せて比較できるようにしましたが、2度クリックで大きな元画像が見れるので意味がなかったですね。




A9_08655-7-2.jpg
A9_08655-7.jpg
A9_08657-7.jpg
A9_08659-7.jpg
A9_08661-7-2.jpg
A9_08661-7.jpg
A9_08662-7.jpg
A9_08667-7.jpg
A9_08676-7-2.jpg
A9_08676-7.jpg
A9_08681-7.jpg
A9_08687-7.jpg



これはカワセミを狙ったものです。



A9_08758-7.jpg
A9_08758-7-2.jpg

A9_08759-7.jpg
A9_08759-7-2.jpg
A9_08760-7.jpg
A9_08761-7.jpg
A9_08763-7.jpg
A9_08799-7.jpg
A9_08806-7-2.jpg
A9_08806-7.jpg
A9_08882-7.jpg
A9_08882-7-2.jpg
A9_08885-7.jpg
A9_08885-7-2.jpg
A9_08887-7.jpg
A9_08889-7.jpg
A9_08900-7.jpg
A9_08900-7-2.jpg
A9_08902-7.jpg
A9_08903-7.jpg
A9_08903-7-2.jpg
A9_08906-7.jpg
A9_08913-7-2.jpg
A9_08913-7.jpg
A9_08914-7.jpg
A9_08927-7.jpg
A9_08928-7.jpg
A9_08929-7.jpg
A9_08930-7.jpg
A9_08931-7.jpg
A9_08933-7.jpg
A9_08934-7.jpg
A9_08936-7.jpg
A9_08955-7.jpg
A9_08971-ノートり7-2
A9_08971-トリミング
A9_08978-7.jpg



ここから設定完了後 普通に撮影したものです。 面倒なRAW撮影なんとしてません。 JPEGのみです。
距離が少しある中距離です。


A9_09122-7.jpg
A9_09123-7.jpg
A9_09124-7.jpg
A9_09125-7.jpg
A9_09126-7.jpg
A9_09127-7.jpg
A9_09128-7.jpg
A9_09129-7.jpg
A9_09130-7.jpg
A9_09131-7.jpg
A9_09132-7.jpg
A9_09133-7-2.jpg
A9_09134-7.jpg
A9_09135-7.jpg
A9_09136-7.jpg
A9_09137-7.jpg
A9_09138-7.jpg
A9_09139-7.jpg
A9_09140-7.jpg
A9_09141-7.jpg
A9_09146-7.jpg
A9_09147-7.jpg
A9_09148-7.jpg
A9_09149-7.jpg
A9_09164-7.jpg


次はカラスが騒ぎ  振り向くと逆光方向からオオタカが・・・  何とかワイド設定でしたので咄嗟にレンズを向けて引っ掛かってくれた画像です。α9でこの設定でなければ絶対に撮れなかった瞬間です。
ピントが甘いものやオオタカでなくカラスにピンが行ってるものもあります。そのまま載せましたので元画像でご覧ください。




A9_03587-7.jpg
A9_03588-7.jpg
A9_03589-7.jpg
A9_03590-7.jpg
A9_03591-7.jpg
A9_03593-7.jpg
A9_03594-7.jpg
A9_03595-7.jpg
A9_03596-7.jpg
A9_03597-7.jpg
A9_03598-7.jpg
A9_03599-7.jpg
A9_03600-7.jpg
A9_03601-7.jpg
A9_03602-7.jpg
A9_03603-7.jpg
A9_03604-7-2.jpg
A9_03605-7.jpg
A9_03606-7.jpg
A9_03607-7.jpg
A9_03607-7-2.jpg
A9_03608-7.jpg
A9_03609-7.jpg
A9_03610-7.jpg
A9_03625-7.jpg
A9_03626-7.jpg
A9_03627-7.jpg
A9_03629-7.jpg
A9_03630-7.jpg
A9_03631-7.jpg
A9_03632-7.jpg


ここからは設定完了後の428による普通のミサゴの画像です。
真上などの画像でわかるように、また面倒な三脚はやめてみっともないですが、手持ちにしてしまいました。


A9_04523-7.jpg
A9_05448-7.jpg
A9_05577-7.jpg
A9_05344-7.jpg
A9_05338-7.jpg
A9_05337-7-2.jpg
A9_05982-7.jpg
A9_05984-7.jpg
A9_05987-7.jpg
A9_05989-7.jpg
A9_06055-7.jpg
A9_06079-7.jpg
A9_06080-7-2.jpg
A9_06083-7.jpg
A9_06088-7.jpg
A9_06090-7.jpg
A9_06091-7.jpg
A9_06092-7.jpg
A9_06111-7.jpg
A9_06112-7.jpg
A9_06113-7.jpg
A9_06117-7.jpg
A9_06118-7.jpg
A9_06124-7.jpg
A9_06127-7.jpg
A9_06128-7.jpg
A9_06131-7-2.jpg
A9_06132-7.jpg
A9_06142-7.jpg
A9_06150-7.jpg
A9_06183-7.jpg
A9_06184-7.jpg
A9_06185-7.jpg
A9_06186-7.jpg
A9_06187-7.jpg
A9_06188-7.jpg
A9_06189-7.jpg
A9_06190-7.jpg
A9_06194-7.jpg
A9_06212-7.jpg
A9_06215-7.jpg
A9_06217-7.jpg
A9_06218-7.jpg
A9_06230-7.jpg
A9_06237-7.jpg
A9_06240-7.jpg
A9_06286-7.jpg
A9_06290-7.jpg
A9_06293-7.jpg
A9_06298-7.jpg
A9_06299-7.jpg
A9_06301-7.jpg
A9_06302-7.jpg
A9_06303-7.jpg
A9_06304-7.jpg
A9_06305-7.jpg
A9_06306-7.jpg
A9_06307-7.jpg
A9_06308-7.jpg
A9_06309-7.jpg
A9_06310-7-2.jpg
A9_06311-7-3.jpg
A9_06312-7.jpg
A9_06313-7.jpg
A9_06314-7.jpg
A9_06316-7.jpg
A9_06474-7-2.jpg
A9_06475-7-2.jpg
A9_06476-7-2.jpg
A9_06477-7-3.jpg
A9_06478-7-3.jpg
A9_06479-7-3.jpg
A9_06480-7-2.jpg
A9_06481-7-2.jpg
A9_06482-7-4.jpg
A9_06483-7-3.jpg
A9_06484-7-2.jpg
A9_06489-7-2.jpg
A9_06676-7-2.jpg
A9_06680-7-2.jpg
A9_06681-7-2.jpg
A9_06682-7-2.jpg
A9_06692-7.jpg
A9_06693-7-2.jpg
A9_06784-7-2.jpg
A9_06785-7-2.jpg
A9_06786.jpg
A9_06787_1.jpg
A9_06788-7-2.jpg
A9_06789-7-2.jpg
A9_06790-7-2.jpg
A9_06791-7-2.jpg
A9_00296-7.jpg
A9_00298-7.jpg
A9_00299-7.jpg
A9_00303-7.jpg
A9_00304-7.jpg
A9_00307-7.jpg
A9_00308-7.jpg
A9_00312-7.jpg



もう少しよいシーンもあるのですが、とりあえず現像済んだ分です。 また載せます。

ミサゴのダイブシーンでどうしても難しくてまともに撮れないのが、カワセミのダイブを撮っている方はわかると思いますが、着水後の飛沫のコントロールです。大きな飛沫のが見ごたえがあり狙ってるわけですが、ミサゴにピントが来るか飛沫に来るかコントロールできません。いくら考えても方法が見つかりません。 結局満足なものが撮れないので毎年嵌ってしまうわけです。





 2019_02_04


 ミサゴの木の枝からの飛び込みは、長玉で野鳥を1年も撮っていればおおよそ着地も予測でき、ほとんどの方が安易に被写体に追従できると思います。 特にα9だと飛び出しから着水の一連の動きを照準器など使わずにどなたもいとも簡単に追従撮影できるでしょう。
今回の画像は私の技術が伴わない連写画像です。つくづく情けなく思います。

428に2.0テレコン 動画を撮った後クロップを戻し忘れて換算1200㎜のままでした。 ホバの段階からファインダーいっぱいで近いとは思いましたが、はみ出すのでおかしいとは思ってましたが、案の定ミサゴがホバから切り返したとたんファインダーから見失いました。800㎜のつもりで油断してました。 普段スチルは800ミリ前後で撮っていることが多いのですが、近距離の1200㎜は一瞬見失うと次の動作までコンマ何秒でも着水済みになってしまいます。すぐに捕らえても画像のようにここまでシーン間が空いてしまいます。最初から頭の中でクロップしていて1200㎜とインプットされてればもしかしたらと思いますが、何年撮っていても対応できずに本当に情けなさと虚しさを感じます。α9の2400万画素がクロップで約1000万画素です。
 ほとんどノートりで確認できますので
 2回クリックして大きな画像で覗いてみてください。

 当然428のみ 428に1.4テレコン さらにクロップ 2.0テレコン さらにクロップという順番で解像度は間違いなく落ちます。 かなりテスト撮影しましたが、1.4テレコンつけクロップまで(840㎜)は全く申し分ない素晴らしい解像力です。 2.0テレコン装着からは完璧にとらえたつもりでもあれ?? という画像が見つかります。 解像しないわけではありません。完璧に解像しているものも中にはありますが、AFが暴れるせいか?ピントはあってるのですが、甘い画像が混ざってきます。 何枚撮っても同じです。
当初手振れのせいかなと思い、三脚でしっかりととらえても同じで手振れ補正の影響ではないと思います。

以上はあくまでも絞り開放での撮影の場合です。通常絞ることはまずありませんが、2.0テレコン装着の場合 開放・6.3・7.1・8.0と実際のミサゴ撮影でテストしてみました。結論開放5.6は本番では使えません。6.3から7.1迄で、さすがに8.0は深度の深いマイクロフォーサーズのような画像になってしまいますのでNGです。 あと・・AFはわずかに遅くなるのでしょうが、体感的にはわからず これから画像をいろいろ載せますが、ほとんどの激しいシーンでも普通に追従できますので問題ないでしょう。機材のAF能力より、自身の動体視力の方が負けてます。

昨年このレンズは難しいと書きましたが、かなり使い込んでみて、設定もいろいろ変更してみましたが、結論 100-400よりは少しく難しいですが、いままでのCANONの428などと同じく簡単な設定でOKです。 1DX2と428や64の使い勝手と同じだとα9の必要性がなくなってしまいますのでほっとしました。

連写画像はせっかくですので多少間引きはしますが、連写画像できる限り載せます。失敗画像や甘い画像もそのまま載せますので確認してください。  尚 今までRAW画像を現像というスタイルでしたが、どうもSONYのRAW画像が自分の思ったように現像できません。 JPEGの方が自分のイメージした画像です。ということでJPEGでRAW撮影してませんので一発勝負で白飛びだけは醜いと思います。


三脚はどうしても下手ですので使わなくなりましたので、恥ずかしいですが全て手持ち撮影になります。






A9_02435-2-7.jpg
A9_02438_1.jpg
A9_02439-7.jpg
A9_02443_1_2.jpg
A9_02444_1.jpg
A9_02445_1.jpg
A9_02446_1.jpg
A9_02447-2-7.jpg
A9_02448_1.jpg
A9_02449_1.jpg
A9_02450-7.jpg
A9_02451-7_2019011023205712f.jpg
A9_02452-2-7.jpg
A9_02453-2-7.jpg
A9_02454-2-7.jpg
A9_02455-2-7.jpg
A9_02456-2-7.jpg
A9_02460-2-7.jpg
A9_02471-2-7.jpg
A9_02472-2-7.jpg
A9_02473-2-7.jpg
A9_02474-2-7.jpg
A9_02475-2-7.jpg
A9_02476-2-7.jpg
A9_02477-2-7.jpg
A9_02478-2-7.jpg
A9_02479-2-7.jpg
A9_02480-2-7.jpg
A9_02481-7_2019011023223667f.jpg
A9_02482-2-7.jpg
A9_02483-2-7.jpg
A9_02484-2-7.jpg
A9_02485-7.jpg
A9_02486-7.jpg
A9_02487-2-7.jpg
A9_02488-2-7.jpg
A9_02491-2-7.jpg
A9_02492-2-7.jpg
A9_02497-2-7.jpg
A9_02498-2-7.jpg
A9_02499-2-7.jpg
A9_02500-2-7.jpg
A9_02501-2-7.jpg

いろいろな機材の組み合わせで撮ってますので興味ありましたら随時載せますので覗いてください。
普通に切りかえしから着水まで連写で撮ってありますので今回のようなことはありません。
さらに7RⅢでの428画像もあります…・ さすがに高解像??高画素ですね。 どちらにしてもすごいレンズです。





 2019_01_10


来る日も来る日も 428のフィールドテスト!!
最初は曲者と思っていたレンズですが、そんなことはありませんでした。使い込むほどに素晴らしさを実感です。 
現状は2.0テレコンつけっぱなしです。   設定もすべて完璧に終了。
撮りすぎて右手の肘が2か月間痛みっぱなしです。手術の必要がありそうです。
 一通りのシュミレーションは終了したので随時画像を載せてきます。

もうじき発表のα7000? 楽しみですね。 α6300と6500はAFもバシバシ決まりましたが、何故か家で確認するとAF精度がいまいちですぐに処分してしまいましたが、今度はどうでしょう。 さらにさらに一番大きなPANAの発表も楽しみです。





迷彩柄も飽きたので卒業しようとずっと処分・整理してますが、靴下からパンツ(下着)まで迷彩で揃えていたと思うと、自分でも笑ってしまいます。
最近はトップスだけでなくボトムスまで迷彩で固め、レンズも三脚も迷彩でびっくりするほどの主張をされてる方も見受けられます。
まだまだ迷彩柄はなくなりそうにないですね。
できる限り同じものは避けたいのでスポーツブランドでも少なめな PUMA(プーマ) で揃えています。

年末時間をとって、佐野のアウトレットに行き高速で今度はインターパークに・・・ウエアは揃いましたがどちらのショップもPUMA(プーマ) ゴルフは扱ってません。結局地元のゴルフショップで購入。ダイヤルで靴の紐(ワイヤー)を締めます。かっこいいです!!





RM603807-7.jpg





 2018_12_31


このレンズ むずかしい!!    100-400では被写体をファインダーにいれてシャッターを切るだけ  なんと簡単にと思っていたのが、428はそういうわけにはいかない。 酷い癖がある。  びっくりです。 設定を色々替えなくては。




止まり物は もうこれ以外敵無しです。 P1000手放せません。

4K切り出しがことのほか綺麗です。 苦労してスチル撮るよりずっと綺麗ですよ!!






 2018_11_03

05  « 2019_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アルバム

プロフィール

あきGG

Author:あきGG
□ 2008年8月 新規ブログ開設
□ 出身地:静岡県出身 
□ 居住地:栃木県小山市
□ 血液型:バリバリのAB型 
□ 性格:馬鹿がつくお人よしです
□ 性別:男性
□ 誕生日:1952年
□ 趣味:オーディオ・カメラ
□ 愛車:マツダ・トヨタ・ベンツ  
□ 愛犬:トイプードル ♀PAPI(2010/12/09死去) ♀ SHERA 死去
□ スポーツ:ゴルフ
□ カメラ:1DXMⅡ・OM-D EM1Ⅱ・GH5・α9・α7RⅢ・α6500・PEN F・RX100Ⅵ 他
   。
□ 更新はできる限り毎日したいですが、夜中の1時から3時になります。 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

メールフォーム

必ず返信いたします。 送信者以外全て非公開で消えますので お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

どんなことでも結構ですので ぽすと お待ちしております。

全記事表示リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

先輩達の素晴らしいブログですりんくリンクさせて頂き光栄です。

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

掲示

当ブログ内のアニメ画像はけんぞうファクトリー様より許可を頂いて利用させていただいております。

kenzouファクトリー 有難うございます。


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。