スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Adobe Premiere Pro CS6  合成テスト
ビデオ素材でいっぱい撮ってあるハイイロチュウヒ 時期が過ぎてますが合成のテストです。
素材はすべて下記機材にて
□ LUMIX DMC-FZ200 HS動画 HD:1280x720(120fps) テレコン使用 換算1000ミリ弱

レンダリング問題なし エンコード問題なし ただし編集中に一度フリーズ
メモリーを16GBに増設します。

●● 音声あり ボリューム気をつけて。
  右下の画質変更にて 720Pでご覧ください。





スポンサーサイト
【2013/05/12 11:08】 | Adobe Premiere Pro CS6 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Adobe Premiere Pro CS6 ピクチャー・イン・ピクチャー
とりあえず一番テストしてみたかった機能 「ピクチャー・イン・ピクチャー」のテストです。
ビデオ素材はメイン2本 子画面3本

素材は GH3 MOV形式 1920×1080(50Mbps),60p 記録(センサー出力60コマ/秒 IPB) で撮影

メイン親2本は20%スローのエフェクト
子画面 オオタカ雛はそのまま 翡翠は50%スローのエフェクトにてそれぞれ3種類の方法で
25%ピクチャインピクチャ

書き出しは少しずれるが MPEG2の29.97 fps
最高レンダリング品質設定で約10分かかるが途中CPUファンは全く変化なし
以前のPCではひどい大きな音で唸っていたが・・・

簡単なテストですが、とりあえずこの機能とても簡単に使えました。





音声が入っております。
1080Pに画質変更してご覧ください。



【2013/05/10 03:29】 | Adobe Premiere Pro CS6 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。