スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
またまた 家に警察が・・・・・
土日で息子夫婦が孫を連れてきましたので、渡良瀬は一服です。
それでも天気もよく頭の中はは猛禽でいっぱい・・・
どうしたら暗いところでいい画が撮れるか? 試行錯誤しながら

NIKONのロクヨンにD700でテレコンかますのでなく、EOS7Dなら
そのままでF4ですので、856より1段明るくなり、焦点距離は短くなりますが
換算960ミリ、どうかなとGレンズ専用のマウントアダプターを取り付け
自宅前でテストしていました、その時です

ガシャーーンと大きな音が背後でしたかと思うと、自宅前の少し高台の道路から
老人が倒れていました。
そばに自転車が転がっているので、どうやら誤って転んだようです。

急いで駆け寄り、声を掛けましたが、反応無し? これはまずい、動かせないし、一刻を争うと
直ぐに玄関先から自宅の中に向かって大声で、{救急車呼んでくれ!!}
と、数回怒鳴りました。

直ぐに息子が飛び出してきました。(普通妻なんだろうけど・・・)
私の長年患っている病気が常に救急車ガ必要な病気の為、私かと思ったようです。

早速息子と二人で、老人に声をかけ続け、意識が戻ったところで
吐き気もなくしっかりしているようなので、脳?は大丈夫かと判断し
とにかく頭の下から額に掛けて10センチほど割れているところの出血を
止めなくてはならず、抱いて起こし、道路から寄せて、タオルで縛りました。

こんな時の数分間は長く感じるものです。 救急車がまだかまだかと
いらいらするばかり。  道路は血だらけ、タオルも血だらけなので2枚目です。

やっとのことで到着して、野次馬も増えてきましたが、とりあえず一安心しました。

やっと一服して、自宅で手についた血を洗っていると、ピンポン
警察です。
検証したいとのことで、再度現場へ。

いつものようにごちゃごちゃ聞いてきます。 さらに現場で私の写真を撮りたいとのこと?

「悪いけど警察は嫌いだから写真は駄目だ!」と、拒否しましたが、お願いされて
仕方なくパシャ!!

まあ いつものように喧嘩でパトカーに囲まれるよりはいいか?というと、警官も笑っていました。
数時間後老人の身内から連絡入り、脳のほうは問題ないとのこと、良かった良かった!!
30針ぐらい縫ったようだけど、中が問題なければ、怪我はどうってことない

初めて違反と喧嘩以外で警官とやり取りしました。 


一人でつたいながら歩けるようになりました。

DSC_5274-0.jpg

私の可愛い娘が、心配そうに見つめてます。

DSC_5276-0.jpg
スポンサーサイト
【2009/12/21 01:39】 | 救援 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。