スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
試作段階
CASIO改のスロー動画でどうしてもマニュアルでピント調整をしたくいろいろいじくってます。
静止画は最初から使う気もなく、全く使い物になりませんので、スロー動画オンリー用です。

一応MF調整できる用にしましたが、軸はずれてる、ケラレはある、さらに単焦点で
換算2000ミリを超えてしまってますので、これだと高速のものは追いきれません。

飛び物をいろいろ撮っていた時の一枚です。
かわう 150M先位? 


中間あたりで何か大きなものが水中から覗きました。



暗いのは、台風の影響か 突然空が真っ暗になってしまった為で、夜ではありません。


スポンサーサイト
【2010/08/12 00:53】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プチ遠征 コアジサシ ・ サンコウチョウ


昨日は コアジサシのHS動画を撮りに3度目のポイントへ、本日は早めに起きて2時間ほど車を飛ばして
サンコウチョウの飛翔を撮りたくプチ遠征してきました。




腕が今一なのと、コンデジの振りがダイブに合わせられず、ずれてしまってます。
機材全体を重くするか、バランスを変えないと駄目ですね。




 次の本日のサンコウチョウは、現地で4時間ほど山の中を探し回りました。
到着してすぐに大きな声で鳴いているので、これは楽勝かと思ったのですが、この鳴き声は
Cマンの持参したテープレコーダーでした。 結局一枚もシャッターを切ることなく終了

今年は天候がおかしいのか遅れているようです。一度巣作り始めましたが放棄・・
2度目をいましている最中で、6月中旬以降ぐらいとのこと。
証拠写真も撮れずこんな画像です。 新緑がとても綺麗でした。
ジムニーの40周年記念車が生産が遅れており、来月ぐらいになりそうです。



DSC_4773---0.jpg


【2010/06/03 01:10】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
雨の中の イワツバメ
右側に黒く写ってますが、雨のため車の中から撮ってますので、ケラレでなく車です。


【2010/05/31 23:00】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
燕を通常のビデオで追うと
こんな感じです。

燕の飛翔はシーンで難易度がかなり違いますが、このシーンは一番簡単なシーンですが
それでもHS動画でなく通常の動画ですとファインダーに入っていてもこんな感じになってしまいます。

やはり速いです。


【2010/05/31 11:42】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
CASIO FH100 改造 こんな感じです。
HS動画(ハイスピード)のトビモノ専用です。
私は全く工作物は無理ですので、下手な図面のようなものを書いて先輩に作ってもらいました。

迷彩のフード部分とレンズ受けの下手な工作のみ私です。

これで換算700ミリ強F5.6 ■ナナゴロウ■と名づけました。
とても気に入ってます。
唯一マニュアルでピント調整ができるようにしなかったことが不満です。
まあ、改造マニアではないので、この位でよいでしょう。
何より実践でこれでも十分楽しめます^^

 上についてるネジは伸縮できるようになってます。 これでBORGにつないで
デジスコで7000ミリぐらいまで可能のようになってますが、三脚を使わなければならないので
まずデジスコ仕様では使うことは無いでしょう。


DSC02076.jpg
DSC02083.jpg
DSC02085.jpg
DSC02090.jpg
DSC02095.jpg


この実機での燕です。
アップの設定を間違えてしまいましたので、画像がかなり荒れてますが、実際はもう少し綺麗に見れます。

再生時、 右下のボタンを360Pから480Pに切り替えてみてください。少しは良くなります。

こんな感じでこれからトビモノを撮りたいと思います。

燕の顔の表情までアップ可能ですので楽しみです。


【2010/05/28 02:07】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
コンパクトデジカメで 燕撮り
コンデジのFH100を改造する前の素のままで燕を撮ってみた画像です。

素のままですので当然かなりひきつけないと豆粒になってしまいます。

液晶を覗いて追うのですが、ファインダーと違って早いと液晶画像が流れてしまってどこに燕がいるのか
分からなくなってしまいます。

ファインダーがないので照準器が必要かもしれません。

証拠写真程度は可能でした。

CIMG1661.jpg
CIMG1659-0.jpg
CIMG1592.jpg
CIMG1597.jpg
CIMG1598.jpg
CIMG1849.jpg
CIMG1850.jpg
CIMG1858.jpg
CIMG1859.jpg
CIMG1864.jpg
【2010/05/27 09:07】 | CASIO FH100改 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。