伊良湖岬 風景
前回の秋の鷹の渡りの時の画像です。

すぐ目の前が海の静岡の家で生まれ育ったせいか、毎年ここにはいきます。
磯のにおいも癒されます。

2013/10月上旬 台風が次から次に来て何とか撮影はできましたが
同じ場所からでも時間が少し変わると違う顔をします。


機材 OM-D EM5 45㎜ F1.8 露天風呂から撮ったものもあります。

伊良湖渡り 2013年度-1-5-2
伊良湖渡り 2013年度-1-6
伊良湖渡り 2013年度-1-9-2
伊良湖渡り 2013年度-1-11
伊良湖渡り 2013年度-1-12
伊良湖渡り 2013年度-1-13
伊良湖渡り 2013年度-1-15
伊良湖渡り 2013年度-1-14
伊良湖渡り 2013年度-1-43
伊良湖渡り 2013年度-1-47
伊良湖渡り 2013年度-1-49
伊良湖渡り 2013年度-1-50
伊良湖渡り 2013年度-1-55
伊良湖渡り 2013年度-1-57
伊良湖渡り 2013年度-1-58
伊良湖渡り 2013年度-1-59
伊良湖渡り 2013年度-1-75
伊良湖渡り 2013年度-1-71
伊良湖渡り 2013年度-1-59

●●Canon EOS 7D EF600 F4L IS II USM EXTENDER EF1.4×III

伊良湖渡り 2013年度-1-66
伊良湖渡り 2013年度-1-67
伊良湖渡り 2013年度-1-77

●● OM-D

伊良湖渡り 2013年度-1-79
伊良湖渡り 2013年度-1-81
伊良湖渡り 2013年度-1-85
伊良湖渡り 2013年度-1-87
伊良湖渡り 2013年度-1-88
伊良湖渡り 2013年度-1-90
伊良湖渡り 2013年度-1-95

●●一枚目 OM-D 換算90㎜      2枚目7D 換算1300㎜強 

   1300㎜ 結構威力あります。

山の上
山の上の

90㎜
90㎜-2


灯台
灯台1



【2014/02/26 22:13】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イヌワシなら最高だが?
先日の遠征から

□□ 機材 EOS7D 600/4 EKUSUTE1.4Ⅲ 

7D__8978.jpg

7D__8925.jpg

7D__8939.jpg
【2013/10/29 19:24】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鷹の渡り 報告 10/7-10/9 その壱
現像後 100枚ぐらい載せます。

EOS7D 600/4 1.4エクステ装着 換算1344ミリ ノートリ

近かったハヤブー

伊良湖渡り 2013年度-1-25
伊良湖渡り 2013年度-1-20
【2013/10/10 11:26】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊良湖岬 秋の鷹の渡り №4 BORG編
BORG編などと書いたものの、実はほとんど撮ってません。
今回は関西のBORG友とホテルに泊まったのですが、BORG友はBORG77EDⅡの2台体制です。
カメラはD300とD7000

わたしはK-5と71FLですが、ほとんど使わなかった理由は856と64持参したためです。
馬鹿だと思われますが、100万のレンズと1/10のBORGだということ。
 856は完全にAFずれているにも拘らず、本番では高いほうを使ってしまいます。

今まで「64に追いつくか? 856に追いつけるのか?」でBORGを使ってましたが、現状は
「64・856共になんとかBORGの解像力に負けないでくれ!」の状態でした。

入院を繰り返している856 遠距離だとどうしてもいまいちな64
それに比べ、BORGは近距離・遠距離ともに解像力のみでは勝っている!

描写とか操作性 他、総合ではもちろん敵わないのですが・・・

でも高いレンズなので本番では使ってしまう・・・ 貧乏人のこの気持ちわかります??
屁理屈も何も持たない単純な男ですので、よければどこのメーカーでも何でもよいのですが・・・

BORGがもう少し高ければよいのかも? 怒られてしまいますね^^

そんなわけで遠いシーンとサシバのみです。
次でてきたら必ずBORGでサシバ以外を撮るぞ と意気込んでも
サシバでないとわかるとBORGを引っ込めてしまう。

近距離で完璧なのをBORGで撮るぞ とシャッターを押し続けても
近距離に迫ってくると、64や856に切り替えてしまう。

どうにもしょうがない貧乏根性丸出しでした。




■眼下のPにCマンがいっぱいでした。

K_5_9631.jpg

■ 「はつたちいけ」と大きく書いてありましたが、ここから3日間とも次から次に現れました。 

K_5_9650.jpg

■空抜けでないノスリ

K_5_9659.jpg

■ そしてサシバ幼鳥

K_5_9724.jpg
K_5_9739.jpg
K_5_9760.jpg

K_5_9761.jpg



さてここからがBORGの真骨頂!!  私も驚きました。

悔しいが 64・856より完全に勝る解像力です

豆粒しか撮ってなかったのですが、このチゴハヤブサ かなり上空ですが

全て等倍です。

自分でも驚きました。

おそらくBORGだけでなく ノイズ感が多いのですが K-5もD7000よりは解像します。
相性かもしれませんが・・・



■チゴが昆虫を捕まえました。

K_5_9796等倍
K_5_9880等倍

■ 昆虫を食べてます。

K_5_9798等倍
K_5_9805等倍

■ 渡りでいつも目に付くアサギマダラ(かと思う?)遠いですが。

K_5_9825等倍
K_5_9867等倍
K_5_9893等倍

■ この下2枚はさらにトリミングしてみました。まだ解像してます。
素晴らしい!!

K_5_9881sarani.jpg
K_5_9889さらに

■この下2枚は等倍ではありません。
上を通ったのですかさず追ってみましたが、何とかマニュアルで追いつきました。
ちょっとブレがありますが、よしとします。

K_5_9972-0.jpg
K_5_9968.jpg

【2011/10/15 02:47】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
伊良湖岬 秋の鷹の渡り №2 ロクヨン編
3日間共 856は三脚で64他を足元に置いて、近距離とアマツバメやハヤブサ等の速いものに対応のスタイル
初日と2日目は風が非常に強く椅子の上に置いていた64が椅子ごと倒れてコンクリの下に(~_~)

渡りでの鉄則・・・ 1個体ごとにできる限り数枚撮らないと判別できません。証拠写真になるようなものでも撮っておく事

眼下に海を渡っていくシーンはほとんどありませんでした。
ほとんどが空抜けのつまらない画像

かなり上空か 遠いため白樺峠よりも長いレンズが必要でした。(たまたまかもしれません)

飛翔した順番に載せてあります。

■朝日を浴びてチゴハヤブサが遠くに

D3S_0052_20111011234714.jpg

■同じく朝日にアマツバメ

D3S_0063_20111011234713.jpg

■中間型ハチクマ成鳥と思われる

D3S_0086-1.jpg

■ハリオ 64を振り回してファインダーに入れるのは厳しい

D3S_0091hario.jpg

■かなりトリミング

D3S_0089はりお

■漁を終えた漁船の帰宅

D3S_0094_20111011234709.jpg

■ようやく サシバ出現

D3S_0128.jpg

■ サシバ幼鳥と思われる

D3S_0135.jpg
■ノスリが山から出ては降りたり

D3S_0142-1.jpg


■ハチクマ中間型幼鳥と思われる
判断・・・ろう膜が黄色い・尾の横帯が細く不明瞭・風切の後縁が揃っている・虹彩は暗色

D3S_0177-1.jpg
D3S_0179-1.jpg
D3S_0184.jpg
D3S_0189-1.jpg

■遠く離れた山頂付近でツミと思われる個体と ハヤブサがバトル 大トリミング

D3S_0207_20111012002053.jpg
D3S_0209はやぶさ

■チゴハヤブサの幼鳥と思われる個体 ちょっと遠いです。

D3S_0231.jpg
D3S_0238.jpg


■ 翼先の分離は5対 アカハラダカの幼鳥は4対
風切の横班と下雨覆にも班がある
ツミかサシバの幼鳥かと思われるが、班がシャープすぎるし、翼先の黒さが気になる?
よってツミ幼鳥かと思うが特定できず
突然後ろから出現 真上で捕らえたが、後はお尻なのでこの2枚だけで撮りませんでした。失敗

D3S_0271.jpg
D3S_0272.jpg

■ ホテル正面の山から奥に渡ってしまうため、数百メートル先 64とフルサイズでは針のよう

D3S_0290_20111012004329.jpg

■10羽単位でサシバが東方面から渡って来ては鷹柱を

D3S_0287.jpg
D3S_0293_20111012004329.jpg

■3日間を通じて一番近くを飛んでくれた ミサゴ♀成鳥と思われる
ミサゴはどこでも撮れるのでチゴかアカがよかったのですが。

D3S_0319-1.jpg
D3S_0320-1.jpg
D3S_0328-1.jpg
D3S_0336.jpg

■オオタカ♂成鳥

D3S_0367おおたかPG



個体判別 間違っておりましたら遠慮なく指摘ください。



【2011/10/12 01:05】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
伊良湖岬 秋の鷹の渡り №1 コンデジ案内


2011年秋期タカの渡り速報(伊良湖)

10月6-8日と3日間行ってきました。
白樺峠でなく此方を選んだのは、海をバックに撮れる事 ビューホテルの屋上で
空抜けでなく近距離で撮れる事 アカハラの可能性 この3点でした。

最近車での一人の遠征が危険なため、個人的には機材を運ぶのは地獄ですが
新幹線で行ってきました。


撮影できた鷹は上記速報に掲載されてるように
サシバ・ハチクマ・オオタカ・ハヤブサ・チゴハヤブサ・ミサゴ・ノスリ・ツミ
アカハラダカです。
前週はアカシチョウゲンが見られたようです。
あとはアマツバメ・ハリオも渡っていきました。



ホテル屋上からです。
パノラマ画像ですので右にスクロールすると全て画像が見られます。

DSC03497-0.jpg

左奥の島が神島です。 ここを経由してホテルの目の前を通るのでいい絵が撮れる筈でした・・・が。


DSC03499.jpg

日の出です。6時前後

DSC03542.jpg

恋路が浜と夕陽です

DSC03506.jpg

神島と夕陽です。

DSC03513.jpg

北方向の渥美火力発電所側です。 右奥が三河湾  左側が伊勢湾

DSC03504.jpg

恋路が浜の前に広がる山 ここに降りて休んでました。

DSC03533.jpg

東側 漁を終えて帰ってくる漁船 この時間帯だけ見られるとか。

DSC03552.jpg

もうじき60歳 リュックを背負って、超大型のバック 移動は地獄です。

DSC03602_20111011002556.jpg

この中に入ってるものは
□ 856 EOS7D
□ 64  D3S D7000
□ BORG71FL K-5
□ CASIO HS動画用機材
外 3日間の衣類等々
詰めたのはよいがひどい重量 新幹線の2階に上がるのに小山は田舎で階段です。
一段 乗せてはひっくり返らないように体制整えて また一段 最悪

DSC03596_20111011002514.jpg


次から856編 64編 BORG編と、編集出来次第
随時載せていきます。
【2011/10/09 17:20】 | 伊良湖岬 秋の渡り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |