摘出臓器の病理結果
本日結果が出ました。 余命一年といわれ半分くらい覚悟を決めていたのですが、最高のうれしい結果でした。
とりあえずひと安心です。

入院中 シャッターを下してあったので人の気配がなかったので、住みついていたのでしょうか?
自宅の庭に タヌキ が死んでいました。

●●身代わりになってくれたのか? お線香を上げて弔いました。

P1000259-1.jpg

P1000260-1.jpg

●●今回の病の件で、息子が心配して、昨年新居を立てたところの土地が空いているので、引っ越してくるようにとのことで
ハウスメーカーと打ち合わせで埼玉に行ってきました。

驚いたことに、埼玉の息子の家の裏のベランダ下に、またまた タヌキ がうろついておりました。
先日発売のコンデジのIAズーム(500ミリ)で証拠画像です。

P1010705.jpg

【2016/04/13 21:38】 | 病気・治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本日 無事退院しました。
いろいろご心配おかけしましたが、本日無事退院することができました。

数か月にわたりメールの返信等々できずにご迷惑おかけしました。
この場を借りて御礼とご報告に替えさせていただきます。

2月は毎日のように手術のための検査検査で、自治医大に通いました。
いささか検査入院させてくれればと思いました。

3月入院してからはできる限りはやめの退院と・・  常に満室状態とのことでした。

腹腔鏡手術だとだいぶ先になるため、一日も早いほうが良いとの判断で 開腹手術を選びました。

これから数か月から数年(個人差がかなりある)以前のような体調に回復するまできつい毎日ですが
頑張りたいと思います。

簡単ですが、御礼とご報告まで・・ 
【2016/03/23 21:51】 | 病気・治療 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
大好きな雪  疲れた 
今朝「20日」も吹雪で酷かったですね。 一気に積もりましたが、その後これまた一気に快晴になりました。

歳でいろいろ出てきますが、17日の日曜日酷い血尿が、 5分おきに真っ赤に・・・混じってるどころではない。
昨年友人が突然の血尿で病院に行ったら、腎臓がんで手術しました。

これはがんなら余命もうわずかだな? そんなことを考えながら休日の救急センターへ行きました。

白血球が増えていて、血液の含有率は3%を超えてかなり多いとのこと。
肉眼でしっかりと真っ赤な血尿なので当たり前です。
これ以上わからないので翌日再検査。  朝からかなりの積雪で、雪だ!!というと即撮影に行ってたのですが、それどころでありませんでした。

ぐったりです。



ついでに新市民病院が開院しましたので、紹介がてら画像を貼ります。
ここは別棟になります。
DSC02614-1.jpg

まだ工事が終えてないですが、結構な敷地です。
DSC02622-1.jpg
DSC02623-1.jpg

正面の花時計

DSC02624-1.jpg

翌日の状況 家を出るとき

DSC02659-1.jpg
DSC02670-1.jpg
DSC02679-1.jpg
DSC02674-1.jpg
DSC02681-1.jpg

薬局も結構豪華仕様です。

DSC02683-1.jpg
DSC02684-1.jpg

院内です。 流石にOPENしたばかりで綺麗です。 案内係の方が大勢いて困りません。
自治医大・独協とありますが、市民病院は過去始めてきました。
最新鋭の機械ですべてカード化されてます。 採尿もレントゲンもカード化。

IMG_1284-1.jpg
IMG_1286-1.jpg
IMG_1285-1.jpg
IMG_1287-1.jpg

診察室の番号掲示板も 呼ばれると拡大されます。 眼鏡がいりません。

IMG_1291-1.jpg
IMG_1293-1.jpg

随所に吹き抜けがあります。

IMG_1295-1.jpg

終わって、精算機です。

IMG_1296-1.jpg

アルバイトの先生が多いので恐らく医師のレベルは低いと思います。いざという時は独協かな?

IMG_1299-1.jpg


終わってぐったりしたので、いつもの自律神経の調整の機械でバランス調整です。

IMG_1300-1.jpg




【2016/01/20 10:25】 | 病気・治療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
肺がんに猛進中
本日からタバコが値上げです。
病院に行こうとしましたが、とりあえず40カートン購入

何ヶ月もつのか? 12万円 この秋の新製品 1機種買えそう(^^)


DSC02627.jpg
【2010/10/01 09:56】 | 病気・治療 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |