コシアカツバメ ロクヨン版
① NIKON D7000 300/4D
② PENTAX K-5  BORG71FL

上記は前回まで載せた分ですが、今回は ③ NIKON D3S 600/4G でのコシアカです。
BORGのときは逆光気味になりますが、ロクヨンの時は順光です。

結論から言うと ロクヨンの重いレンズをツバメで振り回してもあまり意味ないです。
腕力だけは自信ありますが、フードをはずして何とか両眼視できる状態 陽射しが強い時は不利です。

一番は 「画角」 焦点距離が長くなるほど画角が小さくなり比例して難しくなります。
300ミリで10M以内を掴めたとしても、600ミリだと20M前後でないと被写体を掴めないというような感じかな?

あと機材のAF性能もありますが・・・  MFであれば関係なし。

結論的には D3SのフルサイズでBORG71FLの400ミリでのMF これがおそらく一番の組み合わせかと思います。




D3S_0315.jpg
D3S_0322-1.jpg
D3S_0334-1.jpg
D3S_0371.jpg
D3S_0082-1.jpg
D3S_0095_20110705003723.jpg
D3S_0251_20110705003723.jpg
D3S_0295-1.jpg
D3S_0298.jpg
D3S_0304.jpg

★ 300/4のが上 おそらくしっかり捕まってないのかと思う。

D3S_0319-2.jpg


□前回のBORGのときの逆光で厳しい状況のときのHS動画です。
 このHS動画とBORGの静止画は必ずリベンジします。


【2011/07/05 00:45】 | コシアカツバメ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BORG71FLとK-5にて コシアカツバメ
今日はツバメでレンズを振り回すので早めに出かけました。
ところが昼頃でも温度がかなり上がって、前回の夏至以上に最悪。立ってられません。
BORGの鏡筒が熱くて触れないほど びっくりです。

久し振りの MF・MEでしたが、左目に汗が落ちてきて染みて空けてられなく
追えませんでした。

その後突然の土砂降り  ひどい日でした。

1.7AFアダプターをつけてないのでもう少し解像するはずですが
風のある日にでもリベンジしてきます。
K_5_0580-0.jpg
K_5_0556.jpg
K_5_0841.jpg
K_5_0552.jpg
K_5_0553-0.jpg
K_5_0555-0.jpg
K_5_0554-1.jpg
K_5_0811-0.jpg
K_5_0810-0.jpg

★営巣中で巣の中に入るところです。

K_5_0692-1.jpg

★ 巣より出てくるところです。

K_5_0761.jpg
K_5_0740-1.jpg



次はロクヨンとD3Sを振り回したときの画像です。
今回のK-5と71FLは換算600ミリですので良い比較になります。

結論として金額的には1/10のシステムですが、ツバメではBORGで十分です。




【2011/06/30 01:05】 | コシアカツバメ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コシアカツバメでめまいと吐き気 ダウン・・・ ★300/4編★
今日は夏至 ひどい暑さでした。

昨日ボウズのクマタカに再度挑戦と思ってましたが
朝寝坊してしまいました。

初見初撮りの コシアカツバメに 感激




「59歳」 数年前までジム通いで体脂肪率5-6%まで追い込んだことがありましたが
現在は17%前後、さらにこのところおなかが出てきてしまい恥ずかしい限りです。
上半身は40代 下半身は70代 こんな体系です。

この年になると一日でも筋トレをしないとすぐに筋肉が落ちます。
腕力が落ちたらレンズを振り回せなくなりますので毎日筋トレは欠かせません。
しかしこの熱さだと 筋トレをすると体がぐったり。。 そのまま寝てしまいます。

確実に老化が進んでます(^^)

独り言です^^




300/4 600/4 BORG71FL HS動画 

★まず300/4にD7000です。
距離はほぼ10M前後と近いです。 MFでなくAFが効きました。

大きい画像で20%トリミング(20%カット)
小さい画像でも50%カット
超特大はピクセル等倍からそれ以上のトリミングです。

D70_2582-2まだ
D70_2582-1.jpg

★ これはピンが甘いのがしっかり分かります。
D70_2486-2.jpg
D70_2486-1.jpg

★ 今一なのはわずかなブレがあるのかと思います。
D70_2417-2.jpg
D70_2417-1.jpg

★それぞれの個体が ハチ? を咥えてます。 好物なのかな?
何とか2個体 3個体は腕が足りない為綺麗に入りませんでした。

D70_2503-1.jpg
D70_2682-1.jpg

D70_2651-1.jpg
D70_2650-1.jpg
D70_2455-1.jpg

★コシアカですので背をもっと撮りたかったのですが、近距離は同じような飛翔シーンばかりでした。

D70_2672.jpg
D70_2644-1.jpg
D70_2664-1.jpg

■この画像を見て感じるのですが、どうしても私の腕では納得のいく画像になりません。
影の師匠のツバメはさらにトリミングしてもしっかりと解像してます。
おそらくまだ ピントがしっかり合ってないのと、細かなブレがあるのだと思います。

よく見かける綺麗過ぎる?画像は見れば分かるのですが、レタッチ無しで
しっかり解像してるツバメを撮るのには、やはりAFでは無理?
レンズを振り回して追いかけるのでなく、禁断の置きピンで前から迫るツバメに
連写すれば、私でも本当に解像したツバメが撮れるかも知れません。
でもそれでは影の師匠の画像は何時までも撮れません。

■今回は文章が多すぎました。
次はロクヨンを振り回した画像です。 ハチゴローでも挑戦しましたが
恥ずかしいのですが、10M前後は一枚も掴まりませんでした。
【2011/06/25 03:40】 | コシアカツバメ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |